ジャニス・ジョプリン

劇場公開日

ジャニス・ジョプリン
25%
49%
13%
0%
13%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

唯一無二の歌声でアメリカの音楽史を塗り替えたロックの女王ジャニス・ジョプリンを描いたブロードウェイミュージカル「ジャニス・ジョプリン」をスクリーン上映。伝説のロックスター、ジャニス・ジョプリンが数々の名曲を熱唱し、彼女が音楽的に影響を受けたアレサ・フランクリン、エタ・ジェイムズ、オデッタ、ニーナ・シモン、ベッシー・スミスとともに、感動のステージを披露。生涯にわたり孤独と戦い続けたジャニスは、自らの物語を語り始める。セリフを用いず、楽曲の歌詞のみで物語を進行。ジャニスの楽曲の歌い手としても活躍する歌手・女優のメアリー・ブリジット・デイビスが主演を務め、トニー賞ミュージカル部門最優秀女優賞にノミネートされるなど注目を集めた。本場ブロードウェイの舞台を映画館で上映する「松竹ブロードウェイシネマ」の一作。

2018年製作/117分/G/アメリカ
原題:A Night with Janis Joplin
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)Jason Niedle

映画レビュー

4.5ポルシェが欲しい♪

kossyさん
2021年12月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 伝記ものなのかドキュメンタリーなのかといった予備知識を全く持たず、彼女の名前だけで映画館へ・・・特別料金だって気にならなかった。問題は主演女優のメアリー・ブリジット・デイビスがジャニスそっくりに歌ってるかだけだろう。と、ワクワク。

 これは新しい!全くのコンサート形式でデイビス演ずるジャニス・ジョプリンが過去の経歴や本音を語りながら、代表曲を歌いまくる。さらに彼女が影響を受けたミュージシャンであるアレサ・フランクリン、エタ・ジェイムズ、オデッタ、ニーナ・シモン、ベッシー・スミスなどに扮した女優たちも歌う、歌う。

 コンサート形式をブロードウェイでミュージカル化した作品は今年公開された『アメリカン・ユートピア』もあったけど、亡くなっている歌手をあたかも本人であるかのように錯覚させる手法は見事。語りにおいても「真実を伝える」と言ってるとおり、家族や恋愛観や音楽についてもリアルすぎるほどだ。

 中学生の頃にいとこから借りたジャニス・ジョプリンのレコードが初めての出会い。ハスキーで重々しく、さらにブレスの使い方も独特なジャニスに衝撃を受けたことを覚えている。比較してはないけど、完コピと言えるほどデイビスが歌っていたように感じた。

 ブルースとは何?「AとBの二つの音があれば理解できる」と言う彼女。そうか、ブルーノート・スケールを使いさえすればブルースになるんじゃないんだ・・・と、ちょっと目から鱗。スケールで言えば、ジャニスの曲はマイナーブルースが多いこともわかった。

 スタンダード曲の「サマータイム」。聴いたことはあったのに、まさかスタンダード曲と一緒だったとは思っていなかった。そして「ボール・アンド・チェインズ」など知ってる曲も多数。圧巻はアレサ・フランクリンとのデュエットだ。まさしく夢の競演。もう感動して胸いっぱいになるところだけど、『リスペクト』のジェニファー・ハドソンを観てしまってるだけに今一つ。それよりも他のメンバーたちが歌う「アイ・シャル・ビー・リリースト」の方が感動的だった。

 曲の間に語りをいっぱい入れているのだけど、最後はやっぱり泣かされてしまった。ヘロインの過剰摂取で夭逝したジャニス。天国までロックンロールするぜ!みたいな歌詞がとにかく彼女そのものを表現していた。“27クラブ”という言葉まで生み出されるほど、若くして亡くなるミュージシャンたち。人そのものは尊敬できないかもしれないけど、多くの人に感動を与えてくれた。ソウルを観客に与えすぎたために自分に残らなかった・・・だけど、ジャニスの影響を受けた女性ミュージシャンがいっぱいいるよ!うぅ・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

5.0歌上手え

みけさん
2021年7月11日
Androidアプリから投稿

今まで見てた映像の通りのジャニス!見た目はね…

他のシンガーも上手いよねぇ!

歌う曲名は出なかったけど、訳詞が出たんで、ジャニス役の説明と相まって、心情が慮れてよかった!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
みけ

3.0ないものねだりをしても仕方ない

Imperatorさん
2021年7月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

「ミュージカル」と銘打っているが、歌があるだけで、演劇ではないので、ミュージカルとは言えない作品である。
一番の感想は、「知識がなくて、ついていけない」だった。
“黒人女性歌手の歴史”どころか、ジャニス・ジョプリンすら、名前しか知らなかった自分にとっては、難しかった。
この映画に合わせて、慌てて少し予習したが、歯が立たなかった。

“ジャニス”役のデイビスの他に、4人のボーカルが出演する。
彼女たちはバックコーラスだけでなく、ザ・シャンテルズというユニットや、A.フランクリン、E.ジェイムス、オデッタ、N.シモン、B.スミスという5人の黒人女性歌手の“レジェンド”に扮して、“ジャニス”と時空を超えた“夢の共演”をするという設定である。
そして、“ジャニス”は歌の合閒に、“レジェンド”たちへのリスペクトや想いを、延々と語り続けるのだ。

確かに、例えば1曲目の「テル・ママ」はE.ジェイムス、2曲目の「Maybe」はザ・シャンテルズの持ち歌らしく、関係は深い。
しかし、“レジェンド”たちについて、何も知らない自分は、何を語られても、さっぱり分からないのである。
また、A.フランクリンと共演させたいからといって、A.フランクリンの歌を持ち出すというのは、無理矢理すぎる。
“ジャニス”を見に来たのに、ジャニス色がかなり薄い作品になってしまい、ガッカリであった。

また、“ないものねだり”をしても仕方ないが、“ジャニス”役のデイビスは、やはりジャニス・ジョプリンではない。
残念なのは、声が強すぎることだ。
ジャニス・ジョプリンは声量は大きかったらしいが、ふくよかなハスキー・ボイスで、“シャウト”するととても良い味わいが出る。そこが、ジャニスを不滅のシンガーにした、一つの魅力だと想う。
一方、デイビスが“シャウト”すると、単調でうるさいのだ。

演奏は、ドラム、キーボード、ギター・ベース3人、管楽器3人の構成に見えた。
ブルース、ソウル、ロック、カントリーと、極めて短い音楽人生で、いろんなジャンルの歌を残しているジャニスだが、この編成ですべて対応できていた。
ただ、残念なのは、演奏がきれいで洗練されすぎていることだ。60年代を思わせる、ノリが良くて、暑苦しくて、危うい感じの演奏ではない。
演奏だけ見れば、「ブロードウェイ」の世界であって、全然ジャニス・ジョプリンっぽくない。

というわけで、いろんな意味で、期待を大幅に下回った作品だった。
しかし、不世出の歌手のコンサートを実現しようというのが、そもそも無理な話だ。“ないものねだり”をしても仕方ない。
自分としては、この映画を機会に、ジャニスや“黒人女性歌手の歴史”に触れることができたので、その点だけは良かった。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Imperator

4.0ジャニス ジョップリン

honest AKさん
2021年7月4日
Androidアプリから投稿

未だ見てはいないが、予告編やその他の情報からのコメント。余りに酷いレビューへの反論!土台となるブロードウェイ ミュージカルはそれなりに斬新で優れたものである。役者もそれなりであり、脚本も多分標準以上であると考えると4つ星程度は満たすと思われる。ジャニス ジョップリンも言えば過去にベット ミドラー主演の傑作Roseがあり、今回の作品と合わせて見ることでジャニスの魅力や実像が見えるのでは?音楽映画としても優れたものであることを疑わない‼️ 見た人の正確なレビューを沢山読みたい‼️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
honest AK
すべての映画レビューを見る(全5件)