劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] III. spring song

劇場公開日

劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] III. spring song
52%
31%
9%
6%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

TYPE-MOONの大ヒットPCゲーム「Fate/stay night」をアニメ映画化し、原作ゲームでヒロインのひとりである間桐桜を通して「聖杯戦争」の真実に迫るシナリオルート「Heaven's Feel」を描く3部作の第3章。魔術師(マスター)と英霊(サーヴァント)が万能の願望機「聖杯」をめぐって繰り広げる「聖杯戦争」。間桐桜は自らが犯した罪とともに、闇に溺れてしまう。彼女を守ると誓った衛宮士郎は遠坂凛と共闘し、聖杯戦争を終わらせるべく過酷な戦いに身を投じる。一方、イリヤスフィール・フォン・アインツベルンは闘争の真実を知る者としてその運命と向き合い、間桐臓硯は桜を利用して自らの悲願をかなえようとする。アニメーション制作はufotable、数々のTYPE-MOON作品のアニメ化を手掛けてきた須藤友徳が前2作に引き続き監督を務める。

2020年製作/122分/G/日本
配給:アニプレックス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0アニメ撮影の映像美

2020年8月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

『Fate/stay night』の分岐ルートの一つ、Heaven's Feelを3部作で映画化した最終章。全二章で主人公のドラマの一番の山場を乗り越え、あとはクライマックスまで怒涛の勢いで突き進むという感じだ。本作は「序破急」の急だ。衛宮士郎がヘラクレスのナインライブスを投影する時、ヘラクレスの人生が走馬灯のように見えるアニメオリジナルの演出は非常に良かった。武器を投影するとともに武器に宿った記憶まで投影したということだろうか。その演出にも反映されているように、HFは他のルートよりも、個々の人間の人生の重みをより感じさせる。衛宮士郎は、桜だけの正義の味方になると言う。一人の人生をまるごと背負うという決意は、広い世界を救うということよりも重たく感じられるものなのではないだろうか。どうしても、全体を広く俯瞰すると、一人一人の命もただの数字に見えてきてしまう。
今回も撮影処理が抜群に良い。夜のシーンが多いが、どれも同じ色ではない。紫色の夜もあれば青白い夜もある。夜のシーンは、光源の設定にセンスを要求されるが、どのシーンも美しい。カメラワークも撮影者の意思を感じさせる。アニメ製作において、撮影は今後ますます重要になっていくだろう。アニメ撮影を堪能する上でも本作は極上の一品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 13 件)
杉本穂高

目に見えているものを救え、手の届くものを守れ。

2021年5月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

妹を助けて、姉に助けられる話

ビデオマスター版、桜の咲く季節に公開したかったとのポスター宣伝を目にして、どんなものかと。

フェイトは最初期のアニメ版しか見たことが無いのでなんとなくの知識しかないけれど、なんでも戦闘シーンが凄いとの事で鑑賞してみました。
三部作最後の作品で前2作は見てないから脳内補完がなかなかきつかったけれどなんとか物語にはついていけました。
さすがのUFOテーブル制作でクオリティが途轍もなく高い。
期待していた戦闘シーンはホントに鳥肌が立ちましたね。
これでもかってほどカッコいいを詰め込んだ感じ、見慣れた戦闘表現もさらに磨き上げられてるし、見たことない新な表現もみれました。

ちょっと前に「ロシャオヘイ戦記」が動きと戦闘シーンが凄いよって言われて、見てみたけれど戦闘シーンであまり感動は無かった。
何というか見慣れた戦闘ばかりだし上から目線かも知れないが「やっと追いついたか」って感じでした。いや「ついにここまで来たか」って感想の方が正しいかな。
中国製アニメのクオリティの高さに危機感を覚えたけれど、「劇場版 Fate/stay night 3」を見てちょっと安心した。
日本のアニメーターさん達のセンスと技術は進歩し続けてると実感。

シリーズでちゃんと見てたら物語としても感動できたろうなと後悔しつつ、fateシリーズを追ってみようかなと思いました。
エンディング見ながらタイプムーンってここまで来たんだなーってしみじみ感じた。
エロゲーからのスタートで人気を博し、今やソーシャルゲームでトップの売り上げを誇るまでになってるのは感慨深い。
たった4人で始めた同人サークルがここまで上り詰めたのは凄い事だし、夢のある話ですよね。

仕事と映画で日々を過ごしている自分も、何かしらの創作で有名になれるかもって夢をもたせてもらいました。
鑑賞後に桜を見たくなったのは言うまでもありません。この時期に見れてよかった。

----------------------------------------------------------------------
劇中セリフより

「お前と私の目的が一致したにすぎない」

強敵ほど味方になると心強い者は居ないけれど、同盟破棄のタイミングは重要。
そもそも敵なのだから心を許してはいけない。
自分が仲間だと思ってい居ても相手が同じ考えだとは限らないのだから。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フリント

3.5桜ちゃんは巨乳

守銭奴さん
2021年4月16日
スマートフォンから投稿

2日続けてアニメ映画みるとなんか酔っぱらいそう なんか音がでかい、くらくらしてくる コロナのせいでマスクして観ねばならんし、困ったもんですな

ノマドランド 見たかったけどちかくでやってなくて、せっかく久しぶりの機会だからとエヴァ→fateのアニメまつりー勝手にアニメまつりー(笑)

と駄文を並べたところで内容ですが、うーん
二作目がいちばんよかったなあ なんか~不穏に終わった二作目からの流れとしてはあまりに正統派すぎる決着というか

お色気サービスもあまりないし 桜というコがどういう生き方をさせられてきたか、をもっと描いてればさらに一般層にプレゼンテーションできたとも思うんだか、最初からファン向けなのも明白で
え、わかってますよね?説明しなくてもという姿勢はどうしたものか

まあ、シリーズながいからしゃーない部分ではあるでしょうが
聖杯の秘密の場面をちゃんときいてなかった(というかトイレいきたくなってしまった(-_-;))し、ライダーとセイバーの戦いがよかったのでレンタルしてまたみようと思う
評価変わるかしれんし

いや、しかしどんどんド派手になっていくよね、アニメーション 絵もキレイだし
ライダーセクシー 士郎とかも筋肉ムキムキだから、そっち系の方も あ、すいません

とあいかわらず愚にもつかねー陳腐な感想文です 個人的にはheavens feel は二作目はかなりいい 一作目はちょっと退屈 この三作目はちょっと凡庸と感じました
あくまで個人的意見ですからねー

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
守銭奴

3.0フェイトスピーチ

猪古都さん
2021年4月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

難しい

とくにバトルの映像がかっこいい、むしろそれを見るための作品。
内容は中二物で何を言っているかよくわらない。

良い点
・服にへんげ
・ロリコン

悪い点
・心理描写とリンクしてるとも言えなくもないが、終盤以外の背景が殺風景
・独特の色彩
・生死不明

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
猪古都
すべての映画レビューを見る(全108件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「Fate」シリーズ関連作品