劇場版 Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット 前編 Wandering; Agateram

劇場公開日

劇場版 Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット 前編 Wandering; Agateram
劇場版 Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット 前編 Wandering; Agateram
9%
33%
23%
9%
26%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

スマートフォン向けゲームアプリ「Fate/Grand Order」を初めて劇場アニメ化した「劇場版 Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット」の前編。全体構成を担当する奈須きのこが自らシナリオを手がけた人気エピソード「第六特異点」をもとに、物語の核心に迫るエピソードを描く。遍歴の騎士ベディヴィエールは、砂の大地と化した西暦1273年のエルサレムにたどり着く。そこでは、獅子王の命のもと聖都を守るべく集結した“円卓の騎士”、この地に領地ごと召喚され静かに現状打破を狙う“太陽王・オジマンディアス”、土地を奪われた民を守り叛逆の機会を待つ“山の民”による三つどもえの戦いが繰り広げられていた。己の成すべきことを果たすべく聖都を目指すベディヴィエールは、人理を修復するためやって来た人類最後のマスター・藤丸立香とデミ・サーヴァントのマシュ・キリエライトに出会い、最後の探索へと向かう。

2020年製作/89分/G/日本
配給:アニプレックス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0時間が足りない

れおさん
2021年5月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ハチャメチャにダイジェスト!さながら舞台版くらいダイジェストなんだけど舞台の時間経過表現って凄かったんだな…という印象。ただ後半展開ぎっしりバトル詰めるなら下準備はこの位いるので前半は期待せず話半分でどうぞ。ゲーム未プレイ初見の方にはキツいかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
れお

1.0全国各マスターの総意

太陽王さん
2021年5月13日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
太陽王

1.5バビロニアが面白かったから今回も面白いのかなーと思ってdアニメスト...

youdieさん
2021年5月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

バビロニアが面白かったから今回も面白いのかなーと思ってdアニメストアで期間限定配信されてたの見たけどストーリーがよくわからんかった。多分バビロニアは話数が多い分濃くかけたんだろうけどキャメロットはゲーム未プレイの身からしたらキャラの名前がわかった程度かなーあと三蔵が可愛かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
youdie

2.5浅い。

Y Kさん
2021年5月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

原作ゲームはプレイしています。しかし遥か昔にプレイしたので内容は殆ど覚えていません。
感想
私はファンではありませんが、微妙な映画化でした。前提として、FGOの中でもシナリオボリュームが多めのキャメロット編を映画化しようとすることが無謀だったのではないかなと思った。結果美的で重厚な傑作エピソードが皮の最上部のみを掻い摘んだ様な薄すぎる物語になっていました。物語に抑揚をつけ、まとめるために度々改変もありそれも微妙でした。
絵は公開当時汚いといわれていましたが、個人的には普通だと思いました。しかし、普通故に劇場で見る作画ではなかったかな⁈とは思いました。宝具を使用する場面はどの場面も迫力がありました。bgmの壮大さは気持ちを昂らせてれたので満足しています。
総評
原作ファンに怒られるのも仕方ないと感じてしまった。ゲームの映画化は難しいですね。後編に期待です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Y K
すべての映画レビューを見る(全65件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「Fate」シリーズ関連作品