劇場版 Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット 後編 Paladin; Agateram

劇場公開日

劇場版 Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット 後編 Paladin; Agateram
27%
36%
19%
6%
12%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

スマートフォン向けゲームアプリ「Fate/Grand Order」を初めて劇場版アニメ化し、人気エピソード「第六特異点」を基に描いた「劇場版 Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット」の後編。西暦1273年のエルサレム。3つの勢力が対峙するこの地にたどり着いた遍歴の騎士ベディヴィエールとカルデア一行は、白亜の城を築き民を殺戮する獅子王と“円卓の騎士”を倒すため、“山の民”と手を結ぶ。壮絶な死闘を終えた彼らは、強大な力を持つ“太陽王オジマンディアス”に同盟を提案。しかしオジマンディアスは獅子王の計画を明かし、自らの民を守るため同盟を拒否する。獅子王の真意を知ったベディヴィエールたちは、その目的を阻止するべく、聖都キャメロットへの進撃を開始する。

2021年製作/96分/G/日本
配給:アニプレックス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17

(C)TYPE-MOON / FGO6 ANIME PROJECT

映画レビュー

4.0前編とは雲泥の出来でおどろく。監督もスタッフの陣容も違うので、話こ...

2021年5月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

前編とは雲泥の出来でおどろく。監督もスタッフの陣容も違うので、話こそ一応つながっているものの、完全に別作品になっている。ゲームのストーリーのアレンジの仕方も前編よりもうまくなっている。モードレットと戦ったのが三蔵だったのはよかった。三蔵の散り際が原作ではアーラシュとかぶっていたので、アーラシュとは別の役割を持たせて三蔵の良さを引き出している。終盤の戦闘シーンは各シーンごとに演出担当も原画も変えて、それぞれの持ち味を競い合うような作り方をしている。統一感には欠ける、だが、若手演出・アニメーターが存分に暴れているので異様な迫力があるし、きれいにまとめるよりもこっちのほうが面白くなっているかもしれない。アグラヴェインの戦闘はやはり出色で、伍柏諭っぽいなと思っていたらやっぱり伍柏諭だった。一目で個性がわかる味を持っているのは強い。
エンドクレジット後のエピローグが素晴らしかったので最後まで席を立たないで観てほしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
杉本穂高

4.0前編はイントロ的な内容でパワー不足。一方、後編では登場人物の見せ場と共に戦闘シーンの作画のレベルアップなど進化した作品。

2021年5月15日
PCから投稿

本作「劇場版 Fate/Grand Order」は、「Fate」シリーズの最新作で、2015年から始まり今や全世界で5900万ダウンロードを突破している人気のスマートフォンゲームがベースとなっています。
そして、その中でも「最も人気の高いエピソード」となっている“第6「特異点」(時空が異なる領域)”を、「前編」と「後編」に分けて映画化されています。
新型コロナウイルスの影響で制作が遅れながらも、何とか昨年12月5日(土)に「前編」が公開されました。ただ、この「前編」については、内容的にイントロ的な面があるため、正直なところ盛り上がりに欠けていた点は否定できません。加えて、戦闘シーンが象徴的ですが、「前編」は「SIGNAL.MD」という「Production I.G」の子会社が制作をしていたためか、パワー不足であったと思います。

そんな状態であった中、いよいよ「後編」が公開されますが、こちらの方は純粋に面白い作品に仕上がっていました。
まず、「前編」の段階でイントロが終わっているので、「後編」では物語や登場人物が終息に向かって派手に動き回ります。
特に冒頭の「マシュVSランスロット」の戦闘シーンの時点で、かなりのクオリティーだと分かります。
これは、「後編」については、制作を「Production I.G」本体が担当していることも大きいのでしょう。
そして、それぞれのキャラクターに見せ場が用意されていて、キチンと「それぞれの終止符」が打たれていくところも「後編」ならではの面白さです。
また、そもそも「前編」の段階では、主役である「ベディヴィエール」の存在や目的も含めて「謎」だらけだったので、キャラクターの魅力自体が伝わりにくい面がありました。
ところが「後編」では、まさに全ての「謎」が明かされていくので、映像に加えて、内容でも惹きつけられていく面もあり、「前編」よりも様々な面で「進化」していました!
なお、エンディングの後にも続きがあるので、席を立たないようにしましょう。

コメントする
共感した! (共感した人 9 件)
細野真宏

4.0悪くはない

2022年1月5日
スマートフォンから投稿

前編が酷かったので対比されてきれいに見えるのかもしれんが
作画 普通にいい
60分ぐらいの戦闘シーンがあり作画もある程度しっかりしてて見る価値はあった
履修済み向けかな?

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
NISINONISIN

作画は改善されたけど

山田さん
2021年12月20日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
山田
すべての映画レビューを見る(全46件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「Fate」シリーズ関連作品