ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ
ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ
3%
40%
47%
10%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

近代建築の巨匠ル・コルビュジエと、史上最高額で落札された椅子を手掛けたことでも知られるデザイナーで建築家のアイリーン・グレイ。華やかな時代に生きた2人の建築家の人生に隠されたドラマを、実際の建築や家具などをふんだんに取り入れた映像とともに描いていく。1920年代、気鋭の家具デザイナー、アイリーン・グレイは自身の別荘「E.1027」を南仏の海辺に完成させる。彼女の建築デビュー作であるその別荘は、のちに建築史に残る傑作と称されることとなるが、長い間、コルビュジエの作とされていた。その事実の裏には、光り輝く才能を発揮するアイリーンに対する、コルビュジエの嫉妬と欲望が絡まりあう、愛憎のドラマが隠されていた。アイリーンをBBCの人気ドラマ「MISTRESS ミストレス」のオーラ・ブラディ、コルビュジエを「インドシナ」のバンサン・ペレーズ、当時フランスで歌手として名をはせたマリサ・ダミアをアラニス・モリセットが演じる。

2015年製作/108分/G/ベルギー・アイルランド合作
原題:The Price of Desire
配給:トランスフォーマー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2014 EG Film Productions / Saga Film (C)Julian Lennon 2014. All rights reserved.

映画レビュー

2.5やっぱり女性だと

chibirockさん
2020年11月5日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

恋愛ドラマになってしまうってのが、なあ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
chibirock

4.0愛と理論の結晶

Jさん
2020年5月6日
iPhoneアプリから投稿

コルビュジエに挑んだ建築でもあり愛する人への贈り物。愛と理論とが混ざり合ってできた結晶。
男性優位主義の時代で彼女の名が埋れてしまっていた事は残念でならない。
時代を超えて評価され、彼女の作品として後世に残っていくことが救いだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
J

3.0才女ゆえに・・

odeonzaさん
2020年3月24日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

4.0巨匠の執着

2020年1月1日
Androidアプリから投稿

グレイは 家具、インテリア、プロダクトデザインから 建築へと 手を拡げてきたデザイナーである
ヒューマンスケールを熟知しており 家具などは作り直したものもある
(実験 あるいはカイゼンか… 愛の深さか… )

そして トータルで完成度の高い〈E 1027〉を作りあげた

彼女に建築を教えた バドウィッチが、この開放感あふれる別荘に〈個室〉を主張した意味は 後でわかる

コルビュジエは 彼女とコラボしたかったに違いない… 何故 (二流の)バドウィッチと組むのか?
女性、著作権、所有権… と問題は多々生まれたが、 一時 愛は感じたし、彼に才能が無いからこそ主張も弱く、彼女の思い通りに出来たのではないだろうか

この家に〈壁画〉を描くように勧めたのも彼で、そのセンス、感性が理解出来ない
それに乗ったコルビュジエも どうしたのか?
(当時 壁画が流行していた)

大戦時に この家を占領したドイツ兵が〈壁画〉を撃ってしまったのも、その違和感が気持ち悪かったからだろう
また、オナシスがちゃんと理解していたのが 興味深かった

グレイが 裕福で、芸術家肌で 繊細なのも
バドウィッチと〈E 1027〉を潔く捨てて、出て行ってしまう要因になり、問題をややこしくした
そして後世で 二人の男の人間性を 浮かび上がらせてしまった (笑)

〈神が細部に宿った〉この別荘に対するコルビュジエの執着は 理解は出来る
彼の心のうちは判らないが、政治、マスメディア活用が巧みなことから 疑惑も感じられる

そして その執着が グレイの家具の値段 (評価) をべらぼうなものにしてしまう《運命の不思議》

グレイを演じる オーラ・ブレイディの いつも問いかけている様な瞳が、美しかった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
jarinkochie
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ」以外にこんな作品をCheck-inしています。