劇場公開日 2017年10月14日

  • 予告編を見る

ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラのレビュー・感想・評価

3.111
2%
41%
47%
10%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全11件を表示

4.0気高い女性と、ダメ男たち

osincoさん
2021年6月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

その名を抹消されかけた、モダニズムデザインの先駆けの女性と、その才能に嫉妬して奇行に走る不甲斐ない男性たちの話。
アイリーン・グレイが、五黄土星の寅の時点で超強い。
月命星も五黄なので、傾斜も五黄!
裏も表も幼少期も、一貫して自分を貫いていく強さがあったのだろう。
そこがコルビュジェのプライドをより傷つけていそう。

戦火に追われる時も、バドヴィッチの元を去るときも、コルビュジェの仕打ちを目にした時も、深い悲しみを抑えながら、凛としていたに違いない。

コルビュジェも本命星が五黄土星。亥年だから周りが見えなくなるし、傾斜が六白金星なので支配的・権威的というのが強く出てしまったのかもしれない。
すげー、めちゃいい、くやしい、汚したい、手に入れたい、みたいな。
阿部定事件を思い出した。

センスあるお姉さまに、自信満々の若造が打ちのめされた話。
デビュー前の小田和正もオフコースで自信満々で出場したコンテストで、赤い鳥の山本潤子に完敗して自信喪失した話をしてました。しかもその時に6位で格下だと思ってたチューリップにもデビューで先を越されたという。
ちなみに、小田和正さんも建築科出身で、藤森照信さんと同級です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
osinco

2.5やっぱり女性だと

chibirockさん
2020年11月5日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

恋愛ドラマになってしまうってのが、なあ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
chibirock

4.0愛と理論の結晶

Jさん
2020年5月6日
iPhoneアプリから投稿

コルビュジエに挑んだ建築でもあり愛する人への贈り物。愛と理論とが混ざり合ってできた結晶。
男性優位主義の時代で彼女の名が埋れてしまっていた事は残念でならない。
時代を超えて評価され、彼女の作品として後世に残っていくことが救いだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
J

3.0才女ゆえに・・

odeonzaさん
2020年3月24日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

4.0巨匠の執着

2020年1月1日
Androidアプリから投稿

グレイは 家具、インテリア、プロダクトデザインから 建築へと 手を拡げてきたデザイナーである
ヒューマンスケールを熟知しており 家具などは作り直したものもある
(実験 あるいはカイゼンか… 愛の深さか… )

そして トータルで完成度の高い〈E 1027〉を作りあげた

彼女に建築を教えた バドウィッチが、この開放感あふれる別荘に〈個室〉を主張した意味は 後でわかる

コルビュジエは 彼女とコラボしたかったに違いない… 何故 (二流の)バドウィッチと組むのか?
女性、著作権、所有権… と問題は多々生まれたが、 一時 愛は感じたし、彼に才能が無いからこそ主張も弱く、彼女の思い通りに出来たのではないだろうか

この家に〈壁画〉を描くように勧めたのも彼で、そのセンス、感性が理解出来ない
それに乗ったコルビュジエも どうしたのか?
(当時 壁画が流行していた)

大戦時に この家を占領したドイツ兵が〈壁画〉を撃ってしまったのも、その違和感が気持ち悪かったからだろう
また、オナシスがちゃんと理解していたのが 興味深かった

グレイが 裕福で、芸術家肌で 繊細なのも
バドウィッチと〈E 1027〉を潔く捨てて、出て行ってしまう要因になり、問題をややこしくした
そして後世で 二人の男の人間性を 浮かび上がらせてしまった (笑)

〈神が細部に宿った〉この別荘に対するコルビュジエの執着は 理解は出来る
彼の心のうちは判らないが、政治、マスメディア活用が巧みなことから 疑惑も感じられる

そして その執着が グレイの家具の値段 (評価) をべらぼうなものにしてしまう《運命の不思議》

グレイを演じる オーラ・ブレイディの いつも問いかけている様な瞳が、美しかった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
jarinkochie

3.0天才も嫉妬

2019年3月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

知的

1920年代、インテリアデザイナーのアイリーン・グレイは恋人の建築家から学び、南仏にヴィラを作る。
これを見た天才建築家ル・コルビュジエは絶句、グレイを評価するがその才能に嫉妬し始める。
こんな世界もあるんだ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

2.0邦題に惑わされないように

さん
2018年6月12日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

作品の焦点が今ひとつ掴みにくかったです。

建築や家具など、もっときれいな映像を期待していたのですが、映像からは魅力を感じませんでした。

とはいえ内情や建築議論など、興味を掻き立てる部分もあり、素人建築ファンとしては観ておいて良かったと思います。

ヒューマンスケールをワルツで計っているようなシーンは、なかなか面白かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
凪

3.5クソ野郎

SSさん
2018年1月28日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SS

3.0観終わった後はピンと来ませんでしたが、E1027の解説を読んで理解...

2017年12月8日
iPhoneアプリから投稿

観終わった後はピンと来ませんでしたが、E1027の解説を読んで理解しました。
予備知識有りで観た方がいい作品ですね。
それにしてもフランス人(フランスじゃない人も多いみたいですが)の行動は日本人には理解し難い物が有りますね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
やまぼうし

3.0物作りの創造者と使用者の確執から観てみました。

ゆたかさん
2017年10月15日
iPhoneアプリから投稿

観客6名と言う静かな鑑賞でした。

エネルギッシュな男どもと静謐な女性との確執かな。

五原則で作られる彼の作品にはどうしても越えられないものがある。

それは設計者としての心だろうか?

彼が提唱した五原則をみごとに具現化し、そしてそれに余りある作品に触れたとき使用者であり続けることが創造者として当然の傲慢な行使だ。

それをしたくなる作品とは、設計者が愛する人にプレゼントして、二人で愛を育む愛の館ということではないだろうか。

そう彼の作品は無機質なのだ。

しかし、彼女が設計施工した館は、彼が提唱した設計理念の完璧な完成品なのだ。

そんな館に自己を潜めたときの安堵感、そんな館に何物にも変えられなく思わず自己の表現として落書きを残したくなるコルビジェ。

テロップではその館の浜辺で亡くなったそうだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆたか

4.0清々しいほどの愛と固執

2017年10月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

デザイナーであり建築家としても高く評価されたアイリーン・グレイ。彼女が恋人のジャン・バドヴィッチと共に住むため、彼にプレゼントした海辺の邸宅《E1027》に、同じく建築家として名高いル・コルビュジエが惚れ込んだうえ、固執しまくるお話です。

見る前はアイリーンとコルビュジエの関係性についてドラマが語られるのかと思っていましたが、アイリーンの目線は仕事とジャンに専ら注がれており、コルビュジエの完全な横恋慕になっています。《E1027》に壁画を書いたり、裏に自分の建築物を建てたり、本来なら嫌悪感すら感じる所業だと思うのですが、アイリーン本人ではなく《E1027》という建築物に対しての固執であること、コルビュジエ役のヴァンサン・ペレーズの飄々とした独白に味がある事などから、彼をあまり憎めないフィルムに仕上がっていました。アイリーン・グレイを演じたオーラ・ブラディも眼で語るお芝居が素晴らしく、台詞以上に多くのイマジネーションを想起させます。彼女が度々見せる、得も言われぬ表情の数々が、天才と言われつつも、必ずしもアイリーンの人生は幸福なものでは無かったのかも・・という印象を抱かせ、色々と考えさせられました。

芸術家同士の物語という事で、あまり前衛的に仕上がっていたら楽しめないかも・・と思っていましたが、杞憂でした。淡々とした語り口のためドラマティックではありませんが、芸術家としての模索と、他者への愛と、嫉妬と、固執と、諦念をバランス良く描いています。コルビュジエだけではなく、アイリーンとジャン・バドヴィッチの関係性にもちゃんと尺を取っていたのも良かったですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
猫シャチ
「ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ」の作品トップへ