SANJU サンジュ

劇場公開日

SANJU サンジュ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

インドの国民的スターとして、「サンジュ」の愛称で親しまる実在の俳優サンジャイ・ダットの栄光と没落、ジェットコースターのごとき激動の人生を描いた実録映画。大ヒット映画「きっと、うまくいく」「PK」のラージクマール・ヒラーニ監督がメガホンをとり、「PK」「若さは向こう見ず」のランビール・カプールが主演を務めた。父は名監督、母は大女優という映画界のサラブレッドとして生まれたサンジャイ・ダットは、25歳で主演デビューを飾ると大ヒットを連発し、瞬く間にトップスターへとのぼり詰めていく。しかし、その重圧からドラッグに溺れ、さらには母親の死や恋人との別れ、銃の不法所持による逮捕、果てはテロ関与の冤罪など、次々と悲劇や試練に見舞われる。スター街道から転落し、刑務所暮らしになったサンジャイだったが、やがて不屈の闘志を燃やし、再起へ向けて立ち上がる。

2018年製作/159分/PG12/インド
原題:Sanju
配給:ツイン

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)Copyright RH Films LLP, 2018

映画レビュー

4.0破天荒スターVSメディアの実話がベース

2019年6月30日
PCから投稿

悲しい

楽しい

知的

『きっと、うまくいく』『PK』のラージクマール・ヒラーニ監督が、ただヤンチャセレブの破天荒伝を描くだけではないだろうと思っていたが、今回はヒラーニ監督のメディア批判という側面が強くあって、娯楽の中に現代社会批評を入れ込む作風にはいささかも揺らがない。

しごく真っ当かつ真面目なテーマを描きつつ、出番が少ないながらマニーシャ・コイララが母ナルギスを演じたシーンなどメロドラマの盛り上がりは素晴らしい。『PK』でも輝きまくっていたアヌシュカ・シャルマもはまり役。

とはいえ、主演のランビール・カプールの演技と、時代時代を演じ分けるための体形の変化はちょっと異常事態であり、インド映画の「映画はここまでしないといけない」というハードルは上がりまくっていると感じた。個人的にはヒラーニ監督の演出は常に食い足りない部分があるのだが、今回もこちらの小さな不満を超えてくるようなパワーが宿っていると思うし、ボリウッド映画史の一面を垣間見る楽しみも大きかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
バッハ。

4.5友人は、一人でいい

2019年8月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

怖い

幸せ

史実をベースにした「ダンガル」の冒頭では、脚色しています、といった文句がありましたが、今作にはなかったところをみると、そういったこともあまりなく、なるべく真実を忠実に伝えているのかな、と思いました。作品のテーマもそうでしたし、もし脚色に塗れていたとしたらがっかりです。

今のところ監督さんの三作にハズレはないです。笑いは少なかったですが、教えられることは多く、三時間弱も苦になりませんでした。

親友のカムリの献身さに胸打たれました。
彼のような二番手的なキャラがとにかく好きです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ユージーン

3.5まだバリバリ現役俳優の伝記映画。

土偶さん
2019年8月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

本人と演じた俳優が並んで踊るエンディング曲の歌詞が全てを物語る。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
土偶

3.5エンタメ映画と思ってたけど全然違った

イゲさん
2019年7月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

インド映画3作品目。
歌と踊りがメインで3時間のエンタメ映画と思ってたけど全然違った(笑)

実話を基にした作品と言う事でかなり重い内容だったけど凄く良かった!

親子愛や友情を上手く表現していた事に加え報道の恐ろしさにスポットを当てていて、マスコミの在り方をマジで考えさせられます。

インド映画で初泣なのでポイントは高目で評価しちゃいました!

レビューじゃ無いけど劇場の集客は4割程度だったんたけど自分の前後左右に何故かピッチリと知らないお客さんが。
その人達。「こんにちは!」とか「久し振りー」とか挨拶してたけど、インド映画好きの仲間達だったのか?
怖かったです(笑)( ´∀`)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
イゲ
すべての映画レビューを見る(全12件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る