【コラム/細野真宏の試写室日記】歴代1位確実「鬼滅の刃」の配給アニプレックス最新作「FGO」のポテンシャルは?

2020年12月5日 13:00

「劇場版 Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット 前編 Wandering; Agateram」
「劇場版 Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット 前編 Wandering; Agateram」

映画はコケた、大ヒット、など、経済的な視点からも面白いコンテンツが少なくない。そこで「映画の経済的な意味を考えるコラム」を書く。それがこの日記の核です。また、クリエイター目線で「さすがだな~」と感心する映画も、毎日見ていれば1~2週間に1本くらいは見つかる。本音で薦めたい作品があれば随時紹介します。更新がないときは、別分野の仕事で忙しいときなのか、あるいは……?(笑)(文/細野真宏)


12月4日(金)には、社会現象化している「鬼滅の刃」の単行本最終巻である23巻の発売日で、朝からニュースになるレベルだと思います。週末は「約400万部の争奪戦」のような非常に景気の良いイベント化し全国の書店も賑わい「鬼滅の刃」ブームが加速するでしょう。そして、最終巻を読むと再び最初から作品の世界観を味わいたくなる現象が起こるなどし、今週末の週末ランキングは「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が「V8」となるのは、ほぼ確実だと思います。ただ、今週末からは冬休みに向け毎週のように大作が多く公開されるので「座席配分」が変化していきます。「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の座席数にも影響が出るため、興行収入のスピードが、やや遅くなっていくのは避けられないのかもしれません。

(とは言え、「興行収入歴代1位」を年内に達成できるのは確実だと思います)

そんな中、今週末に注目しておきたい作品は、「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」を送り出したアニプレックスの最新作「劇場版 Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット 前編 Wandering; Agateram」でしょう。

画像2

まず、本作と「鬼滅の刃」との関係などについて簡単に解説しておきます。

実は「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が公開される直前まで上映され話題となっていたのは、2020年8月15日から公開されていた「劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] III. spring song」という作品で、これは「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」を作った「ufotable」の作品だったのです。

そもそも私は、この「劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] 」シリーズを見て、「ufotable」というスタジオのクオリティーの高さを実感し「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が凄いことになりそうだと察することができました。

「劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] 」シリーズというのは、2004年から始まったPCゲーム「Fate/stay night」をベースにしたアニメーション映画で、「アニプレックス」配給×「ufotable」制作で3本の映画が作られました。

「劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] I. presage flower」
「劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] I. presage flower」

この作品が映画館にもたらした利益は大きく、2017年10月14日に公開された第1弾である「劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] I. presage flower」は、全国でわずか128館での上映にもかかわらず、週末2日間の興行収入は4億1300万円で週末ランキング1位を記録しています。

「劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] II. lost butterfly」
「劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] II. lost butterfly」

そして、2019年1月12日に公開された第2弾である「劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] II. lost butterfly」も、全国でわずか132館での上映にもかかわらず、週末2日間の興行収入は4億9000万円で、こちらも週末ランキング1位を記録しています。

「劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] III. spring song」
「劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] III. spring song」

さらに、2020年8月15日に公開された第3弾である最終章「劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] III. spring song」も、全国156館での上映で週末2日間の興行収入が4億7000万円と、まだ公開2週目だった「映画ドラえもん のび太の新恐竜」を抜き去り、週末ランキング1位を記録しました。そして、第1弾は興行収入15億円を突破し、第2弾は16億円を突破し、第3弾は19億円を突破しました。

このように、公開館数が300館以上である大作を、半分以下の劇場数の公開で抜いてしまうほどのポテンシャルを秘めていたのです。

(当然ながら、「劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] 」シリーズを上映した映画館は、他の作品以上に多くの観客が来てくれたので利益が大きくなりました)

画像6

さて、今週末の12月5日(土)から公開される「劇場版 Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット 前編 Wandering; Agateram」は、同じ「劇場版 Fate」であっても、この3作品と異なる点があります。

まず、「劇場版 Fate/Grand Order」は、「Fate」シリーズの最新作で、2015年から始まったスマートフォンゲームがベースとなっています。

そして、制作会社も違っています。

そのため、本作のクオリティーは未知数だったのですが、実際に見てみると、納得の完成度でした。

これは、製作の中心であり、配給も務めるアニプレックスの存在が大きいような気がしています。

アニプレックスというと、数年前までは小さな規模のアニメーションを手掛けるソニー系列の会社、というくらいの認識でしたが、歴代1位確実の「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が象徴するように、もはや映画業界の中核を担えるくらいの映画会社にまで成長してきています。

画像7

近年アニプレックスの映画を見ていて、ずっと感じていたのは特に「キャラクターの目が独特で綺麗」ということでしたが、これは、そこまで丁寧に描いている、ということで、妥協を感じさせない作品が多くあると思います。

本作も、直前にリテイク(一部の完成度に不満が出て、作り直し)が発生し、最終的に作業が終わったのはギリギリ公開1週間前となっていました。

「羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来」
「羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来」

直近では、現在公開中の「羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来」が象徴的ですが、「羅小黒戦記」は、中国のアニメーション映画で、2019年9月に中国で公開され興行収入49億円を稼ぎ出していました。

実は日本でも2019年9月から「日本語字幕版」が上映されていたのですが、ほとんど存在が知られていませんでした。

それをアニプレックスが日本の声優を使って日本語吹き替え版を制作し、2020年11月7日から公開して、週末ランキングでは1週目8位、2週目8位、3週目5位、4週目6位と、見事に復活させることに成功しているのです。

画像9

そんなアニプレックスが新たに放つ「劇場版 Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット」は、前編と後編に分かれています。

(本作ではエンドロールの後に後編の予告があるので席を立たないようにしておきましょう)

私は、オンラインゲーム「Fate/stay night」や「Fate/Grand Order」をしていないので、見る前はついていけるのか不安もありましたが、本作においてはほとんど問題なく世界観に入り込むことができました。

どちらかと言えば「劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] 」シリーズのほうが、入り込むのに苦労したのかもしれません。

画像10
画像11

本作は、最も人気の高いエピソードである第6「特異点」(時空が異なる領域)を映像化していて、舞台は西暦1273年のエルサレムで、主人公は宮野真守が声優を務めるベディヴィエールという「サーヴァント(英霊)」となっています。

物語のベースには、「現代の人類を救うため、人類史において異常が起きている過去の7つの時代の特異点に向かい、それぞれの時代の偉大な伝説や功績を残した『英霊』と呼ばれるサーヴァントらの力を借りながら、その異常を修復していく」という設定があります。

キャラクターがそれぞれ魅力を持っているので、見るたびに引き込まれるものがあると思います。

画像12
画像13

ゲームのユーザーでキャラクターや設定を知っている人はすぐに入り込めるのでしょうが、それぞれのキャラクターが重要なので、あまり知識のない人は、事前にホームページなどで人物相関図くらいは把握しておいたほうがいいと思います。

注目点としては、現在も進行中の「Fate/Grand Order」のゲーム版は、今や全世界で5400万ダウンロードを突破していて、ゲームでも連動企画があるようなので、この層がどこまで映画館に足を運ぶことになるのか、です。

(リスク要因としては、もしもゲームの連動企画のほうが盛り上がってしまうと時間の食い合いが起こって、映画が後回しになってしまうことかもしれません)

画像14

公開館数は178館と中規模公開なので、通常だと週末ランキングのベスト10にギリギリ入れるかどうか、という規模感ですが、本作は出来が良いですしアニプレックス配給の底力で上位にランキングできるのでは、と思います。

個人的には、すでに「後編」が楽しみになっていますが、まずは本作の「前編」が、一般的な映画のヒットの基準である興行収入10億円を突破できるかどうかに注目です。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース