羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来

劇場公開日:

羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来

解説

妖精と人間が共存する世界を舞台に、猫の妖精・羅小黒(ロシャオヘイ)が旅をしながら人間社会を理解していく姿を描いた中国製の劇場アニメ。この世には妖精が実在し、彼らの中には人間の格好をして社会に溶け込んでいるものもいれば、山の奥で隠れて暮らすものもいた。森で楽しい日々送っていた猫の妖精・小黒(シャオヘイ)は、人間たちによって森が切り開かれてしまったことから、暮らす場所を探して放浪する。その旅の途中で妖精のフーシー(風息)、人間のムゲン(無限)と出会ったシャオヘイは、彼らとの交流を通じてさまざまなことを学び、成長していく。「羅小黒戦記」は、中国で2011年から配信がスタートしたWEBアニメシリーズ。国産アニメとして中国で徐々に人気を博し、2019年に劇場版として本作が製作されると大ヒットを記録。日本でも同年、字幕版が小規模公開され(チームジョイ配給)、映画ファンやアニメファンの間で口コミで評判が広がる。これを受けて20年11月にはアニプレックスが共同配給につき、花澤香菜、宮野真守、櫻井孝宏という人気声優陣による日本語吹き替え版「羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来」として全国公開される。

2019年製作/101分/G/中国
原題:羅小黒戦記 The Legend of Hei
配給:アニプレックス、チームジョイ
日本初公開:2019年9月20日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0アニプレックスによって日本用にカスタマイズされた中国で大ヒットした2D型アニメーション映画。

2020年11月6日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

「鬼滅の刃」の社会現象などが象徴的ですが、まだまだ日本では2D型アニメーションが圧倒的な強さを持っています。
そんな中、本作を見ると「日本の2D型アニメーションのマーケットはもっと世界に広がっていけるのかも」という希望を抱くことができました。
「羅小黒戦記」は、2019年9月に中国で公開され興行収入49億円を稼ぎ出しました。
本作はパッと見は日本製の印象ですが、これは中国のアニメーション映画なのです。
ただ、日本で見慣れたフォーマットのため作品に入りやすいと思います。
とは言え、字幕版だとアニメーション映画は全集中できずに不利な面があります。
実際に中国の公開後に日本でも公開されていましたが、そこまで話題にならなかったと思います。
ところが今回は日本でいま一番アニメーション映画の配給に長けているアニプレックスが日本の声優を使って日本語吹き替え版を制作したのです。
これでようやく見やすくなり、細かいシーンも含めて楽しむことができました。
「妖精と人間が共存する世界」において、住んでいた森を追われた主人公の猫の妖精・小黒(シャオヘイ)を軸に物語が進んでいきます。
世界観にオリジナリティがありますし、アクションシーンなどもしっかりとした作品になっているので中国でヒットしたのも分かります。
日本が得意とする分野でこのような質の高い作品が出てくるのは歓迎すべきでしょう。
本作を機に2D型アニメーションが国境を越えやすくなっていくと、本作に負けないような作品が日本には数多くあるので輸出が増加することにもつながりやすくなります。
主人公のシャオヘイはネコと子供の可愛いらしさをもつキャラクターですし、ちょっとしたギャグシーンもちょいちょい出てくるので子供が見ても楽しめます。
ちなみに、エンディングは最後に日本バージョンもありますので慌てて席を立たないようにしましょう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 19 件)
細野真宏

3.5ジブリの香りが

2022年1月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

現代の話、人間と妖精が共存する世界で、それぞれ反人間派や反妖精派がいた。
主人公は不思議な力を持った妖精だが、強い妖術を使う人間に捕まってしまう。
自然を破壊するけど、スマホなんて面白いものを作る人間、って言われているけど。
ジブリほど丁寧に背景は描かないけど、日本アニメの影響は感じた。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

4.5アニメーションがレベル高い!

ミネさん
2021年9月26日
iPhoneアプリから投稿

アニメーションの滑らかさ。バトルシーンの繊細でダイナミックな描写。今の日本の大量に作られているアニメーションの大半より繊細でクイックな動きのアニメーションで素晴らしい。こういう流れるようなアニメーションを日本でも当たり前のように作ってくれたらいいのに。

ただストーリーは少しわかりにくい。細々と次の展開につながっていくのは、やはり日本の大局で全てがつながっていくようなアニメには及ばない。日本のアニメは駄作も多いけど傑作は本当に傑作だからなぁ。

場面の動きは攻殻機動隊を連想させる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミネ

4.0わかりやすくて

2021年9月14日
iPhoneアプリから投稿

わかりやすくて良い感じ
今後のストーリー展開も気になる

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たかひろ
すべての映画レビューを見る(全145件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来」以外にこんな作品をCheck-inしています。