劇場公開日 2018年3月30日

  • 予告編を見る

ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男 : 特集

2018年3月26日更新

すさまじき本作のオールドマンを、映画ファンに絶対見てもらいたい──
映画のプロ選出「心揺るがす私の作品賞」&アカデミー賞主演男優賞受賞
[実話]世界を救ったのは《英国一“型破り”なリーダー》だった[感動]

日本人アーティストによる特殊メイクと名優の熱演が「伝説の男」をよみがえらせる!
日本人アーティストによる特殊メイクと名優の熱演が「伝説の男」をよみがえらせる!

裏切りのサーカス」の名優ゲイリー・オールドマンが、200時間におよぶ特殊メイクで、第2次世界大戦下のイギリスを率いた伝説のリーダー、ウィンストン・チャーチルを壮絶に演じ切った。アカデミー賞2部門(主演男優賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞)受賞作「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」が、3月30日からついに全国公開される。英国軍は、絶体絶命の状況下からダンケルクの戦いを経て、いかに攻勢に転じたのか? 知られざる27日間がいま、明らかになる!

2011年の「裏切りのサーカス」に続く2度目のノミネートで、見事オスカーを獲得!
2011年の「裏切りのサーカス」に続く2度目のノミネートで、見事オスカーを獲得!

《200時間の特殊メイク×オールドマン渾身の演技》がとにかくスゴイ──
見よ、この型破りぶり! だが本当に彼が“ヒトラーから世界を救った男”?

高らかに掲げる「勝利のサイン」! この型破り男は、どうやって世界を救ったのか?
高らかに掲げる「勝利のサイン」! この型破り男は、どうやって世界を救ったのか?

「とにかく本作のオールドマンを見てほしい」。我々映画.comは、このことを声を大にして映画ファンに伝えたい。そう、それ位チャーチル本人にしか見えない「変身」ぶり、そして壮絶な演技が素晴らしいのだ。ナチス・ドイツがヨーロッパ全土を支配しようとする大ピンチに、イギリスに迫られた「ヒトラーに屈するのか? 戦うのか?」という究極の選択──この難題に挑んだのが、チャーチル。「こんな型破りで大丈夫なのか!?」と驚かずにはいられない男を体現したオールドマンの演技を見るだけでも、本作を鑑賞する価値がある!と断言したい。

同じ党員からも煙たがられる存在──だが、この窮地では彼を首相に選ぶしかなかった!
同じ党員からも煙たがられる存在──だが、この窮地では彼を首相に選ぶしかなかった!

並みの政治家とはまったく違う視点で物事を見ていただけに、チャーチルのことを疎ましく思う政治家も多数。同じ保守党内でも敵は多く、海軍大臣としての失敗もあったことから、彼のアイデアは危険視されていた。

口うるさくもチャーチルを支える妻(左)役は名女優クリスティン・スコット・トーマス
口うるさくもチャーチルを支える妻(左)役は名女優クリスティン・スコット・トーマス

とにかく酒! 朝・昼・夕の食事の際には常にアルコールが添えられ、さらに夜にはブランデーとポートワインをたしなむ。「ヤツには自転車は貸さない」という陰口も叩かれたほどだが……シラフの時はあったのか?

恐妻家&愛妻家で知られたチャーチルだが、犬、猫、鳥、馬を飼う動物好きでもあった
恐妻家&愛妻家で知られたチャーチルだが、犬、猫、鳥、馬を飼う動物好きでもあった

常に上から目線で、部下や自身の言葉を記録するタイピストには罵倒まで浴びせてしまう始末だが、妻のクレメンティーンには、愛しすぎててまったく頭が上がらない。しかも「豚ちゃん」というあだ名で呼ばれていた!

ある者を口汚い言葉で罵倒したかと思えば、別の者にはおどけてみせる二面性が魅力的
ある者を口汚い言葉で罵倒したかと思えば、別の者にはおどけてみせる二面性が魅力的

勝利=ビクトリーを示す「Vサイン」を高らかに挙げ、世界に知らしめたことでも有名だが、新聞記者相手に当初は「逆Vサイン」を出していた。それは、相手を挑発&罵倒する意味だということを知らなかった!?

文才があるだけでなく、演説においても「言葉の魔術師」ぶりを発揮!
文才があるだけでなく、演説においても「言葉の魔術師」ぶりを発揮!

常人と異なる思考は、6万冊以上の蔵書を愛読したたまもの。生涯に43冊を著した文筆家でもあり、回顧録ではノーベル文学賞まで受賞しているのだ。さらに大戦勃発前にヒトラーの自伝を読み、存在を危険視していた。

リリー・ジェームズ扮する秘書(左)の視線を通して、観客はチャーチルに迫っていく
リリー・ジェームズ扮する秘書(左)の視線を通して、観客はチャーチルに迫っていく

文才だけではない、絵画の腕前までプロに迫るレベルだった。生涯で500点以上の作品を送り出し、ロイヤルアカデミーで16回の個展を開催。盟友フランクリン・ルーズベルトに、自慢の作品を送ったこともあるのだ。

常に「自動車出勤」していたオレ様が、思いがけず地下鉄に乗ったら何が起こる!?
常に「自動車出勤」していたオレ様が、思いがけず地下鉄に乗ったら何が起こる!?

優秀な頭脳と決断力を持ちながらも、唯我独尊すぎて周りがついていけないのがこの男。だがイギリスがナチス・ドイツの脅威に飲み込まれようとするなか、一刻を争う窮地においては、こんなに頼りになる人間はいない!

画像10
ゲイリー・オールドマン(左)の演技と辻一弘(右)の技術がそろったからこその栄誉!
ゲイリー・オールドマン(左)の演技と辻一弘(右)の技術がそろったからこその栄誉!

レオン」「裏切りのサーカス」の名優にチャーチル本人が乗り移ったかのような、アカデミー賞主演男優賞に相応しい超絶演技には、日本人アーティスト辻一弘の存在があった(今作で同メイクアップ&ヘアスタイリング賞受賞)。2度のアカデミー賞ノミネートを誇りながらも、2012年に映画界を引退していた彼をオールドマンが熱烈ラブコールで呼び戻してコラボが実現。「ゲイリー(・オールドマン)を見ているという感覚は一切しなかった」(辻)という特殊メイクの開発・試作に6カ月、毎日のメイクアップに約4時間が費やされた。オールドマンは毎朝3時にスタジオに入り、撮影クルーが到着する7時ギリギリまで準備したという。そのたゆまぬ合計200時間以上の積み重ねによって、「オールドマン史上最高の境地」が作り上げられたのだ。

「あなたが引き受けないなら、映画には出ない」と名優の熱烈オファーを受けた辻一弘
「あなたが引き受けないなら、映画には出ない」と名優の熱烈オファーを受けた辻一弘


映画のプロが選ぶ──“私が選ぶ”《アカデミー賞作品賞》」は本作!
なぜこれほど“英国政界一の嫌われ者”の苦悩と決断のドラマに感動するのか?

アカデミー賞ノミネート作は数多くあれど、その中でも、本作が持つ力強さを高く評価する映画ライター・牛津厚信氏が、その思いを吐露。英国で最も型破りと言われた政治家が見せつけるエモーショナルなドラマが、見る者に大きなカタルシスと感動を約束する!

画像12

名スタッフ×実力派キャストで今開示される“もうひとつの真実”──
「ダンケルク」「英国王のスピーチ」の“裏側”で起きていたこととは?

「その時」何が起こっていたのか? 閣議記録を基に、いま明らかになる運命の27日間
「その時」何が起こっていたのか? 閣議記録を基に、いま明らかになる運命の27日間

スティーブ・ジョブズやガンジーを抑え、「世界のCEOが選ぶ、最も尊敬するリーダー」(13年「プライスウォーターハウスクーパース ジャパン」調べ)となったチャーチル。本作は、彼の没後に明らかになった戦時内閣の閣議記録を基に、首相就任からダンケルクの戦いまでの27日間を明らかにするもの。監督、スタッフ、キャスト──イギリス映画界屈指の才能が集結し、チャーチルの人物像とともに、「ダンケルク」「英国王のスピーチ」ともつながる世界を変えた歴史の大きなうねり、壮絶なドラマが描かれるのだ。

チャーチル(左)が謁見するのは、「英国王のスピーチ」でも描かれたジョージ6世(右)
チャーチル(左)が謁見するのは、「英国王のスピーチ」でも描かれたジョージ6世(右)

良作映画ファンなら、クリストファー・ノーラン監督の「ダンケルク」を知らない人はいないだろう。同作で描かれた救出作戦を指揮したのが、このチャーチル。本作では、作戦決行に至るまでの苦悩と尽力が明らかにされる。そして、当初はチャーチルと距離を置きながらも、やがて友情を交わしていく国王は、「英国王のスピーチ」の主人公ジョージ6世その人なのだ。

本作(左)、「つぐない」(右上)、「博士と彼女のセオリー」(右下)の一場面
本作(左)、「つぐない」(右上)、「博士と彼女のセオリー」(右下)の一場面

アカデミー賞作品賞ノミネートを果たした作品力は、過去にもノミネート経験を持つ監督&脚本家コンビの高い才能によるもの。メガホンを取ったジョー・ライトは、「プライドと偏見」で4部門、「つぐない」で7部門のノミネート経験者だ。脚本を手掛けたアンソニー・マッカーテンは「博士と彼女のセオリー」でアカデミー賞脚色賞にノミネートされている。

(左から)K・スコット・トーマス、B・メンデルソーン、L・ジェームズ
(左から)K・スコット・トーマス、B・メンデルソーン、L・ジェームズ

チャーチル役のオールドマンを支える共演陣にも、屈指の実力派たちが集結。妻役を「イングリッシュ・ペイシェント」でオスカー・ノミネートを果たしたクリスティン・スコット・トーマスが、秘書役を「ベイビードライバー」のリリー・ジェームズが、英国王役を「ブラッドライン」のエミー賞俳優ベン・メンデルソーンが務める姿も見逃せない。

画像17
特集2 ~日本人が手がけたゲイリー・オールドマンの姿は、絶対に必見!映画のプロ選出「心揺るがす私の作品賞」&アカデミー賞主演男優賞受賞[実話]世界を救ったのは《英国一“型破り”なリーダー》だった[感動]

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」の作品トップへ