裏切りのサーカス

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
裏切りのサーカス
裏切りのサーカス
18%
44%
27%
8%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

スパイ小説の大家ジョン・ル・カレの代表作を「ぼくのエリ 200歳の少女」のトーマス・アルフレッドソン監督、ゲイリー・オールドマン主演で映画化したスパイスリラー。1960年代のロンドン。ある作戦の失敗でイギリスの諜報機関サーカスを引責辞職したジョージ・スマイリーに、ある日特命が下される。それは、いまもサーカスに在籍する4人の最高幹部の中にいる裏切り者=2重スパイを探し出せというものだった。共演にコリン・ファース、トム・ハーディ、ジョン・ハートほか。

2011年製作/127分/R15+/フランス・イギリス・ドイツ合作
原題:Tinker Tailor Soldier Spy
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

Jack English (C) 2010 StudioCanal SA

映画レビュー

4.5鏡の世界と対峙するような迷宮のラビリンス

2018年9月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

派手な銃撃や爆破、アクションは一切なし。むしろファイルを盗み出したり、裏切ったり裏切られたりといった最低限の動きにこそカタルシスがある。鑑賞中、ついつい眠気に襲われたり、あるいは難解さに音を上げてしまうケースも多いだろうが、しかし、本作は逆に何度も繰り返し観ることで楽しみ方が深化していく稀有な作品でもある。最初はストーリーに主眼を置き、今度は名優の演技に酔いしれ、それからこの物語を取り巻く「様々な愛の形」にも注目しながら鑑賞してみることをお勧めする。するとスマイリーと妻の愛とはまた別に、彼と“カーラ”もまた、何やら言い知れぬ深い愛で結びついているように見えてくるのだから不思議なものだ。鉄のカーテンの向こう側の敵と戦いながら、最終的な目的は最も近くにいる妻を取り戻したいということ。あるいはその逆も真なり。この鏡の世界と対峙するような感覚こそ、ル・カレが描きたかった迷宮のラビリンスなのだろう。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
牛津厚信

3.0難しすぎる

ゆいさん
2020年9月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

難しい

見る前に口コミで「難しくて理解できない」って言うのは沢山見たから、名前だけでも把握しようとこのアプリで確認しながら見たが、全く理解できなかった。

ただ、登場人物が本当に豪華だからそれだけでも楽しめた。トム・ハーディとベネディクト・カンバーバッチの金髪姿が見れて嬉しい。2人ともお似合い。

見終わったあとに細かいことまで書いてある解説を1時間以上かけて見たが、とっても面白い内容だという事が判明。2時間の映画より、1時間の解説を見ている時の方が楽しかった。
これでバッチリ内容が頭に入ったし、もう一度見てみよっかな

ちなみにこの映画は伏線がすごい散りばめられている。あと見ている人のために、ゲイリーオールドマンのメガネの縁が現在と回想シーンで違ったり、次のシーンはどこでのシーンなのかを直前に示唆しているらしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆい

3.0イケてるオッサンの祭典映画

といぼさん
2020年8月11日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

パッケージのゲイリー・オールドマンがあまりにも格好良すぎて内容を全く知らずにDVDを借りました。

パッケージの画像やタイトルから、「ちょっと頭使う作品かな?」と推測していましたが、予想以上に頭を使って体力が持って行かれる作品でしたね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
1960年代のイギリスが舞台。ミッションに失敗してしまったことから責任を取って諜報機関「サーカス」を辞任したスマイリー(ゲイリー・オールドマン)。彼の元にある日、特命が下された。それは「サーカスの幹部の中にいる裏切り者(二重スパイ)を探せ」というものだった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・

始めに謝っておきますが、このレビューを書いている時点で映画鑑賞してから3週間近く経過しておりまして、正直映画の細かいディティールまで覚えてないです。

ただ、他のレビュアーさんたちが言っているように、登場人物が多いわりに皆スーツだしオッサンだし、見分けが付きづらいのが気になりました。もちろん、人の顔の見分けが付かないのは私が悪いんですけどね。イチャモンつけてスイマセン。

しかしこういう「裏切り者は誰だ」「お前だったのか」みたいなフーダニットのスパイ映画において「キャラクターの見分けが付かない」って結構致命的でして、この映画をきちんと楽しめたかどうかは疑問が残ります。

決してつまらないわけではありません。要所要所できちんと盛り上がりがあるし、雰囲気もお洒落でカッコいい。「スパイ映画」と聞くと真っ先に「ミッションインポッシブル(MI)」を思い出しますが、MIのようなド派手なアクションはほとんど無い、知的なスパイ映画に仕上がっていたと思います。

正直、内容をしっかり理解できていない状態でのレビューです。時間と体力がある時にもう一度見返してみたいと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
といぼ

1.0ふんわりしていた

ケイトさん
2020年6月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

難しい

古い時代設定だからか、ズバズバと物事が明確にならず、分かりづらかった。全体的に、ふんわりとしていて、観客が詳細を推測しないとならない。豪華俳優陣の割に、パッとしなかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ケイト
すべての映画レビューを見る(全87件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る