ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男のレビュー・感想・評価

ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男

劇場公開日 2018年3月30日
148件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

チャーチルという巨人の寓話

クライマックスの地下鉄のシーンが脚色されたフィクションであるように、これは史実をなぞった実録映画ではない。ある意味では独善的な宰相が、ヒトラーを警戒しながらも自らも独裁者的資質を持ち、しかし国民の目線を知ることで、国家における自分の役割に目覚めていくという、成長のドラマだと思う。それをどうやってビジュアルで見せるかにジョー・ライト監督は心を砕いていて、出来すぎなくらい明快な物語に仕上がった。映画だもの、核を掴み出して脚色し、映像のダイナミズムで表現する。とても映画らしい伝記映画だと思う。

バッハ。
バッハ。さん / 2018年4月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

主演、演出、題材。その3つが骨太に絡まり合う傑作歴史ドラマ

本作ついて述べるとき、その大部分がゲイリーへの賛辞で占められるのはしょうがない。が、注目すべきは決してそれだけではない。何よりもその切り口。本来、チャーチルは成功もしたし、大きな失敗もした人ではあるものの、しかしこの映画は「27日間」というごく限られた視座に集約させることで我々に、彼と共に歴史が動くそのうねりを、しかと目撃させてくれるのだ。

チャーチルが放った3つの演説を背景にしている構成も面白く、さらにはこの偉人の内面を光と暗闇で表現したジョー・ライトの演出も冴える。何かと閉所空間にとどまることの多い本作において、議場をふわりと舞うカメラワーク、上空から見下ろした俯瞰映像、タイプライターの小刻みなリズムを使って観客を飽きさせない手法もさすが。そして何より「つぐない」「英国王のスピーチ」「ダンケルク」との歴史的結びつきは、英国映画ファンならば熱狂して受けとめるべきポイントと言えるだろう。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2018年3月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 6 件)

演劇のような政治空間

冒頭、英国議会のシーン。中央の証言台にスポットライトのように外光が差している中、議員たちがオーバーリアクションで紛糾している。まるで演劇の1シーンのようだが、政治の舞台が芝居による騙し合いの場フォーマンスの場であるとすれば、非常に的確に演出だと言える。

その政治の世界で見事なタヌキのような要望と見事なスピーチ力で第二次大戦中に名を馳せた名宰相チャーチルが、いかにして英国をナチスの危機に向き合わせたかを描くのが本作だ。チャーチルはその政治活動において、失敗も多くしている政治家だが、危機に際して発揮される類まれなリーダーシップを発揮した大戦中にのみ焦点を当てている。

物語中盤でダンケルクの撤退戦のエピソードは、クリストファー・ノーランの『ダンケルク』では描かれなかった、あの作品の重要な側面が描かれており、政治的決断の重要さと残酷さを見事に浮かび上がらせている。

それにしてもチャーチルはヒトラーの思考をよくわかっている。もしかしたら2人は似た者同士で、同族嫌悪のようなものがあったのかもしれないと本作を観て感じた。

ローチ
ローチさん / 2018年3月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

オールドマン・チャーチルの凄味とは?

偉人のライフストーリーをその誕生から死までを延々描くのではなく、主役のウィンストン・チャーチルが英国首相に就任してからダンケルクの戦いに至る"27日間"にピンポイントでフォーカスしている点が、まずいい。そこにチャーチルのすべて、つまり、信念で母国を真の意味での勝利へ導こうとする個性と決断力が見事に集約されているからだ。そして勿論、共にオスカーに輝いたゲイリー・オールドマンとメイクアップ・アーティスト、辻一弘が紡ぎ出した精密な宰相のルックスにも負うところが大きい。わけてもオールドマンが凄いのは、画期的なメイクを凌駕して余りあるキャラクターの魅力が画面に溢れ出ている点。何しろ、オールドマン・チャーチルはチャーミングなのだ。彼がやったのはそっくりメイクで実物になり切る従来のオスカー演技とは根本的に異なる,性格俳優による人物造形の理想型。それを是非、しっかりと目に焼き付けて欲しい。

MP
MPさん / 2018年3月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

歴史好きならば楽しめる作品

ドイツ軍がマジノ線を迂回し、アルデンヌの森を抜けてベルギーやフランスに攻め込み、第二次世界大戦が本格的に始まった時代。

上記のワードを見てピンと来る人であれば、本作を楽しめるでしょう。
主人公であるチャーチルはもちろん、ハリファックスやチェンバレンといった有名な政治家も登場し、特にチェンバレンはチャーチル以上に見た目がそっくりで噴き出すレベルです。
英国王ジョージ6世が兄について少しだけ語ったり、ヒトラーの演説が流れたり、チャーチルの自室にナポレオンの胸像があったりと、とにかく歴史要素がふんだんにちりばめられているので、知識があればあるほど楽しめる映画です。

しかし、本作が描いているのは戦争の時代ですが、あくまで歴史映画であり戦争映画ではありませんのでこの時代に疎い人にとっては退屈かもしれません。
そもそも知識がなければ冒頭の議会でチェンバレンがあんなに批判されている理由がいまいちわかりませんし、ダンケルクやベネルクス三国の地理的状況を理解していないと緊迫感もわかりにくいでしょう。
それでも観るのであれば、ウィキペディアでミュンヘン会談からダイナモ作戦までの辺りと、チャーチル、チェンバレン、ハリファックス、ジョージ6世についてサラッと読んでおくことをお勧めします。
また、本作は映画「ダンケルク」や「英国王のスピーチ」と時代的にも地理的にも密接につながっているため、そちらを観ておけばより理解が深まるでしょう。

2501
2501さん / 2018年5月23日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なぜ恐れるのか

人が人を恐れるという感情について、あぁなるほどと思った事。なぜヒトラーがチャーチルを恐れたのか。

理屈では説明できない何かを…
カチコチに固まった人達を融かす何かを…
その柔軟性だったり、自由さだったり。

後半、奥さんが言っていた、その揺らぎや苦しみ、悩みがあってこそ…というところが素晴らしかった。

公の為に家族を二の次にする人の家族というのは、規模は全く比べ物にならないけど、まがりなりにも共感できる程度には経験しているので、学べるものもあった。そんなに重要視されてないかもしれないけど、奥さんの存在があまりにも素晴らしかった。

Mayura
Mayuraさん / 2018年5月23日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人間臭い巨人

強い意志を持ち、遂行する力。
凡人がなかなか持てるものでもないのだが、逆にこの力を持つ数少ない人間の、人間臭さが生々しいドラマ。

国王をも怯えさせるチャーチルも、冷静で優美で毅然とした奥方無しでは、あの仕事は成し遂げられなかったでしょう。
理想のカップル…!

ダンケルクやイミテーション・ゲーム、英国王のスピーチあたりの映画を思い起こしてみると、それぞれの関係性が見えてきて面白い。
結果、いい方向に行ったからこのように立派な映画となったものの、歴史なんて何かが少しずれていれば全く別の道を辿ってしまうのだから、そう思うとこういう映画の一つ一つの場面に、深い意味を見るような気がします。

例の超リアルメイクにまずおったまげ、癇癪持ちの酔っぱらい爺さんを完璧に演じ切ったゲイリー・オールドマン、最後のド迫力の演説シーンに痺れます。

chibirock
chibirockさん / 2018年5月22日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

言葉を武器に奮い立たせる姿には圧倒されました

美化している感が強く賛否ある映画だと思いましたが、個人的にはとても興味深くあっという間にエンディングまでいっていました。

戦争という特殊な状況下、圧倒的敗戦の色が濃い中で、誇りが折られることを否と立ち向かう気概、言葉を武器に奮い立たせる姿には圧倒されました。
兵士や戦士の個人と違い、政治という駆け引きのなかでの戦い、国を背負い市井の命を預かる重圧、苦しくて重い物語で娯楽映画ではありませんが、素晴らしい映画だと思いました。

ちいまめ
ちいまめさん / 2018年5月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

信念を貫く力。世界を変えた1人の勇気とは。

【賛否両論チェック】
賛:味方がいない絶望的な状況下で、迷い苦しみながらも、自分の信念の下に民意を変えていくチャーチルの姿が、雄々しくてカッコよく映る。ラストの演説も必見。
否:ストーリーはかなり淡々と進むので、特に世界史に興味がないと眠くなってしまいそう。

 劣勢な戦況下で首相となり、まさに四面楚歌の状況の中にあって、時に迷い葛藤しながらも、妻や秘書達の支えを胸に戦い続けた1人の男の素顔が、そこには描かれています。
 チャーチルが庶民の声を直に聞くシーンは、彼らの心意気の強さに、思わずジーンと来ます。そして、文字通り「言葉を武器に変えた」ラストの演説は、まさに必見です。
 お話そのものはほぼ淡々とストーリーをなぞって進むだけなので、興味がないと退屈してしまうとは思いますが(笑)、世界が今とは違っていたかも知れない決断の行方を、是非ご覧になってみて下さい。

映画コーディネーター・門倉カド
映画コーディネーター・門倉カドさん / 2018年5月20日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  知的 難しい 寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ダンケルクを観てからだと尚更良い気がします。 2時間で次の選挙敗北...

ダンケルクを観てからだと尚更良い気がします。
2時間で次の選挙敗北の顛末までおさめるのは難しいと思いますが、その先も観て観たかった。。

のっち
のっちさん / 2018年5月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

勝てば官軍

ゲーリー・オールドマンの熱演は、さすが素晴らしい。チャーチルの人間らしさを描いたのも、好感が持てます。しかし、チャーチルを美化しすぎでないでしょうか?ダイナモ作戦が成功し、戦争に勝ったから良かったものの、劇場型政治の恐ろしさのようなものを感じました。チェンバレンとか、そんなに間違ってないよね。

mz
mzさん / 2018年5月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

歴史に興味を持つ映画

歴史が好きではないので、日本史も世界史もわからないまま本作品を鑑賞した。

チャーチル、ヒトラー、ダンケルク、、断片的には耳にしたことがある単語でしかない歴史を感じるために、知るためにはとても良い映画だし、歴史に興味を持つ大きな一歩になった。

映画なのだから、美化しなければならないところはあるとは思うが、歴史を伝えるためにはそれほど大きな問題ではない。

チャーチルと同じような感情を持つことができて、映画に入り込めればそれでよいのでは?

そういう意味では、とても面白い、良い映画。

ゲイリーオールドマンの演技はいうまでもないが、個人的にはベンメンデルソーンに心を射られた。

ちゃーるすとん
ちゃーるすとんさん / 2018年5月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

納得

We shall never surrender! と叫びたくなる。

ゲイリー・オールドマンが物凄い演技。言われなければわからない特殊メイク。アカデミー賞も納得

aMaclean
aMacleanさん / 2018年5月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リンカーンをBDで観たときは、何度も寝てしまいそうになりました(実際途中で止めて寝ました)が、今作では、二時間ずっと飽きることなく集中して観ることができました。

特殊メイクを手がけた辻一弘さんの手腕と、ゲイリー・オールドマンの秀演が見事にマッチしていて、まったく違和感がありませんでした。

ストーリー自体も、他作品である「英国王のスピーチ」や「ダンケルク」を観ていたおかげで、無学な自分でもなんとかついていけましたし、チャーチルを取り巻く人物や状況、思惑も、わかりやすくて、政治映画としてはとても観やすいものだったと思います。

20世紀においてもっとも過酷な状況下で首相に選ばれたチャーチルの苦悩。それを、映画を通して少しでも味わえたことは、まさに僥倖といえるでしょう。

日本の政治家は、とにかくこれを観て、強い意志と責任感について、学んでいただきたいものです。

ユージーン
ユージーンさん / 2018年5月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

信念の煌めき

いわば消去法で選ばれた男が、国民の心を掴む。
主役の、元の顔もわからなくなるほど迫真で芸術的な演技に引き込まれ、勇気づけられる。
戦争ドキュメンタリーではない。
緊迫する戦況下で葛藤し、打開していく姿は現在の労働という戦争に立ち向かう僕らと何ら代わりもない、一人の男の信念のストーリーだ。

あおおに
あおおにさん / 2018年5月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

観終わって立ち上がって拍手したくなった

ゲイリーのスピーチのシーンがほんとうにすごい。ダンケルクを描いた作品はいくつかあるけど、チャーチルの視点で観ると、こんなにも緊迫した決断の日々があったのだと考えさせられる。歴史が作られる瞬間に立ち会った気分。そして知らなければ特殊メイクにも気付かず、こういう顔の俳優なんだろうと思ってしまうくらい自然。史実にも興味がわいたので本でも読んでみようかな。

lumos97
lumos97さん / 2018年5月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

薄っぺらだね

なんだかなー、薄っぺらい映画だなー。「ダンケルク」といい、「英国王のスピーチ」といい、どうしてこうも軽薄で浅薄なんだろう。チャーチルが道化に見えるよ。
音楽が全然ダメだからか。タイピストを狂言回しに使うアイデアが凡庸だからか。地下鉄のエピソードもまあ、ありきたり。テレビドラマだったら許せるレベル。

くーにー62
くーにー62さん / 2018年5月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

酔っぱらい宰相が一番輝いた4週間

朝から晩まで鍛錬の為に(本人が国王に申し上げていた)酒を飲んでいた宰相チャーチル。首相就任のシャンパンはポル・ロジェだろうか?
宮廷での国王とのランチミーティング時のシャンパンはボランジェだった!そんな切り口で見るのも楽しかった。もちろん、ゲイリーオールドマンのアカデミー主演男優賞作品であり、辻さんのメイクアップを見るのが一番の目的であったが、演説の魔術師と言われていた彼の喋りを演じたオールドマンの演技は感動的だった。秘書役のリリー・ジェームスの演技もBSドラマとは違った新鮮さがあって魅力的だった・

Kitazawa
Kitazawaさん / 2018年5月12日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゲイリーオールドマン

がとにかく凄くて霞んでしまうけどストーリーもなかなか良かった。美化してる感じは否めないけど。

k
kさん / 2018年5月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

奇跡は、強い意志が起こす!

不可能は可能にできる!
奇跡は起こすもの!
という、神からの強い啓示を頂きました!

行き詰っている、政治や、財界(社長)などの孤独なリーダー方へ
ぜひ観て頂きたい!

「正しことを貫け」と神託のようで、大きな勇気が沸きます!

強い意思が、逆転を起こす
「自己犠牲してでも、人々の幸せに行動するとき、神の助けが入る」と聞きましたが、本当に強いパワーをもらいました。

国際ビジネス研究會
国際ビジネス研究會さん / 2018年5月7日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

148件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi