ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男のレビュー・感想・評価

ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男

劇場公開日 2018年3月30日
161件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

チャーチルという巨人の寓話

クライマックスの地下鉄のシーンが脚色されたフィクションであるように、これは史実をなぞった実録映画ではない。ある意味では独善的な宰相が、ヒトラーを警戒しながらも自らも独裁者的資質を持ち、しかし国民の目線を知ることで、国家における自分の役割に目覚めていくという、成長のドラマだと思う。それをどうやってビジュアルで見せるかにジョー・ライト監督は心を砕いていて、出来すぎなくらい明快な物語に仕上がった。映画だもの、核を掴み出して脚色し、映像のダイナミズムで表現する。とても映画らしい伝記映画だと思う。

バッハ。
バッハ。さん / 2018年4月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

主演、演出、題材。その3つが骨太に絡まり合う傑作歴史ドラマ

本作ついて述べるとき、その大部分がゲイリーへの賛辞で占められるのはしょうがない。が、注目すべきは決してそれだけではない。何よりもその切り口。本来、チャーチルは成功もしたし、大きな失敗もした人ではあるものの、しかしこの映画は「27日間」というごく限られた視座に集約させることで我々に、彼と共に歴史が動くそのうねりを、しかと目撃させてくれるのだ。

チャーチルが放った3つの演説を背景にしている構成も面白く、さらにはこの偉人の内面を光と暗闇で表現したジョー・ライトの演出も冴える。何かと閉所空間にとどまることの多い本作において、議場をふわりと舞うカメラワーク、上空から見下ろした俯瞰映像、タイプライターの小刻みなリズムを使って観客を飽きさせない手法もさすが。そして何より「つぐない」「英国王のスピーチ」「ダンケルク」との歴史的結びつきは、英国映画ファンならば熱狂して受けとめるべきポイントと言えるだろう。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2018年3月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 6 件)

演劇のような政治空間

冒頭、英国議会のシーン。中央の証言台にスポットライトのように外光が差している中、議員たちがオーバーリアクションで紛糾している。まるで演劇の1シーンのようだが、政治の舞台が芝居による騙し合いの場フォーマンスの場であるとすれば、非常に的確に演出だと言える。

その政治の世界で見事なタヌキのような要望と見事なスピーチ力で第二次大戦中に名を馳せた名宰相チャーチルが、いかにして英国をナチスの危機に向き合わせたかを描くのが本作だ。チャーチルはその政治活動において、失敗も多くしている政治家だが、危機に際して発揮される類まれなリーダーシップを発揮した大戦中にのみ焦点を当てている。

物語中盤でダンケルクの撤退戦のエピソードは、クリストファー・ノーランの『ダンケルク』では描かれなかった、あの作品の重要な側面が描かれており、政治的決断の重要さと残酷さを見事に浮かび上がらせている。

それにしてもチャーチルはヒトラーの思考をよくわかっている。もしかしたら2人は似た者同士で、同族嫌悪のようなものがあったのかもしれないと本作を観て感じた。

ローチ
ローチさん / 2018年3月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

オールドマン・チャーチルの凄味とは?

偉人のライフストーリーをその誕生から死までを延々描くのではなく、主役のウィンストン・チャーチルが英国首相に就任してからダンケルクの戦いに至る"27日間"にピンポイントでフォーカスしている点が、まずいい。そこにチャーチルのすべて、つまり、信念で母国を真の意味での勝利へ導こうとする個性と決断力が見事に集約されているからだ。そして勿論、共にオスカーに輝いたゲイリー・オールドマンとメイクアップ・アーティスト、辻一弘が紡ぎ出した精密な宰相のルックスにも負うところが大きい。わけてもオールドマンが凄いのは、画期的なメイクを凌駕して余りあるキャラクターの魅力が画面に溢れ出ている点。何しろ、オールドマン・チャーチルはチャーミングなのだ。彼がやったのはそっくりメイクで実物になり切る従来のオスカー演技とは根本的に異なる,性格俳優による人物造形の理想型。それを是非、しっかりと目に焼き付けて欲しい。

MP
MPさん / 2018年3月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

観れてよかった

辻さんのメイク凄いです。
こんな日本人がいたなんて、誇りに思います。
後半に、チャーチルが市井の人々の意見を知るために、地下鉄に乗るシーンがありましたが、やはり、為政者は、国民の声に耳をすませることが肝要なのだと再認識しました。演説シーンとともに、好きなシーンの一つです。
映画ダンケルクと合わせてみると、分かりやすいと思います。

Kumiko
Kumikoさん / 2018年8月19日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的 難しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

V for victory. やっぱりゲイリー・オールドマンは凄かった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

歴史物として見るとかなりの脚色はありそうですが、フィクションと割り切って観るとチャーチルを演じたゲイリー・オールドマンの妙技に魅了され楽しく観る事ができました。時代が時代ですし、もっと重い感じで作ってあるかと思いきや意外とユーモア多めでしたね。

第二次世界大戦の時のイギリスってアメリカの参戦のお陰で助かったイメージがあって、個人的にはイマイチ影が薄いんですよね。まぁ、それでもイギリス国内では色んな意見があって、それを乗り越えるチャーチルをゲイリー・オールドマンが熱演してました。就任当時66歳だったチャーチルをゲイリー・オールドマンが演じるには若すぎるんじゃないかなっと思ってたのですが、ゲイリーももう60歳なんですね!

タイピストのレイトン役のリリー・ジェームズが相変わらず美しかったですね。奥さんのクレメンティーン役のクリスティン・スコット・トーマスも良く見る女優さんです。チャーチルと奥さんとの掛け合いが良かった!

まぁ、歴史的事実としてこれを鵜呑みにして「英国カッケェー!」っとなると大問題でしょうけど(逆にこれを機会に英国の悪どさを調べてみるのは一興)、単純に映画として面白かったです。ともすれば退屈な政治劇になりそうな所をエンターテイメント性を高く作り上げてるジョー・ライト監督ってやっぱ上手い監督だなぁっと思いました。

アキ爺
アキ爺さん / 2018年7月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゲイリー·オールドマンの演技は素晴らしい

伝えられているウィンストン・チャーチルの習慣や癖などが至るところに散りばめられており、一大政治家ではなく、人間チャーチルを描こうと意図しているのを強く感じる。残念ながら映画としては、窮地に追い込まれた英国の切迫感が描ききれておらず、なんとも平面的な演出に留まってしまっているように感じられ、如何に凄いことが起きているのかピンとこないので残念。正直言ってお粗末かな...。
ゲイリー·オールドマンの演技に助けられた作品。

Jeffy Rider
Jeffy Riderさん / 2018年7月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

27日間

圧倒的な演技とメークアップはもちろんですが、就任から27日間に絞ったプロットが秀逸!幹がしっかりした骨太な作品でした。

Shige12
Shige12さん / 2018年7月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

事の良し悪しは判断できないけれども。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

特段、出てきた人たちに共感しませんでしたが、そっかーそんなことがあってんやねーという感じではたのしめました。

歴史のあらすじをおいしくいただきましたという。
しかし裏を返せばそれだけとも言えます。
が、知りたい歴史のあらすじだったので見れてよかったです。

日の名残りを見た時期と近かったこともあり、歴史のあらすじ理解がより深まったように思います。

クリスティンスコットトーマスとリリージェイムスが出ています。
特殊メイクで日本のなんとかさんがオスカーとりました。
お陰でゲイリーオールドマンに全然見えなくて、チャーチルさんとしてみました。

だいず
だいずさん / 2018年6月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

観れてよかった。

特殊メイクは流石で見事ですね。
すごすぎて すごくない と云うか すごさすら感じない違和感のなさ、あんな顔した俳優さんが元々いるだけなんじゃないかって思える。
特殊メイクのあら捜しばかり最初していたが、どの角度からもナチュラルなので、自然に物語の方が気になってくる。

序盤はスローペースでウトウト眠くってしまった。
中盤からどんどん盛り上がってきて、引き込まれてくる。
いい映画だと思う。

英国側からみたWⅡ世界大戦序盤の映画。
正義の見方はそれぞれの国・人によって違うから何が正しいかは判断が難しい。そして映画の演出のため実際とは違うのだろう。

首相の決断が一国の運命を決めていく。30万人を救うために、5千人の兵の命の決断ができるのか。そしてそれが正しいのか。
戦って敗れた国は復活もあるが、戦わずして逃げた国は亡ぶ
なんて言葉が心に残る。
そして、決断と演説が世界を変えていく。考えさせられる映画。

ここで終わっちゃうのってのが残念かな。
まだやってる映画館があってよかった。

abc
abcさん / 2018年6月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゲイリーオールドマンに惹きつけられる。 今回はかっこよくもなんとも...

ゲイリーオールドマンに惹きつけられる。
今回はかっこよくもなんともない腹の出たおっさん。腹の出たおっさんがかっこいいわけないのに、あの思慮深そうな顔がいいのかなあ。
なぜ急にあの人が味方になったのか、なぜ戦い続けることにそこまでこだわるのかわからないとこもあった。
でも国のトップとしての姿は、なんでも自信持ってやることなんだと思った。決めたら自信持って発言して、実行していくことで、まわりは賛同するのかなと思った。

テツトモ
テツトモさん / 2018年6月16日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 知的 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

素晴らしい

英国王のスピーチ
ダンケルク
イミテーションゲーム
あたりを見ておくとさらに深められると思います。

実際上記の映画をたまたま見ていたので、物語の内容はすんなりと入ってきました。

この映画のすごいところは、あえてウィンストン・チャーチルが歴史を変えたと言えるであろうダンケルクでの戦いまでの苦悩の27日間に焦点を絞って描いてる点……。
余計な部分がないので、すごくこの部分を深く掘り下げてくれて、彼の心情なども丁寧に描いていたと思いました。

最後のスピーチのシーン。
最高でしたね。あそこまで気迫あるスピーチをすることが出来るのはさすがとしか言えないですね。
あのシーンでは思わず涙がこぼれました。

あの、ハリポタのシリウスの俳優だとは思えなかった特殊メイク!
ゲイリーオールドマンすご!ってなりました。

あと、地下鉄にのり、市民と話すシーン。
あそこもすごく良かった。チャーチルが市民と話すことで自分の決断を下すところは感動しました。

まぁ、伝記物、歴史系がダメな方にはひたすら眠くなってしまう映画かもしれません。

でも、ここら辺の時代が好きな方なら集中して見れるし、素晴らしい出来だと思います。

ま ど か
ま ど かさん / 2018年6月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

信念を貫く強さ

見ていてきつかった。去年、ダンケルクを見てたのもあり、時系列もよくわかった。
とにかく、苦悩の一月がよくわかった。
声が大きく、スピーチが上手い。これはリーダーに欠かせない条件でもあるが、反対を押しきる勇気。決断。全責任を負うという重圧。
画面からひしひしと伝わってきてつらかった。
大統領や首相はやっぱりすごいなと。
第二次世界大戦、負けてたらチャーチルさんはどんな政治家として描かれたのだろう?と。
また違う角度のチャーチルさんにも興味がでた。
ゲイリーオールドマン、すごい‼️

em
emさん / 2018年6月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

チャーチルに化けた特撮は凄かったが…

チャーチルになりきった演技には感服するが、内容は議会内でのやり取りばかりで、エンターテイメントではなかった!

確かに歴史に忠実に描いたと思われるので、歴史の勉強には良いかもしれない!

それと英国も日本の大本営発表のように、国民に圧倒的に不利な戦況を隠していた?

コレは戦争に勝ったから良かったものの、負けていれば無駄死にも多く、決して美談ではないことも知れたことが唯一の成果かな?

underground0003
underground0003さん / 2018年5月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

歴史の勉強になります

映画として楽しいかと言われれば?だけど、とても勉強になった映画でした。

チャーチルが首相になってから有名な台詞we shall never surrender!を演説するまでの短い期間を映画化。

期間を絞ったおかげでこの時代に知識ない私にも苦なく観る事ができた。

特殊メイクと思わせないメイクも素晴らしいし、チャーチルとジョージ6世の微妙な関係が個人的には好き!

Ren
Renさん / 2018年5月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

良かった!!

遅ればせながら本作品を銀座シネスイッチの最終日に鑑賞致しました。さすがの作品、もっと早く観れば良かったです
また、英国王のスピーチとダンケルクと本作品も平行して再度鑑賞してみたいなと思いました
チャーチルといえども家族に支えれれているからこそ仕事が出来てるのだなあ~とかナチスドイツを退ける事が出来たのもこの人がいたらこそ、英国民の本意とか正義とか考えさせられました

キット
キットさん / 2018年5月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なぜ4週間だけなのか?

首相就任から4週間だけを描いているがなぜなのか?

国士無双
国士無双さん / 2018年5月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

緊迫感が凄まじい

交渉か戦いか。それぞれの先にあるもの、本質は何か。考え抜き、感覚を研ぎ澄ませる。歴史の分岐点における選択の難しさがヒシヒシと伝わる。史実ものの醍醐味を十分に味わうことができた。
特殊メークでアカデミー賞を獲った辻さんの名前が、エンドロールで大きく表示されているのも、本作での特殊メークの重要性を示していた。

こばりん
こばりんさん / 2018年5月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

強い意志を持つ指導者の物語だが脚色あり

戦時下において強い意志をもって国家・国民を指導した英国首相の物語。
セカンドラン期間の最終日に見たがなかなかよい。
ただ、現在に置き換えてみると、戦争を避け交渉で片づけようとするのは、チャーチルと正反対の立場で彼が決して行わなかったやり方。評判悪く、武力行使ためらわないのはトランプ大統領に近いか。
あと、市民との交流場面に違和感感じたが、これは事実と違う脚色とのこと。これについてはよろしくないと感じる。

お抹茶
お抹茶さん / 2018年5月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

歴史好きならば楽しめる作品

ドイツ軍がマジノ線を迂回し、アルデンヌの森を抜けてベルギーやフランスに攻め込み、第二次世界大戦が本格的に始まった時代。

上記のワードを見てピンと来る人であれば、本作を楽しめるでしょう。
主人公であるチャーチルはもちろん、ハリファックスやチェンバレンといった有名な政治家も登場し、特にチェンバレンはチャーチル以上に見た目がそっくりで噴き出すレベルです。
英国王ジョージ6世が兄について少しだけ語ったり、ヒトラーの演説が流れたり、チャーチルの自室にナポレオンの胸像があったりと、とにかく歴史要素がふんだんにちりばめられているので、知識があればあるほど楽しめる映画です。

しかし、本作が描いているのは戦争の時代ですが、あくまで歴史映画であり戦争映画ではありませんのでこの時代に疎い人にとっては退屈かもしれません。
そもそも知識がなければ冒頭の議会でチェンバレンがあんなに批判されている理由がいまいちわかりませんし、ダンケルクやベネルクス三国の地理的状況を理解していないと緊迫感もわかりにくいでしょう。
それでも観るのであれば、ウィキペディアでミュンヘン会談からダイナモ作戦までの辺りと、チャーチル、チェンバレン、ハリファックス、ジョージ6世についてサラッと読んでおくことをお勧めします。
また、本作は映画「ダンケルク」や「英国王のスピーチ」と時代的にも地理的にも密接につながっているため、そちらを観ておけばより理解が深まるでしょう。

2501
2501さん / 2018年5月23日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

161件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi