ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男のレビュー・感想・評価

ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男

劇場公開日 2018年3月30日
177件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

チャーチルという巨人の寓話

クライマックスの地下鉄のシーンが脚色されたフィクションであるように、これは史実をなぞった実録映画ではない。ある意味では独善的な宰相が、ヒトラーを警戒しながらも自らも独裁者的資質を持ち、しかし国民の目線を知ることで、国家における自分の役割に目覚めていくという、成長のドラマだと思う。それをどうやってビジュアルで見せるかにジョー・ライト監督は心を砕いていて、出来すぎなくらい明快な物語に仕上がった。映画だもの、核を掴み出して脚色し、映像のダイナミズムで表現する。とても映画らしい伝記映画だと思う。

バッハ。
バッハ。さん / 2018年4月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 5 件)

主演、演出、題材。その3つが骨太に絡まり合う傑作歴史ドラマ

本作ついて述べるとき、その大部分がゲイリーへの賛辞で占められるのはしょうがない。が、注目すべきは決してそれだけではない。何よりもその切り口。本来、チャーチルは成功もしたし、大きな失敗もした人ではあるものの、しかしこの映画は「27日間」というごく限られた視座に集約させることで我々に、彼と共に歴史が動くそのうねりを、しかと目撃させてくれるのだ。

チャーチルが放った3つの演説を背景にしている構成も面白く、さらにはこの偉人の内面を光と暗闇で表現したジョー・ライトの演出も冴える。何かと閉所空間にとどまることの多い本作において、議場をふわりと舞うカメラワーク、上空から見下ろした俯瞰映像、タイプライターの小刻みなリズムを使って観客を飽きさせない手法もさすが。そして何より「つぐない」「英国王のスピーチ」「ダンケルク」との歴史的結びつきは、英国映画ファンならば熱狂して受けとめるべきポイントと言えるだろう。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2018年3月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 6 件)

演劇のような政治空間

冒頭、英国議会のシーン。中央の証言台にスポットライトのように外光が差している中、議員たちがオーバーリアクションで紛糾している。まるで演劇の1シーンのようだが、政治の舞台が芝居による騙し合いの場フォーマンスの場であるとすれば、非常に的確に演出だと言える。

その政治の世界で見事なタヌキのような要望と見事なスピーチ力で第二次大戦中に名を馳せた名宰相チャーチルが、いかにして英国をナチスの危機に向き合わせたかを描くのが本作だ。チャーチルはその政治活動において、失敗も多くしている政治家だが、危機に際して発揮される類まれなリーダーシップを発揮した大戦中にのみ焦点を当てている。

物語中盤でダンケルクの撤退戦のエピソードは、クリストファー・ノーランの『ダンケルク』では描かれなかった、あの作品の重要な側面が描かれており、政治的決断の重要さと残酷さを見事に浮かび上がらせている。

それにしてもチャーチルはヒトラーの思考をよくわかっている。もしかしたら2人は似た者同士で、同族嫌悪のようなものがあったのかもしれないと本作を観て感じた。

ローチ
ローチさん / 2018年3月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

オールドマン・チャーチルの凄味とは?

偉人のライフストーリーをその誕生から死までを延々描くのではなく、主役のウィンストン・チャーチルが英国首相に就任してからダンケルクの戦いに至る"27日間"にピンポイントでフォーカスしている点が、まずいい。そこにチャーチルのすべて、つまり、信念で母国を真の意味での勝利へ導こうとする個性と決断力が見事に集約されているからだ。そして勿論、共にオスカーに輝いたゲイリー・オールドマンとメイクアップ・アーティスト、辻一弘が紡ぎ出した精密な宰相のルックスにも負うところが大きい。わけてもオールドマンが凄いのは、画期的なメイクを凌駕して余りあるキャラクターの魅力が画面に溢れ出ている点。何しろ、オールドマン・チャーチルはチャーミングなのだ。彼がやったのはそっくりメイクで実物になり切る従来のオスカー演技とは根本的に異なる,性格俳優による人物造形の理想型。それを是非、しっかりと目に焼き付けて欲しい。

MP
MPさん / 2018年3月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

特殊メイク観たさに、、、

辻一弘さんの特殊メイク観たさにレンタルしました。

恥ずかしながら歴史は疎く、内容は私には難しかったです

ゲイリーオールドマンはハリポタのシリウスブラックのイメージがあったので、特殊メイクをしたゲイリーは全く別人でした

もう少し歴史に興味さえあれば、内容に入り込めたと思うがそれも出来ずで自分が情けなかった(笑)

ただ、、
リリージェームスはマンマミーアやシンデレラなど、歌って踊っての華やかな役が似合うのに今回の役はちょっと合わなかったような、、
彼女の魅力が最大限に惹き出されてなかったのが残念っ

HY
HYさん / 2018年12月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

決断

映画としてとても面白かった。

常にプレッシャーにさらされ、重大なことを決断するという人間力の描き方が素晴らしい。
勝てば官軍というのは確かにそうだが、何が正しいのかなんてやってみないとわからないことがたくさんある。
そのなかで決断し、自分の意思を貫き通し、言葉の力によって議会と国民をひとつにしたチャーチルは、チャーミングで男らしかった。

赤い彗星
赤い彗星さん / 2018年11月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

タイトルなし

ダンケルクは30万の兵士のみならず、イギリスが崖っぷちに立たされていたことがよく分かった。

munerin
munerinさん / 2018年11月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

強きリーダーも同じ人間

ダンケルクの奇跡を起こした強きリーダーも、
時には悩み葛藤し、涙し、それが同じ人間だと好感が持てる。
それでも民の意見に耳を傾ける、
今もそんなリーダーがもとめられる。

ゲーリー・オールドマンの変わらぬ演技にも感服。

上みちる
上みちるさん / 2018年11月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

バイオグラフィー

第90回アカデミー賞で、主演男優賞と、メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞しました。

今作で取り上げたいことは、バイオグラフィーというジャンルについて。

この作品は、第二次世界大戦ごろのイギリスで国を率いて戦争を勝利に導いた総理大臣ウィンストンチャーチルのお話です。

これまでも、#ダンケルク や、#イミテーションゲーム #英国王のスピーチ などで取り上げられた時代と同じものです。それらに出てきた歴史的史実もたくさん出てくるので、続けて見ても、かなり面白い作品です!

そして、歴史上の人物について語るジャンルのことをバイオグラフィー(伝記)といいますね。

バイオグラフィーも映画のジャンルの中ではとても大きなもので、アカデミー賞常連のジャンルになっています。

しかし、失敗作も多いのも現実。

では

「その失敗作と映画賞受賞作の違いはなんなんでしょう?」

それは、私にとっては、ズバリ言ってその人物のキャラクターを絞りきることができるかということです。

みなさんも、たとえば、自分の家族や友人のバイオグラフィーを書こうと思って見ても、その人のキャラクターを一言で片付けることもできなければ、2時間の映画で収めることも不可能だと思います。なぜなら、その人にはいろんないいところ、悪いところがあるし、起きた出来事も一つではないからです。

それは、歴史的有名人であっても、ウィンストンチャーチルであっても同じこと。

映画賞受賞作はそのキャラクターの描き方が、2時間の映画を観る人のために作ることができているということです。

たとえば、今作でいうと、描かれているのは、1940年の5月、その1ヶ月で起きた出来事を描いています。

もちろん、この1ヶ月を描いた2時間の映画で、彼の人生のすべてがわかるわけではありません。むしろ、彼の人生全てを知ることが映画でいうバイオグラフィーの目的ではありません。

映画というのは必ず、作り手の意思が反映されているものです。その意思が反映されているのが、キャラクター。

起きた出来事、もしくはセリフは史実に基づいた実際のものかもしれませんが、キャラクターというのは、その人自身が決められるものでもなければ、全員が抱く印象が一緒だとは限りません。だから、そのキャラクターの描き方で映画の良し悪しは決まってくるのです。

じゃあ、今作はどうだったかというと、めちゃよかった。

#ゲイリーオールドマン の演技もしかり、#辻一弘 さんのメイクアップもしかり、撮影もしかり、脚本もしかり、すべてがとてもまとまっていました。

もっと具体的にいうと、ウィンストンチャーチルを政府内でいう異端児として描くことは、よくあることですが、そのなかに描かれるユーモアがとてもユニークでした。

何度も笑う部分が出てきますが、それが出てくることによって、ウィンストンチャーチルが悩んでいる時、真剣に考えている時、また誰かを助けようとしている時など、ユーモアが出てこないところの感情が色濃く描かれていました。

人を笑わせるというのはとても難しいことですが、イギリス映画特徴のダークな雰囲気な照明と、ウィンストンとともに動くようなカメラワークのギャップが、ユーモアさを引き出していたことがとても好き。

このように、キャラクターを上手く描くことができれば、そこからテーマや社会情勢を描くことが可能なのです。

映画は常にキャラクター。キャラクター。

Editing Tell Us
Editing Tell Usさん / 2018年10月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

強い男

チャーチルの勇気を讃える作品である。かなりの脚色はあるがそれ故に彼の決意の固さが際立っている。

Takashi
Takashiさん / 2018年10月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

メイクアップが凄い❗作り物とはわからん

メイクアップが凄い❗作り物とはわからん?当時のチャーチルの立場を初めて知ったね。チャーチルが頑張らなければ、ナチスが続いていたかも。またアメリカの参戦を促さなければ、日本も、、、

シゲドン
シゲドンさん / 2018年10月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

英国首相のVサイン ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ゲーリー・オールドマンが英国首相ウィンストン・チャーチルを演じ、本年度アカデミー賞主演男優賞を受賞した話題作。
日本人にとってそれ以上の話題はやはり、メイクアップアーティスト・辻一弘の同ヘアメイク賞受賞!
作品自体も興味深いが、まずはこの両名について語りたい。

全編ほぼ出ずっぱり、さながらゲーリー・オールドマン・ショー!
生のチャーチルや肉声は知らないが、相当な役作りやリサーチを重ね、クセのある言動など完コピなのだろう。
幾度も奮う熱弁シーンは圧巻!
変わり者で、ユーモラスで、人間味たっぷりに。
この名優が遂にオスカー俳優になったのはとても嬉しい。
でも個人的には、本作での大熱演も素晴らしいが、『裏切りのサーカス』での渋い抑えた名演が捨て難い。

そんなオールドマンをチャーチルに変貌させた辻氏の驚異的なメイクアップ技術!
安西先生を彷彿させるような頬や顎やお腹のたぷたぷプルプル具合は、とてもとても作り物とは思えない!
実際のチャーチルの画像と比較しても、その再現度の高さに驚き!
日本人の技術がハリウッドの栄えある賞を受賞したのは本当に誇らしい。

独学でメイクアップ技術を学び、ハリウッド映画で手腕を奮ったものの、そのほとんどがSFやコメディばかりで、本当に自分がやりたいものとは違うと苦悩し、一時ハリウッドから距離を置いたという辻氏。
そんな辻氏に直々にオファーしたオールドマン。彼が引き受けてくれなければ、自分もこの役を降りると言ったほどのたっての願いで。
辻氏を信頼したオールドマン。オールドマンの願いに応えた辻氏。
オスカー受賞は、2人の固い絆へのご褒美。

さて、作品の方は、実在の政治家の実録政治劇。
…と聞くと小難しそうに感じるが、思いの外分かり易く、エンタメ性もあった。
言うなれば、苦難に立ち向かった一人の男の物語。

前首相の辞任により、新たに就任したチャーチル。
それは、マイナスからのスタート。
戦局真っ只中。ナチスの脅威が英国にも迫り、侵略の危機すらも。
有事の際の首相就任なんてつまりは全責任を負わされる事になる。
変わり者の性格故、与野党から毛嫌いされている。
さらには、国王からもあまりよく思われていない。
欠点や失策も多々。
国家の窮地に彼のような異端児で務まるのか…?

チャーチルと周りの政治家連中との大きな溝は、考え方の違い。
周りは、ナチスとの和平交渉を主張。
和平交渉と言うと聞こえはいいが、言うなればそれは、人類史上最悪の独裁者に頭を下げ、膝を屈するという事。
英国を侵略と危機から救うには、それが最善策。仕方ないかもしれない。
が、チャーチルの考えは、徹底抗戦。
絶対にあの独裁者とナチスには屈しない。
例え和平案が英国にとって良きものであっても。どんな犠牲を払ってでも。
実際、ダンケルクでは30万人の兵士が追い詰められている。
彼らの救出も無理難題。
国の外にはナチス、国の中には対立する政治家たちという内外に敵だらけ。
立場はダンケルクの兵士たち同様、孤立無援。
こんな苦境に、チャーチルはどう立ち向かったのか…?

こんな苦境だからこそ、強靭なリーダーシップを発揮すべきだが、チャーチルは決してそうではなかった。
苦悩、葛藤の連続。
抗戦か、和平交渉か。
迫られる究極の選択。
抗戦を訴えたが、果たしてそれで正しかったのか…?
ブツブツブツブツ、自分でも何を言ってるのか分からなくなり始める。
あまりにも悩みに悩み、周りに押され、和平交渉案を受け入れようとも…。
そんな揺れに揺れていた時、彼に味方が。

国王。
当初はチャーチルを嫌い、ソリが合わなかったが、何より英国と民の為にナチスに屈しない考えは同意。これまでの微妙な関係が嘘のように信頼で結ばれ、全面的に支持。
そして、チャーチルが最も耳を傾けなければならない者たち。英国市民。
彼らのほとんどの考えも、ナチスには屈しない!戦うべき!
チャーチルが公用車を突然降り、一人で地下鉄に乗り、市民と直に話をし、耳を傾けるシーンはおそらく脚色だろうが、非常に印象的。
安直な和平交渉なんて、結局は政治家連中の身の保全にしか過ぎない。
そしてチャーチルは、決意を固める…。

以前『ローマンという名の男 信念の行方』のレビューでも書いたが、確固な信念など無い。
苦悩し、葛藤し、培われたものが、確かな信念となる。
そして下した決意、選択。
我々と同じ一人の人間としての脆さや芯の強さが、チャーチルを伝説のリーダーとした。

邦題は“ヒトラーから世界を救った男”だが、“ヒトラーと闘った男”の方がいいと思う。
手の平を裏返したVサイン(=クソくらえ)と共に。

近大
近大さん / 2018年10月19日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ゲイリーオールドマン

ダンケルクと合わせて見るとより良い

WALLE
WALLEさん / 2018年10月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

チャーチルじゃない! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

チャーチルを全く描けていない!
これでは、ただの頑固者の老害として映ってしまう。
チャーチルの言葉に、「10のうち9を譲っても、欲しい1は勝ち取る」というものがある。彼は基本、妥協を良しとする人物だ。
では何故、ナチスとの交戦を選んだのか?
それは、彼が未来を見据える力を持っていたからだ。
驚くことに彼はコンピュータ、そしてAIの存在も予見していた。その神眼は、ナチスを野放しにした人類の未来を見据えていた。彼にとってナチスを打倒することは、譲れない1/10だったのだ。
柔軟でありながら秘めた真を持つ、そうした人物像と真逆の描き方がされている。故人に対する侮辱的作品

yuzuyuzu
yuzuyuzuさん / 2018年10月13日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

緊迫感‼︎ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画ハシゴの3本目‼︎

眠気がヤバかったのですが
のめり込んで見れました‼︎

ネバーサレンダー‼︎

地下鉄のシーン好きだなぁ
庶民のブレない思いに涙し
子どもに「泣いてるの?」って聞かれて
「私は泣き虫なんだよ」
こんな私を宜しくねっみたいな事言っちゃうなんて
可愛らしかったです。

特殊メイクもアッパレでした。

snowball
snowballさん / 2018年10月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣けました。

冒頭は歴史的背景が不勉強ゆえに無理かな?と思ったけれど、変なオジサンの頑張りは理解できたし王様の来訪からのくだりは涙ちょちょぎれました。

もりあげ方は上手だし、どのシーンも美しくてカメラワークは現代的なエンターテイメントでしたよ。
あと、イキなセリフまわし?に笑えていた観客に嫉妬w

但し、映画的にはイエスだけれど日本人としては思いました。そのセリフ原爆落とされても言えるのか?と

ジャム太
ジャム太さん / 2018年10月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

チャーチルの英雄像

祝アカデミー賞主演男優賞!

やっとという感じのゲイリー・オールドマンだが、できればノーメイクの作品でとって欲しかった。

作品としても悪くないが、作品賞ノミネート作の中では下位だろう。

まっくん a.k.a. エロくそチキン
まっくん a.k.a. エロくそチキンさん / 2018年10月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

チャーミングな男。

あのチャーチルが特殊メイクと演技と脚色でとてもチャーミングに描かれている。

ハチコ
ハチコさん / 2018年9月14日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

やはり異議あり

『台頭するナチに徹底抗戦すべく立ち上がった男の物語』に見えてしまうのだが、そんな簡単なものか。

ベルサイユ条約を破棄したナチに対して、英国内には逆にある程度の軍備を許容し、対共産主義との盾になってもらう政策があった。無論、王室はソ連の台頭など脅威でしかない。チェンバレンがヒトラーとの和平を推す背景には、過去の英国内の対ナチ戦略があるはずなのだがバッサリカット。

英国としての失敗・間違った判断を覆した男の話、ならまだしも、映画にするなら。また、ヒトラー以外のファシズム指導者に好意的であった姿も隠さないのが誠実だろうよ。ムソリーニを小馬鹿にする件はあるが、基本、彼はファシズムから何かを守るどころか、自分が見下して来た成り上がりモノが、大英帝国に手を出す事に、ヒステリックに応じただけに過ぎない。なんて方が今時な映画になりそうなもんだ。

地下鉄の市民の声に力を得たチャーチルは、あの歴史的な演説をする。そこまでの過程を美しく、少しだけ生々しく、一本道で描いた映画です。

リリー・ジェームス、きれいだわぁ。
ゲイリー・オールドマンの演技、すごいよ。

でも近現代史を題材にした映画としては認められない。Neverですわ。異議を唱えます。

bloodtrail
bloodtrailさん / 2018年9月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

観れてよかった

辻さんのメイク凄いです。
こんな日本人がいたなんて、誇りに思います。
後半に、チャーチルが市井の人々の意見を知るために、地下鉄に乗るシーンがありましたが、やはり、為政者は、国民の声に耳をすませることが肝要なのだと再認識しました。演説シーンとともに、好きなシーンの一つです。
映画ダンケルクと合わせてみると、分かりやすいと思います。

Kumiko
Kumikoさん / 2018年8月19日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的 難しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

177件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi