劇場公開日 2018年3月30日

  • 予告編を見る

ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男のレビュー・感想・評価

3.7218
18%
61%
18%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全218件中、1~20件目を表示

4.0チャーチルという巨人の寓話

2018年4月30日
Androidアプリから投稿

興奮

知的

クライマックスの地下鉄のシーンが脚色されたフィクションであるように、これは史実をなぞった実録映画ではない。ある意味では独善的な宰相が、ヒトラーを警戒しながらも自らも独裁者的資質を持ち、しかし国民の目線を知ることで、国家における自分の役割に目覚めていくという、成長のドラマだと思う。それをどうやってビジュアルで見せるかにジョー・ライト監督は心を砕いていて、出来すぎなくらい明快な物語に仕上がった。映画だもの、核を掴み出して脚色し、映像のダイナミズムで表現する。とても映画らしい伝記映画だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
バッハ。

4.5主演、演出、題材。その3つが骨太に絡まり合う傑作歴史ドラマ

2018年3月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

興奮

本作ついて述べるとき、その大部分がゲイリーへの賛辞で占められるのはしょうがない。が、注目すべきは決してそれだけではない。何よりもその切り口。本来、チャーチルは成功もしたし、大きな失敗もした人ではあるものの、しかしこの映画は「27日間」というごく限られた視座に集約させることで我々に、彼と共に歴史が動くそのうねりを、しかと目撃させてくれるのだ。

チャーチルが放った3つの演説を背景にしている構成も面白く、さらにはこの偉人の内面を光と暗闇で表現したジョー・ライトの演出も冴える。何かと閉所空間にとどまることの多い本作において、議場をふわりと舞うカメラワーク、上空から見下ろした俯瞰映像、タイプライターの小刻みなリズムを使って観客を飽きさせない手法もさすが。そして何より「つぐない」「英国王のスピーチ」「ダンケルク」との歴史的結びつきは、英国映画ファンならば熱狂して受けとめるべきポイントと言えるだろう。

コメントする
共感した! (共感した人 11 件)
ぐうたら

4.0演劇のような政治空間

ローチさん
2018年3月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

知的

冒頭、英国議会のシーン。中央の証言台にスポットライトのように外光が差している中、議員たちがオーバーリアクションで紛糾している。まるで演劇の1シーンのようだが、政治の舞台が芝居による騙し合いの場フォーマンスの場であるとすれば、非常に的確に演出だと言える。

その政治の世界で見事なタヌキのような要望と見事なスピーチ力で第二次大戦中に名を馳せた名宰相チャーチルが、いかにして英国をナチスの危機に向き合わせたかを描くのが本作だ。チャーチルはその政治活動において、失敗も多くしている政治家だが、危機に際して発揮される類まれなリーダーシップを発揮した大戦中にのみ焦点を当てている。

物語中盤でダンケルクの撤退戦のエピソードは、クリストファー・ノーランの『ダンケルク』では描かれなかった、あの作品の重要な側面が描かれており、政治的決断の重要さと残酷さを見事に浮かび上がらせている。

それにしてもチャーチルはヒトラーの思考をよくわかっている。もしかしたら2人は似た者同士で、同族嫌悪のようなものがあったのかもしれないと本作を観て感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ローチ

4.0オールドマン・チャーチルの凄味とは?

MPさん
2018年3月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

興奮

偉人のライフストーリーをその誕生から死までを延々描くのではなく、主役のウィンストン・チャーチルが英国首相に就任してからダンケルクの戦いに至る"27日間"にピンポイントでフォーカスしている点が、まずいい。そこにチャーチルのすべて、つまり、信念で母国を真の意味での勝利へ導こうとする個性と決断力が見事に集約されているからだ。そして勿論、共にオスカーに輝いたゲイリー・オールドマンとメイクアップ・アーティスト、辻一弘が紡ぎ出した精密な宰相のルックスにも負うところが大きい。わけてもオールドマンが凄いのは、画期的なメイクを凌駕して余りあるキャラクターの魅力が画面に溢れ出ている点。何しろ、オールドマン・チャーチルはチャーミングなのだ。彼がやったのはそっくりメイクで実物になり切る従来のオスカー演技とは根本的に異なる,性格俳優による人物造形の理想型。それを是非、しっかりと目に焼き付けて欲しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
MP

3.0感情が

R♪さん
2020年5月20日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

前半は歴史資料を見せられているかの退屈さがあったものの、いつの間にかハマり胸が熱くなり、涙目に💦💦💦

電車内の話はフィクションみたいですが、どこかの国の政治家さんも国民の声聞いて欲しいなぁ~😅

※1ヶ月前(鑑賞日)に書いたレビューですが、政治家の行動が全く変わってない事に唖然💧
2020/5/20

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
R♪

3.5政治決断

2020年5月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
トシくん

3.0淡々としてる

shiaさん
2020年4月21日
iPhoneアプリから投稿

つまんない訳じゃない。
ただ…ちょっと飽きちゃう。。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shia

2.0ゲーリー・オールドマンはいない

ケイさん
2020年3月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ケイ

3.5ヨーロッパにおける世界大戦

2020年3月10日
iPhoneアプリから投稿

 第二次世界大戦、ドイツ🇩🇪ナチス側からの映画は観たことがあってもイギリス🇬🇧側からは観たことないかも。チャーチルのこともダンケルクのこともよく知らないので半分くらいまでちんぷんかん😩チャーチルが落ち込んでしょげているところに国王が訪ねてきた辺りからは面白かった(わざわざ国王が来るかなあ、とは思ったが)
後でチャーチルとダンケルク、少し調べてみたが、やはりこういう映画はある程度わかっていた方が理解できるかな、ちょっと失敗💦(機会があったらダンケルク観てみよう)
チャーチルが電車に乗って市民と語り合うシーン、感動した。安倍さんも電車に乗ったりスーパー行ったりして一般市民の生活体験してみてよ!と思ったのだが、あのシーンはフィクションとのこと。なんだ、ガッカリ😞
ゲイリーオールドマンと知っているからなんとなくわかるけど、知らなかったらわからない、特殊メイク凄い!チャーチルの映像も見たことがないので似ているかもわからないけど、きっとああなんでしょうね!

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 7 件)
アンディぴっと

3.5チャーチルの人物像

なほさん
2020年2月23日
iPhoneアプリから投稿

お屋敷に育ったお坊ちゃんが
強い政治家になるための、、
戦争とナチス相手に、イギリスのプライドを。

タイピストの彼女も凄く良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なほ

5.0観てよかった

fukui42さん
2020年2月14日
iPhoneアプリから投稿

一言。「あっという間の125分」。

◎よかった点◎
・チャーチルが首相就任した1940年5月10日を軸に、日付をカウントダウンしていく様が。
アクセントがあっていい。

・65歳という当時では高齢の首相。酒と葉巻をかかさず、秘書のタイプ音がうるさいと怒る。
官邸に帰れば妻に「生活費が足りない」と怒るあれ、頭が上がらない。
「こんな爺さんやだわ」と思いながらも、どこか惹かれてしまう魅力。
まさにゲーリ・オールドマンぴったり。アカデミー賞主演男優賞も納得。

・融合ではなく、最後まで戦う。そのために自分は首相の椅子に座っているんだ!。
と議会に訴えていく場面は、その当時の状況を垣間見れて。
なるほどとうなづくこと多し。

・チャーチルの言葉が、随所でキラッと光る。
その迫力ある演説ぶりには、聞き惚れるところが何回も。
1963年自身の回顧録で、ノーベル文学賞を受賞したのもなるほどなあ←映画には出てこない。

△いまいちな点△
・個人的にはないですが。
政治の話なので、戦いのシーンはない。人によってはどうかな。

⭐️マーカーワード⭐️
「成功も失敗も終わりではない。肝心なのは続ける勇気」byチャーチル

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
fukui42

4.5It is the courage to continue that counts

Shuheiさん
2020年2月13日
iPhoneアプリから投稿

序盤は不覚にも寝てしまったが中盤から一気に引き込まれた。

チャーチルが西洋の人に愛されている理由がよくわかる映画だった。

To every man upon this earth Death come soon or late; And how can man die better Than facing fearful odds , For the ashes of his fathers, And the temples of his Gods.
門の守り手であった勇敢なホラティウスは言った。「地上のあらゆる人間に遅かれ早かれ死は訪れる。ならば、先祖の遺灰のため、神々の殿堂のため、強敵に立ち向かう以上の死に方があるだろうか。かつて私をあやしてくれた優しい母親のため、我が子を抱き乳をやる妻のため、、

誇りを失った国家で生きるくらいなら、戦い尽くして血の上に倒れるべきだ、というのがイギリス国民の総意。ヨーロッパ的な考えだと府に落ちた。
日本もかつてはそうであり、まさに第二次世界大戦でシミュレーション下では敗戦が確定していたのに、朝日新聞や閣僚がひた隠し、煽り、とてつもなく多くの犠牲者を出した。
イギリスは戦い尽くして勝ち、日本は戦い尽くして負けた。
両国民の根底にある気持ち、止むに止まれぬ情動、誇りは同質である。
チャーチルは英雄で、東條英機は悪者、そんなことはないのである。
俺はライトウイングでも何でもないが、その気持ちは分かる。両国の根底にある気持ちは同じなのだ。

自分の気分が変えられない奴に、世界を変えられるわけがない。

最後にこの言葉を。
Success is not final, failure is not fatal. It is the courage to continue it counts.
成功も失敗も終わりではない。肝心なのは続ける勇気だ。

チルを

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Shuhei

2.0おもんない

2020年2月11日
iPhoneアプリから投稿

単純に映画としてつまらない。盛り上がりもなくダラダラ話が進んでいくので退屈だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
@Jankichi@

4.0型破りこそのカリスマ

素子さん
2020年2月7日
iPhoneアプリから投稿

型破りであるがゆえにカリスマであるように感じた。ドイツの侵略が激化するにつれイギリス議会において高まる対独宥和論に背き徹底抗戦を表明したからこそファシズムに勝利することができた。終盤の地下鉄のシーンはフィクションだったようだけれども、チャーチルの人間性が非常に強調されている。あとこれまで映画においてメイクに注目したことはあまりなかったが、今作のオスカー賞メイク部門受賞で確かにメイクの迫真ぶりの凄さに感心した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
素子

4.0少しだけ反発を感じますが、映画としては流石です。

よしさん
2020年2月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

第二次世界大戦勃発直後のイギリス。急遽首相に任命されたチャーチルの苦悩を描く物語。

映画「ダンケルク」は鑑賞していますが、イギリスがここまで追い詰められていたとは知りませんでした。
圧倒的なナチスドイツ軍、就任時には既に戦況は極めて不利、そして和平交渉の圧力。チャーチルの苦悩が画面から滲み出ています。
ナチスの残虐さを考えると、「徹底抗戦」の判断は間違いなかったと思います。結果として勝利していますし・・・
ただ、和平交渉の選択が間違いだとも思いません。寧ろ、その当時の戦局を考えると、正しい判断のようにも感じます。敗戦が確実視される状況で、プライドや愛国心だけを頼りに国民を死に追いやるなど言語道断です。
地下鉄内での市民の声を聴くことは、本当に正しかったのでしょうか。年端のいかない少女に徹底抗戦を叫ばせるのは正しかったのでしょうか?戦前の日本でもそうですが、愛国心で高揚し群集心理を患っている人々の声は、極めて危険だと感じます。

少し一方的な描き方に反感も覚えますが、それでも流石アカデミー賞受賞作品です。その演技と迫力は流石の一言でした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

3.0全貌は不明

odeonzaさん
2020年1月7日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

抗戦か融和かの混迷期の議会を切り出しているだけなのでチャーチルの全貌は解らない、はたまた映画のチャーチル像が実際の人物ととっていいのか浅学の身にはよく分からないが史実をなぞってはいるのだろう。
ダンケルクの救出作戦はクリストファーノーラン監督の同名映画や「人生はシネマティック」にも描かれていたので官邸側の視点での裏話は興味深かった。ヒットラーの増長を許したチェンバレンらの宥和政策が間違いであったことはノーベル賞作家カズオ・イシグロ原作の映画「日の名残り」でも伺うことができる。
チャーチルといえば晩年のブルドッグ顔のイメージだったので辻一弘さんのメークは綺麗すぎる気もするがゲイリー・オールドマンが直々に依頼しただけあってアカデミー賞(主演男優賞とメークアップ賞)を取ったのは朗報だった。
ヒットラーをして「戦争挑発屋」と言わしめたチャーチルの一面を伺うことができたものの感情移入するほどの共感はもてなかったのは政治家特有のうさん臭さなのか波乱万丈の半生を描くには映画の時間が足りなかったせいなのか。あれだけ酒浸りで葉巻を始終くわえていても91歳まで長生きしたのはすごい。大英帝国の復興を夢見たチャーチル、戦争には勝利したものの米ソ二強が台頭しただけに終わってしまったのは誤算だったろう。EU離脱問題で揺れている英国議会をみるにつけ、やはり英国人はドイツ主導が気に入らないのだろうかと思ったりもする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

4.5今までとは違ったゲイリーが見れた

medyさん
2019年12月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

知的

幸せ

映画「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」特殊メイクはしているもののゲイリー・オールドマンってこんなに優しい顔してたんだと思った。地下鉄に乗り国民の声に耳を傾け、悩み苦しみ熱く演説をするウィンストン・チャーチルに感動した。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
medy

4.5【ウィンストン・チャーチルの首相就任時からダンケルクの戦いまでの27日間を感動的に描く】

NOBUさん
2019年11月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

幸せ

 「ダンケルク」の記憶も新しい中、あの戦いを決定したチャーチルの苦悩の決断までを生々しく描く。

 歴史ものとしては出色の作品。

 ゲイリー・オールドマンが辻一弘さん(今作で第90回アカデミーメイクアップ&ヘアスタイリング賞受賞)の技により、目意外は全く面影が無い中、圧倒的な演技で(途中から本物のチャーチルとして鑑賞)念願のアカデミー主演男優賞を受賞。

 妻、クレメンティーを演じたクリスティン・スコット・トーマスと個人秘書エリザベス・レイトンを演じたリリー・ジェイムスの凛々しい姿も印象的な作品。

<2018年3月31日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
NOBU

なんにもしてないですよ

2019年10月7日
PCから投稿

チャーチルはいいことしてないですよ。
ヒトラーは悪い人ですが、経済政策は良かったです。
ユダヤ虐殺はドイツ全体の責任です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

3.0絶対に降参しない。和平は結ばない。

2019年9月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

萌える

ヒトラー率いるドイツがヨーロッパを制圧する中、首相就任からダンケルクの戦いを経て、イギリスの確固たる立場を言葉として戦場に挙げるまで、チャーチル首相の数日を描く。

はっきり言って私は吹き替えでなければ観る気は無かっただろう。前半はかなりつまらないし、チャーチルは(失礼だと承知で語るが)だらしがないタヌキ似のじじいであるw

ゲイリー・オールドマンの魅力とダンケルクの戦い等の歴史を知らなければイギリスの立場上の話の為、正直つまらないと思います。
私もドイツのフランス進行、ダンケルクの件を知っているからこそ、楽しめました。

ホント、ドイツと和平を結んでいたらどうなっていたでしょうか?ゾッとします。

実話かは分かりませんがラストの地下鉄での国民との対話のシーン、子供の言葉に背中を押されるチャーチルの姿、そして演説をするビッグベンでの格好良さ(最近のビッグベン討論がカッコ悪く見える為更にw)が良い。

第二次世界大戦の中、イギリスの歴史の1ページだと思って観て頂ければ幸いです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
巫女雷男
「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」の作品トップへ