アウトレイジ 最終章

劇場公開日:

  • 予告編を見る
アウトレイジ 最終章

解説

北野武監督・主演で裏社会に生きる男たちの抗争を壮絶に描いたバイオレンス映画「アウトレイジ」シリーズの最終作。関東最大の暴力団組織・山王会と関西の雄・花菱会との抗争後、韓国に渡った大友は日本と韓国を牛耳るフィクサー、張会長のもとにいた。花菱会幹部の花田は取引のためやって来た韓国でトラブルを起こして張会長の手下を殺してしまい、張グループと花菱は緊張状態へと突入する。激怒した大友は日本に戻り、過去を清算する好期をうかがっていた。その頃、花菱会ではトップの座をめぐる幹部たちの暴走がはじまっていた。ビートたけし、西田敏行、塩見三省、白竜ら前作からの続投組に加え、大森南朋、ピエール瀧、岸部一徳、大杉漣、原田泰造、池内博之らが新たに参加。

2017年製作/104分/R15+/日本
配給:ワーナー・ブラザース映画、オフィス北野

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

DVD・ブルーレイ特集

特集

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2017「アウトレイジ 最終章」製作委員会

映画レビュー

4.0バイオレンス群像劇に引導を渡した北野武監督、新たな挑戦に期待

2017年9月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

興奮

北野武監督作では「アウトレイジ」が唯一の連作。第1作は続編を想定していない終わり方だったし、第2作も“完結”を謳っていた。ヒットに気をよくした配給からもう一本、もう一本と頼まれたのか、当初のさまざまな拷問や殺し方を見せるというコンセプトは2作目以降次第に薄れ、2大暴力団の抗争、さらに韓国勢力も加わって、話のスケールが大きくなりすぎた印象も。

とはいえ、ベテランから中堅まで演技派俳優たちによる啖呵の応酬はテンポが良く楽しめるし、義理人情に厚い古臭いヤクザ・大友のキャラクターも哀愁があり、失われゆく男の美学を漂わせる。北野監督による暴力映画の総括と位置づけられるかもしれない。

北野監督はどこへ向かうのか。「龍三と七人の子分たち」で見せたヤクザ者のコメディを発展させるのか。久しぶりにピュアで繊細なドラマも観てみたい。あるいはキュービズムを意識した実験的な路線を再開する可能性もあるだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 16 件)
高森 郁哉

4.5義を貫いた男の生き様

2022年4月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

怖い

本作は、アウトレイジ3部作の最終作である。前2作は未見だが、北野武監督作品は以前から観たかったので鑑賞したが、予想以上の作品だった。オープニングからエンディングに至るまで、作品に乱れがなく整然としていて、緊張感を保ちながら、物語が展開されていく。全編を通して、変わらぬクオリティの高さに圧倒される、和製バイオレンス映画の傑作だった。

主人公・大友(ビートたけし)は、日韓両国の裏社会を牛耳っている張会長(金田時男)の庇護を受け、韓国済州島で平穏な日々を過ごしてした。ある日、ホテル宿泊客である日本・花菱会の幹部・若田(ピエール瀧)はトラブルを引き起こし、張会長の部下を殺してしまう。この事件をきっかけに、花菱会と張会長グループは険悪な関係となり、大友は、花菱会に立向っていく・・・。

花菱会内部の権力闘争が凄まじい。誰が味方か誰が敵か分からない、欲と金に目が眩んだ男達の、虚々実々、血みどろの、正しく仁義なき闘いが繰り広げられる。かつて一時代を築いた昭和・任侠映画にあった義理人情は皆無である。ここは、悪党役が似合う芸達者なベテラン男優たちを揃えた群像劇になっているが、特に、西野若頭役の西田敏行の硬軟を取り混ぜた、縦横無尽の老獪さ、野村会長役の大杉蓮の虚勢を張った小心振り、花田役のピエール瀧の人の良い小悪党振りが際立っている。殺伐一辺倒になりがちな権力闘争が人間ドラマに仕上がっているのは彼らの人間臭いキャラの賜物であろう。

彼らの対極にいるのが、大友と手下の市川(大森南朋)である。二人は義を重んじ、子分を死に追いやった花菱会、張本人である花田を愚直なまでに徹底的に追い込んでいく。特徴的なのは、二人が銃撃シーンで躊躇なく無表情で発砲するところである。興奮も罪深さも全く感じられない無感情さ、が義を全うしようとする二人の想いを体現している。特に、サム・ペキンパー監督の“俺たちに明日は無い”を彷彿とさせる、ラスト近くの大銃撃戦、大激射戦における、死に取りつかれたような二人の生気の無い表情が秀逸である。

銃撃戦、虚々実々の権力闘争には圧倒されるが、本作には、全編を通して寂寥感が漂っている。昭和の残り香が感じられる。本作は、アウトレイジ3部作の最終作であるとともに、日本における仁義あるバイオレンス作品の終焉を予感させる作品である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
みかずき

3.5過去鑑賞

刺繍屋さん
2021年9月27日
iPhoneアプリから投稿

《一部一作目及びbeyondのネタバレが含まれています》

前ニ作で味のある登場人物が皆退場してしまったせいもありますが、起用する俳優さんも使い切ってしまった感があり、キャラクターとしてインパクトのある登場人物がおらず、前ニ作の出来が非常に良かっただけに、それと比べると面白味が多少欠けていたように思います。

前作はそれ程気になりませんでしたが、今回は間違いなく“全員悪人”ではなくなっているのも惜しいですよね。
殺し方も今までのような独自性が感じられませんでしたし…。

ラストシーンは嫌いじゃないですが、出来ればもっとすっきりした終わり方にして欲しかったです。

残念に思える点もないわけではありませんが、個人的には好きなシリーズである事には変わりないので、次は3作通して観てみたいと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
刺繍屋

4.0とても良い映画

oneloveさん
2021年7月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

前2作は観ておきましょう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
onelove
すべての映画レビューを見る(全252件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「アウトレイジ」シリーズ関連作品

他のユーザーは「アウトレイジ 最終章」以外にこんな作品をCheck-inしています。