劇場公開日 2017年10月7日

  • 予告編を見る

アウトレイジ 最終章のレビュー・感想・評価

3.3252
10%
48%
33%
7%
2%
採点

全252件中、1~20件目を表示

4.0バイオレンス群像劇に引導を渡した北野武監督、新たな挑戦に期待

2017年9月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

興奮

北野武監督作では「アウトレイジ」が唯一の連作。第1作は続編を想定していない終わり方だったし、第2作も“完結”を謳っていた。ヒットに気をよくした配給からもう一本、もう一本と頼まれたのか、当初のさまざまな拷問や殺し方を見せるというコンセプトは2作目以降次第に薄れ、2大暴力団の抗争、さらに韓国勢力も加わって、話のスケールが大きくなりすぎた印象も。

とはいえ、ベテランから中堅まで演技派俳優たちによる啖呵の応酬はテンポが良く楽しめるし、義理人情に厚い古臭いヤクザ・大友のキャラクターも哀愁があり、失われゆく男の美学を漂わせる。北野監督による暴力映画の総括と位置づけられるかもしれない。

北野監督はどこへ向かうのか。「龍三と七人の子分たち」で見せたヤクザ者のコメディを発展させるのか。久しぶりにピュアで繊細なドラマも観てみたい。あるいはキュービズムを意識した実験的な路線を再開する可能性もあるだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 16 件)
高森 郁哉

4.5義を貫いた男の生き様

2022年4月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

怖い

本作は、アウトレイジ3部作の最終作である。前2作は未見だが、北野武監督作品は以前から観たかったので鑑賞したが、予想以上の作品だった。オープニングからエンディングに至るまで、作品に乱れがなく整然としていて、緊張感を保ちながら、物語が展開されていく。全編を通して、変わらぬクオリティの高さに圧倒される、和製バイオレンス映画の傑作だった。

主人公・大友(ビートたけし)は、日韓両国の裏社会を牛耳っている張会長(金田時男)の庇護を受け、韓国済州島で平穏な日々を過ごしてした。ある日、ホテル宿泊客である日本・花菱会の幹部・若田(ピエール瀧)はトラブルを引き起こし、張会長の部下を殺してしまう。この事件をきっかけに、花菱会と張会長グループは険悪な関係となり、大友は、花菱会に立向っていく・・・。

花菱会内部の権力闘争が凄まじい。誰が味方か誰が敵か分からない、欲と金に目が眩んだ男達の、虚々実々、血みどろの、正しく仁義なき闘いが繰り広げられる。かつて一時代を築いた昭和・任侠映画にあった義理人情は皆無である。ここは、悪党役が似合う芸達者なベテラン男優たちを揃えた群像劇になっているが、特に、西野若頭役の西田敏行の硬軟を取り混ぜた、縦横無尽の老獪さ、野村会長役の大杉蓮の虚勢を張った小心振り、花田役のピエール瀧の人の良い小悪党振りが際立っている。殺伐一辺倒になりがちな権力闘争が人間ドラマに仕上がっているのは彼らの人間臭いキャラの賜物であろう。

彼らの対極にいるのが、大友と手下の市川(大森南朋)である。二人は義を重んじ、子分を死に追いやった花菱会、張本人である花田を愚直なまでに徹底的に追い込んでいく。特徴的なのは、二人が銃撃シーンで躊躇なく無表情で発砲するところである。興奮も罪深さも全く感じられない無感情さ、が義を全うしようとする二人の想いを体現している。特に、サム・ペキンパー監督の“俺たちに明日は無い”を彷彿とさせる、ラスト近くの大銃撃戦、大激射戦における、死に取りつかれたような二人の生気の無い表情が秀逸である。

銃撃戦、虚々実々の権力闘争には圧倒されるが、本作には、全編を通して寂寥感が漂っている。昭和の残り香が感じられる。本作は、アウトレイジ3部作の最終作であるとともに、日本における仁義あるバイオレンス作品の終焉を予感させる作品である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
みかずき

3.5過去鑑賞

刺繍屋さん
2021年9月27日
iPhoneアプリから投稿

《一部一作目及びbeyondのネタバレが含まれています》

前ニ作で味のある登場人物が皆退場してしまったせいもありますが、起用する俳優さんも使い切ってしまった感があり、キャラクターとしてインパクトのある登場人物がおらず、前ニ作の出来が非常に良かっただけに、それと比べると面白味が多少欠けていたように思います。

前作はそれ程気になりませんでしたが、今回は間違いなく“全員悪人”ではなくなっているのも惜しいですよね。
殺し方も今までのような独自性が感じられませんでしたし…。

ラストシーンは嫌いじゃないですが、出来ればもっとすっきりした終わり方にして欲しかったです。

残念に思える点もないわけではありませんが、個人的には好きなシリーズである事には変わりないので、次は3作通して観てみたいと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
刺繍屋

4.0とても良い映画

oneloveさん
2021年7月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

前2作は観ておきましょう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
onelove

4.5脳出血から復帰した塩見三省の芝居に感銘

2021年7月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
野川新栄

1.0前作からの落差が大きすぎる。

zippo228さん
2021年4月5日
iPhoneアプリから投稿

前作までの、北野映画とは思えない緻密さを醸した作風が、最終章になって突然陳腐になった。しかもその陳腐さというのが、良い意味での北野作品らしいという陳腐さでもなく、例えるなら連載末期のジャンプの漫画に見られるような、モチベーションの枯渇ぶりが見受けられた。
前作までの刑事片岡を演じた小日向文世の存在は大きく、片岡なき今はもう物語が続けられない状態だったとも思える。結局二大勢力の抗争という、前作の繰り返しをしただけだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
zippo228

3.5ちょっと不完全燃焼

2021年3月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

単純

興奮

アウトレイジシリーズ第3弾。
最終章ということで、期待に胸を膨らませ鑑賞。

面白かったです。
面白いんだけど、前作前々作にあった迫力とグロさが薄くなっているような気がして物足りなかった。

花菱会の花田(ピエール瀧)は取引のためにやってきた韓国でトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまう。それにより、花菱と張の間は緊張状態へと突入してしまう。

今まで同様、役者は相変わらずイキイキとしている。
加瀬亮のようなウザったらしい奴がいなくなったのはちょっと残念だが、代わりに大杉漣や大森南朋らが登場し塩見三省も大活躍。この胃もたれしそうなくらい豪華なキャストを見るだけでも十分楽しめる

今までと違っていい所はストーリー。
無駄な殺しや暴力は省き、雑さが無くなっている。
小難しい内容ではなくなり、割と分かりやすく純粋にアクションが楽しめた。

テンション爆アゲのシーンはもちろんある。
迫力満点の乱射シーンや毎度おなじみの面白殺人。
しかも今回は、ちょっとした騙しがあり驚いた。

ただ、その面白殺人の描写が無くキモさが無い。
なんだか柔らかくなっている。これがR15か?
もっと「うえっ」と思えるシーンが欲しかった。

最終章の割には呆気ない。
これでこのシリーズが終わってしまうのは解せぬ。
好きな映画だからこそ言わせてもらうが、3つの中では1番しょぼかったです。

面白いのは間違いないんだけど、思ってたんと違った。前作のビヨンドが面白すぎたからかな?ハードル上がってた

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
サプライズ

3.0尻すぼみが半端ない(笑)

2021年2月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

一作目の衝撃がやはり強すぎたのか、二作目に続き、今作もなんともパッとしない内容。

ビートたけしを始め、西田敏行もイイ人感があり凄みや緊張感があまり感じられず、途中でコントか?と感じてしまう(笑)

また老いが一作目よりも進んでいるためか、発言の内容が聞き取りにくい。

今見るとピエール瀧だけがやけにリアリティーあってこれも笑ってしまった(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ポップコーン男

2.0つまらぬ

2021年2月10日
iPhoneアプリから投稿

本連作は怒鳴り合いは愉しいが、変に複雑な説明台詞は終始面倒なのだ。
雑、と思う。
怪物西田の流石の奮闘も虚しい。
収穫は1の椎名桔平のみか。
原軍曹や東刑事だった武を想う。
これをつまらぬと言う使命をも感じる始末。
凡作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
きねまっきい

2.0なんだかなー。

Masamasaさん
2020年11月16日
スマートフォンから投稿

ストーリーが陳腐だし、台詞回しは不自然なところが多くて残念。
一作目はそれなりに楽しめたのですが、徐々に先細り。
役者さんたちはみんなおじいちゃんで、口が回らない上に、ベテラン俳優の皆さんの関西弁はどなたも中途半端で、全くヤクザに見えなくて聞いてられない。
ハイトーンでこの野郎って凄んでもちっとも迫力出ない役者さんが多数。ヤクザ映画として観れば良いのか、どう言う気持ちで観れば良かったのか分からずじまい。
西田さん1人大奮闘。流石の迫力でした。
たけちゃんに至っては、すでになんて言ってんのか分からんくらい滑舌悪くて泣けてきました。ずっと最後まで入り込めないまま終わりとても残念でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Masamasa

3.5どこまでも個性豊かなヤクザたち

みなさん
2020年11月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

興奮

ちゃんと完結させないと、という思いでなんとか作ったような印象、正直1、2作目ほど興味深くはなかった。でも男性俳優だったらみんなアウトレイジの続編出たいって思っただろうな。大杉漣さんがウザい役で悪態ついたり酷い目に遭ったりしてて、久しぶりに会えてよかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
みな

2.0だいぶ…

KEIさん
2020年9月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
KEI

4.0突然、起こる。

DEPO LABOさん
2020年6月2日
iPhoneアプリから投稿

・本田のでっかいサングラスは身を隠す為なのね(さすがにデカすぎじゃ。。と思ってたけど納得)

・全作そうだけどやっぱりオチのキレのよさがすごい

・何かが起きそうという予兆を一切見せないから身構えられない

・いきなりすごいことが起こる

・カメラワークとカット割りが本当にシンプル

・話が入り組んでるけど、カメラワークがシンプルだから有難い

・花菱のあの人がビヨンドから一気に老けたのが、あぁ...ってなる

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
DEPO LABO

3.5バイオレンスシーンは言うほどじゃない

2020年5月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

暴力団も地味になり、世の中もコンプライアンスが厳格化しかっての北野映画のバイオレンスシーンと比べるとちょっとぬるま湯。ただ役者たちも憧れる北野映画には日本を代表する名優たちはがっちり出演します。
現在vシネくらいしかヤクザ映画って定期的に撮られていない。そんななかアウトレイジは仁侠映画の金字塔じゃないでしょうか。北野作品も賞レース絡んでこないんだよね。東スポ映画大賞くらいしか(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
トシくん

3.0このやろー!このヤロー!この野郎‼️

2020年4月28日
iPhoneアプリから投稿

 女性の登場一切なく(ご商売の方はいらしたけど)北野映画ならではのイタイ場面もあって、これぞバイオレンス映画。
ちょっとホテルでの銃乱射はやりすぎな気はしたが、、、「このヤロー」があまりにも連発しすぎでギャグかいっ!て少し可笑しかった💦
大友のラストがあっけなくて驚き。でも大友なりの美学というか仁義らしいし、死を引っ張らない北野映画らしい。
 大杉さんももういない。オフィス北野でもなくなってしまった今、たけしはもう映画撮らないんですかね😔北野映画好きなので(芸人としても画家としても)寂しいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
アンディぴっと

4.0三部作の最終作。もうこのメンバーでの続編は無理。

Yohiさん
2020年3月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ヤクザ映画は大好きだが、アウトレイジの1と2は何度見返したかわからないほど(好きなシーンだけだが)。今回の作品ではピクニックの場面が良かった。出演者が皆本当に歳をとった。ここまで老人になるとヤクザっぽい凄みは消えていく(もちろんそうではない役者も少しは残っているが)。もうこのメンバーでの続編は無理だろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Yohi

3.0三作見終えて

猫柴さん
2020年3月18日
iPhoneアプリから投稿

一作目は親分ふたりに笑いがあって(歯医者に襲撃のあととか)好きだったなー
二作目は大友が枯れてて、引退したがってたのに
火がつくと誰よりも凶暴に変貌するところがすき
三作目は大森南朋との釣りのシーンは北野ブルーがかんじられて良い。
まぁなんだかんだと一作目が好きだったなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
猫柴

2.5『エピゴーネンと呼ばれても仕方のない凡作』

2020年1月13日
PCから投稿

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
瀬雨伊府 琴

0.5脱力暴力

2019年11月22日
PCから投稿

少し笑いも含まれます、最低ですが

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

3.0みんなヤクザの顔になる

2019年11月10日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

韓国に逃げていた大友(ビートたけし)は、仲間を日本のヤクザ(ピエール瀧)に殺され、復讐のため日本に戻る。
日本では花菱会の権力闘争が起きていた。
ストーリーは単純だけど、みんながヤクザになりきっているので、少し可笑しくて楽しめる。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
いやよセブン
「アウトレイジ 最終章」の作品トップへ