海賊とよばれた男

劇場公開日:

解説

2013年度本屋大賞第1位を獲得した百田尚樹の同名ベストセラー小説を、同じく百田原作の「永遠の0」を大ヒットさせた岡田准一主演×山崎貴監督のタッグで映画化。出光興産創業者の出光佐三氏をモデルにしたといわれる主人公・国岡鐵造を岡田が演じ、吉岡秀隆、染谷将太、綾瀬はるか、堤真一ら豪華キャストが共演する。主要燃料が石炭だった当時から、石油の将来性を見抜いていた国岡鐡造は、北九州の門司で石油業に乗り出すが、国内の販売業者や欧米の石油メジャーなど、様々な壁が立ちふさがる。それでもあきらめない鐡造は、型破りな発想と行動で自らの進む道を切り開いていく。やがて石油メジャーに敵視された鐡造は、石油輸入ルートを封じられてしまうが、唯一保有する巨大タンカー「日承丸」を秘密裏にイランに派遣するという大胆な行動に出る。それは当時のイランを牛耳るイギリスを敵に回す行為だったが……。

2016年製作/145分/G/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第40回 日本アカデミー賞(2017年)

ノミネート

優秀主演男優賞 岡田准一
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2016「海賊とよばれた男」製作委員会 (C)百田尚樹/講談社

映画レビュー

3.5男だらけの映画に演技派結集 その中で紅二点…綾瀬はるかと黒木華の存在感無視できず

2021年3月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

「永遠の0」を大ヒットに導いた岡田准一主演×山崎貴監督が再びタッグを組み、百田尚樹氏のベストセラー小説を映画化。出光興産創業者の出光佐三氏をモデルにしたといわれる主人公の国岡鐵造を岡田が演じているわけだが、妙な説得力があり座長としての存在感が際立っている。

それにしても、男だらけの映画。山崎監督はこのあと「アルキメデスの大戦」でさらに強烈な男映画を撮っているが、今作でも吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、光石研、堤真一、國村隼、小林薫と芸達者な面々を揃えている。そんななか、綾瀬はるかと黒木華の存在感を見逃すことも出来ない。フィクションではあるが、限りなく史実に基づいていることからも先人たちの懸命な生き様に感服させられる。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
大塚史貴

4.5激動の時代を駆け抜けた男達の熱情物語

2022年8月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

興奮

さすが。永遠の0と同じ、主演・岡田准一、監督・山崎貴、原作・百田尚樹、という顔ぶれが、期待以上の感動作を生み出してくれた。

本作は、日本の戦前、戦中、戦後を通して、石油産業の発展に人生を賭けた国岡商店店主・国岡鐵造の半生を壮大なスケールで描いているが、単なる半生記ではない。日本の昭和史、石油産業史を踏まえた、飽きることのない起伏に富んだストーリー展開と多彩な登場人物で、硬派な骨太群像劇に仕上がっている。特に、主人公達が、海外大企業に技術力と団結力で対抗していくシーンは、自動車、電機などの日本メーカが、戦後歩んできた道程そのものであり、セミドキュメンタリーを観ているようである。

戦前、戦中、主人公は、海外大企業との闘いに苦戦しながらも、社員一丸となった団結力と技術力で、徐々に石油ビジネスを拡大していく。しかし、終戦を迎え大きな岐路に立たされる。それでも彼は、熱い想いと不屈の闘志で、旧日本軍が備蓄していた不純物だらけの石油を汲み出すビジネスを起点に再生していく。そして、国岡商店は、度重なる海外大企業の妨害を受けながらも、戦後の日本復興と呼応するように、日本を代表する企業に成長していく。

どんな苦境でも決して諦めない主人公・岡田准一の熱く迫力満点の演技は画面から迸るようであり、泣かせる台詞、格好良い台詞が満載で、胸が熱くなりっ放しだった。

そんな岡田准一を盛り立てていたのは、脇を固める主役級を揃えた個性豊かな豪華な俳優陣である。特に、主要メンバーが国岡商店に入社志願するシーンは、設定は異なるが、七人の侍を彷彿とさせるものがあり、彼らは、予想通り主人公の夢を実現するサムライになっていく。更に、敵役の國村隼の存在感は出色だった。見た目は紳士的で温厚な雰囲気なので、主人公への辛辣で意地悪この上ない台詞が、より一層憎々しかった。そんな彼が、純国産企業に拘る主人公を気遣うシーンには、日本人としての連帯感があり、図らずも感動してしまった。このシーンで、本作の助演男優賞は彼に決まりだと得心した。

見どころが多い本作の中でも、最も印象的だったのは、石油塗れになりながら、必死にバケツで石油を汲み出す国岡商店の人達の姿である。彼らの汲み出した石油の一滴一滴は、正しく大河の一滴であり、それは、やがて大きなうねりとなり、ついには、戦後の日本復興という大河となって現在に至っていると思うと涙が止まらなかった。

コメントする (0件)
共感した! 10件)
みかずき

3.0重厚なナレーション付けてドキュメンタリーにしたら

2022年8月15日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
saitofj

4.5気骨の男気ビジネス

2022年8月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

岡田准一熱演‼️
ロマン溢れるストーリーは傑作でした。
とても良かったです。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
tuna
すべての映画レビューを見る(全357件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る