神木隆之介×有村架純「フォルトゥナの瞳」新予告で「ONE OK ROCK」主題歌お披露目

2018年12月4日 12:00

死の運命を知ってしまった恋人たちの結末は?
死の運命を知ってしまった恋人たちの結末は?

[映画.com ニュース] 神木隆之介主演、有村架純共演で百田尚樹氏の恋愛小説を映画化する「フォルトゥナの瞳」の主題歌が、ロックバンド「ONE OK ROCK」の「In the Stars(feat. Kiiara)」に決定した。あわせて、切ない楽曲に彩られた新予告映像(https://youtu.be/reHNOPa57aY)がお披露目された。

永遠の0」「海賊とよばれた男」など数々の話題作を手掛けてきた百田氏の原作を、「青空エール」「坂道のアポロン」で知られる三木孝浩監督のメガホンで映画化。死が迫っている人の姿が透けて見える能力“フォルトゥナの瞳”を持つ青年・木山慎一郎(神木)と、恋人・桐生葵(有村)の運命を描く。

主題歌を担当するのは、若い世代から圧倒的な支持を集め、ワールドツアーを成功させるなど世界でも注目が高まっている「ONE OK ROCK」。バンドの経歴の中でも稀有なバラード作品で、2019年2月13日に発売されるニューアルバム「Eye of the Storm」収録の「In the Stars(feat. Kiiara)」は、女性アーティスト・Kiiaraとコラボレーションし、美しいハーモニーが印象的な楽曲となっている。

画像2

主題歌について、バンドメンバーと交流があると語る神木は「初めて聞いた時は涙が出ました。この映画に一段と色を付けてくれるような楽曲です」と絶賛。三木監督は「この広い宇宙の片隅で、健気に愛を育む慎一郎と葵。その2人の愛を優しく照らす灯火のように聞こえて、心震えました。映画を見た人の心に、この歌がいつまでも鳴り響いて、それぞれの胸の内にある誰かを思う大切な気持ちにも、きっと光を届けてくれると思います」と、メッセージを残している。

予告映像には、慎一郎と葵が出会い、やがて恋人同士となって過ごす幸せな日々を鮮やかに描出。しかし、2人が未来を誓った矢先に、慎一郎は葵の体が透けていることに気付く。しっとりとしたバラードの響きとともに、フォルトゥナの瞳が見せる死の運命に苦悩しながらも、愛する人を守ろうとする慎一郎の姿がとらえられている。

フォルトゥナの瞳」には、志尊淳、DAIGO、松井愛莉斉藤由貴時任三郎も出演。19年2月15日から全国で公開される。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース