3月のライオン 前編

劇場公開日:

3月のライオン 前編

解説

羽海野チカの大ヒットコミックを、「るろうに剣心」シリーズの大友啓史監督&「バクマン。」「君の名は。」の神木隆之介主演で実写映画化する2部作の前編。幼い頃に交通事故で両親と妹を亡くし、父の友人である棋士・幸田に引き取られた桐山零。深い孤独を抱えながらすがりつくように将棋を指し続けてきた零は、中学生でプロ棋士の道を歩みはじめる。しかしある事情から幸田家での居場所を失い、東京の下町でひとり寂しく暮らしていた。そんなある日、和菓子屋を営む川本家の三姉妹と知り合った零は、彼女たちとの賑やかで温かい食卓に自分の居場所を見出していく。零のライバルで親友の棋士・二海堂晴信役を染谷将太が特殊メイクで演じるほか、有村架純、佐々木蔵之介、加瀬亮ら豪華キャストが結集。

2017年製作/138分/G/日本
配給:東宝、アスミック・エース

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18

(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

映画レビュー

4.0将棋の魅力を伝える点では「聖の青春」を超えた

2017年3月17日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

楽しい

興奮

将棋映画の波が来ているのだろうか。一見地味に思える将棋盤に向き合っての勝負が、意外とスクリーン映えすることを作り手が再認識しているのかもしれない。

松山ケンイチ主演の「聖の青春」が昨年11月に公開され、半年もたたないうちに本作。ただ、こちらは前後編二部作のため尺に比較的余裕があるという強みから、盤上のスリリングな勝負を割と丁寧に描いている。基本的な駒の動かし方を知っている程度の観客でも、差し手の妙味がなんとなくわかって楽しめるはず。

対戦中に棋士たちの心の声を流す演出も、原作コミックを踏襲しているとはいえ効果的。中継を見ている人たちの解説も加わって、勝負の面白さを一般観客向けにわかりやすく伝えようとする工夫が感じられて嬉しい。

ひなた役の清原果耶は、「あさが来た」の頃から急に成長した印象。出演作品が一気に増えそうな好演だった。

コメントする 1件)
共感した! 7件)
高森 郁哉

3.5豪華キャストが個性的

2022年10月30日
iPhoneアプリから投稿

前編はとにかくこの物語の登場人物が効率よく出てきた。
それぞれのエピソードから感じるそのキャラクターが豪華な俳優たちに表現されてとても面白い。
原作の漫画は読んだことないが、加瀬亮、染谷将太、伊藤英明など棋士たちの演技が見応えあった。
この後の神木君の成長が楽しみな終わり方だった

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ニョロ

4.5めちゃ豪華な俳優陣で、期待通りの出来栄え

2021年12月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

原作が羽海野チカ、監督が大友啓史、脚本が岩下悠子、渡部亮平、大友監督。出演が神木隆之介、有村架純、倉科カナ、染谷将太、清原華那、佐々木蔵之介、加瀬亮。豊川悦司、伊藤英明。髙橋一生、新津ちせ。

改めて今こう書いてみると、めちゃ豪華な俳優陣。

原作漫画と言うか、羽海野チカさんの大ファンであり、期待大で視聴。ただ、漫画では冷たい陰のある美貌の幸田香子役が有村架純で、かなりガッカリ。ただ映画を見終わってみれば、彼女なりの香子を造形していた。

神木隆之助による桐山零(史上5人目の中学生棋士)は、原作のイメージそのままというか、それ以上のリアリティで家族を亡くした孤独な天才高校生棋士を演じ、素晴らしかった。

佐々木蔵之介も、胃痛持ちのA級棋士島田開八段をまさに体現。染谷は役柄通りブクブクの体型で将棋への情熱を迸らせ、役者魂が全開。

清原はあくまで可愛いく、加瀬、豊川、伊藤も各々個性的な棋士像を見事に造形。

原作ものの実写化はガッカリすることも多いが、期待通りの出来栄えであった。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
Kazu Ann

2.0いまさらだけど

2021年10月7日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

”映像化”という意味なら合格。
”映画化”と考えれば落第。

原作ファンのためずっと避けてきた1本。
最新刊を読んだ勢いで見てしまったけど、
これ後編も見なきゃなのかな…と暗い気持ちになりました。

以下、原作ファンとしての個人的な見解になります。

まずマンガと映画では媒体としての特性が全く異なるので
原作(マンガ)のどこに映画的なクオリティをもたせるかが重要です。

限られた尺に収めるため、どうしても原作の良さはスポイルされてしまう。
だから取捨選択が必須になるわけだけど、その結果が非常によろしくない。
つまり本作で”主人公・零くんの成長”をテーマにしてしまったことがそもそも失敗だと思うのです。

個人的に原作の良さは根本的に悪人がいないことであって、
姉の香子ですら人間的な葛藤の発露があの”いじめ”であり、
本質的な悪人ではなかったことのはず。

それを表現するのが特に食事のシーンだったと思うんだけど、なぜかそこは全カット。
食事または食べ物が魅力的であることが、日常のささやかな幸せであったり
その人の人間性を象徴するのが原作の魅力だと感じていただけに、そこは大いに不満が残りました。

誰にとってもままならない人生を生き抜くために、誰かと支え合うこと。
そんな人たちと試練や災難をのりこえ、昨日よりちょっと良いと思える明日をつくること。
そんな人生賛歌、人間賛歌こそが原作だっただけに、
その原作の解釈を通した映画だからこその深みや深掘り、あるいは別視点の提示など
なぜわざわざ映画にしたのか?という意義を示せない、浅い作品だと感じてしまった。

邦画全般に言えることだけど、俳優を見せたいだけなら映画でなくても良いはず。
人気のマンガを原作にしました。旬の俳優がずらりと出てます。
なんとなく”映画”のフォーマットに乗せて形を整えただけのこういうものを、映画と呼んでいいのだろうか?

コメントする (0件)
共感した! 2件)
mar
すべての映画レビューを見る(全283件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「3月のライオン」シリーズ関連作品