3月のライオン 前編のレビュー・感想・評価

3月のライオン 前編

劇場公開日 2017年3月18日
240件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

将棋の魅力を伝える点では「聖の青春」を超えた

将棋映画の波が来ているのだろうか。一見地味に思える将棋盤に向き合っての勝負が、意外とスクリーン映えすることを作り手が再認識しているのかもしれない。

松山ケンイチ主演の「聖の青春」が昨年11月に公開され、半年もたたないうちに本作。ただ、こちらは前後編二部作のため尺に比較的余裕があるという強みから、盤上のスリリングな勝負を割と丁寧に描いている。基本的な駒の動かし方を知っている程度の観客でも、差し手の妙味がなんとなくわかって楽しめるはず。

対戦中に棋士たちの心の声を流す演出も、原作コミックを踏襲しているとはいえ効果的。中継を見ている人たちの解説も加わって、勝負の面白さを一般観客向けにわかりやすく伝えようとする工夫が感じられて嬉しい。

ひなた役の清原果耶は、「あさが来た」の頃から急に成長した印象。出演作品が一気に増えそうな好演だった。

AuVis
AuVisさん / 2017年3月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

原作を知らないけど

見始めて直ぐに引き込まれた。なんて事は無い映画なのかも知れないけど、作品全体に溢れる愛情から、目が離せなくなっていた

おのもん
おのもんさん / 2018年10月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

静かな格闘技

息苦しいほどの静けさの中で、将棋盤に駒を打つ音だけが響きる攻防戦。

自分は将棋もやらないし、原作も読んだことはありませんが、対局の緊迫感や臨場感は、よく伝わってきました。

また、棋士の世界の厳しい現実と勝者の苦しみも神木君の演技が物語っていました。
脇を固める伊藤、豊川、加瀬、佐々木、染谷そして、小悪魔的な新たな境地に挑んだ有村架純とそれぞれの登場人物の個性にぴったりあったキャスティングで、引き込まれます。

染谷君の特殊メークはなかなかでした。
後編は加瀬さんとの対局になるみたいですね。楽しみです。

bunmei21
bunmei21さん / 2018年9月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

思ったより良かった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作ファンなので、正直不安はあったが、雰囲気やキャストが良かった。
特に心配してた香子が、思ったより良かった。
残念なのが宗谷名人かな、全然原作とは違う。

ただ話は原作読んでないと、ちょっと置いてかれる感があるかも。

キクさん
キクさんさん / 2018年9月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

世界観に入り込めた ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

・独特な世界観だけど、すんなり入り込めた
・勝負のシーンも緊迫していて良かった
・シリアスな有村さんも素敵
・倉科さん天使
・ストーリーも良かった

不知火 氷河
不知火 氷河さん / 2018年8月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キャストさんの演技が素晴らしい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

⤴キャストさんの演技が光ってました
⤴有村架純さんの新たな魅力にうっとり
⤴主人公の成長ストーリーも良かった

いのくん
いのくんさん / 2018年8月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作は人間関係と個人の背景描写が中心の作品だけれども、映画では将棋のバトルのところを中心にしてほしかった。

ほぼ原作通りだった。どこまでかというと、ちょっとはみ出すけれど、原作だと6巻くらいまで、ちょっと足りないけれどアニメだと第一部最終回ぐらいまでだった。

とばすところはとばして、ふくらませるところはふくらまして、短くエッセンスだけを表現しているところや、前後させるところもあって、よくまとまっていた。

キャラクターも原作のイメージに近い人が多くてよかったと思う。

でも染谷将太さんの特殊メイク二階堂はやりすぎかな?

『聖の青春』の松山ケンイチさんみたいに頑張って体重を増やすか、無名でも、そのままで見た目が合っている人の方がよかった気がした。

あと佐々木蔵之介さんの島田はいいのだけれど、多少髪の毛薄くしてハゲネタやってほしかった。

内容的には女の人が原作だから、将棋の戦いというよりも人間関係と個人の背景描写が中心で、どことなく『海街diary』に近い感じの作品。

将棋のバトル中心のところは原作にはほとんどなく、しかたがないのでこの映画では役者さんの表情で表現していた。

それはそれなりによかったのだけれど、個人的には原作からはみ出して派手にやってほしかった。

特に新人王戦のところはボクシングマンガ『はじめの一歩』の東日本新人王戦と同じような設定なので、いろんな人との対戦や必殺技の応酬みたいなバトルが見たかった。

あとマンガやアニメと違い実写なので、別居している義理の姉さんが有村架純さんで日常的に絡んできたりアパートに泊りにきたり、赤の他人の倉科カナさんの家で食事をさせてもらったり泊まっていったりできるのは、ちょっとおかしいような気がした。

作り話で、別に何をするわけでないけれど、うらやましすぎるでしょう?

さらにやっかみで言わしてもらえば、主人公の桐山が将棋のエリートプロではなく、ただのフリーターだったら同じような感じになるのかな?と思うとかなりゲスい感じもした。

Push6700
Push6700さん / 2018年6月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

将棋物、おもしろいやん。

将棋のルールはわからないし、原作漫画も読んでいません。
だけど、松山ケンイチさんの「聖の青春」がとてもよかったので。こちらも観てみました。

主人公・零は自分が対局に勝つことで、相手が何かを失うことを憂いてしまう。優しくて繊細な心の持ち主なんだな。
最初はなんだかもっさりしてて、ちょっとイラッと来たんですが。
「みんな俺のせいか!俺には将棋しかねえんだよ!」は、その心の空洞が見えた瞬間。

対局中は孤独でも、その背中を応援してくれている人がいることを。零もわかって来たんでしょう。それが成長。
高校の担任の「自分を叩きのめした相手は、最高の教科書なんだよ」っていうのがガッツポーズ。ここで零の動きが、生まれましたね。単位なんか気にするなー、ってね(笑)。

個人的には。え、蔵之介さまこんなに出番があったのか!。しまったー。むちゃくちゃ渋かった。もう山形出身にしか見えませんでした。こんな棋士、いそう。

豪華な配役に圧倒された前編でした。

fukui42
fukui42さん / 2018年6月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

生きるために指す

生きるために将棋を指し、強くならなければならなかった。
でもそのことで多くのものも失った。
だけど指し続けなきゃならない。
その頂点に立ち続ける宗谷に零は勝てるのか?

上みちる
上みちるさん / 2018年6月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

予想外に

テレビでやってたので
何となーく観てたんですけど
予想外に面白くて釘付けになりました!

もっち
もっちさん / 2018年5月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

将棋人気

主人公(神木隆之介)は子供のころ、両親と妹を交通事故で失い、父の友人に引き取られる。
養父はプロ棋士で二人の子供もプロを目指していた。
主人公はメキメキと実力をつけ、二人を追い越してしまう。
独りぼっちとなった子供が捨てられないように、大人に媚を売るのは切ない。
将棋の対局シーンはよく出来ていて、基本的に「静」の映像をダイナミックに見せてくれる。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2018年5月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作未読でも泣けた

前半駆け足な気もするが、将棋しかないのに将棋で周りが不幸になるという孤独を抱える主人公にだんだんハマっていき泣けるところまで持っていかれた。
零の成長記としても楽しめる。
1対1の勝ち負けで生きる世界のきびしさ、負けても這い上がる気持ちの強さを持つ者だけが生きられる修羅の世界を思わせる日本将棋連盟協力作品。
将棋を知らなくてもドキドキしたので、知っていたらもっと楽しそう。
後編も気になる。
有村架純ちゃんのおっぱいが気になってしょうがない。
倉科カナが可愛い。
二階堂は村山聖がモデルとわかったが、染谷将太とは気づかず。
伊藤英明が棋士てのはさすがに無理があるような。
時間の関係で猫の出番が少ないの致し方なし。
原作を読みたい、アニメを見たいと思わせる良作。
友達がいる事、応援してくれる人がいる事の大事さを感じた。
和菓子のモグモグタイム面白い

e
eさん / 2018年5月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

普通

加瀬亮のセリフ少なっ!

ボケ山田ひろし
ボケ山田ひろしさん / 2018年4月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちょっと将棋のシーンが長くて 眠たくなったけど、有村架純の清純なイ...

ちょっと将棋のシーンが長くて
眠たくなったけど、有村架純の清純なイメージを覆して良かった

m1n@
m1n@さん / 2018年4月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

将棋を知らない愚かさ

知っていたら最高に楽しめただろうに‥自分の無知さに肩を落とす。自分のことで精一杯、周りが見えず、被害妄想が激しい。でもよく見れば、マニアックな先生や、二階堂、姉妹たちなど、自分を応援してくれている人はいる。主人公の未熟さをよく描いていた。原作が漫画ということを差し置いて、それを知らなくも楽しめた。

いつこ
いつこさん / 2018年3月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最高に面白い!

不遇の人生を送り、引っ込み思案な性格から倦厭され、生きていくために仕方がなく身につけた技術が妬まれ、憎まれ、疎まれ。
そんな不幸のどん底にいる桐山だけど、努力、友情、勝利といったジャンプの三大要素で人生に灯をともしていく。

もう、最高じゃないですか!!ムチャクチャ面白い!

デブの友達二階堂は、はじめだれかわからなくて「すごい役者がいるもんだな〜」とか感心していたら、染谷将太だったんだね。気がつかなかった。ビックリ!

この監督の作品は、るろうに剣心はイマイチでしたが、ミュージアムはかなり面白かった。

サケビオース
サケビオースさん / 2018年1月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

神木君は良かったと思う

雑誌連載開始時からの原作ファン。再現度の高さや神木君の熱演は楽しめたものの、エピソードの取捨選択や前編の区切り方は、モヤモヤするところがあり、いまひとつ乗り切れなかった。欲張りすぎたかな。

なお
なおさん / 2018年1月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

楽しめなかった

原作読んでないからかもしれないが、観てて楽しくなかった。先が想像できてしまう感じ…

チャッピー
チャッピーさん / 2017年12月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見応え十分

前後編を一緒に観てしまおうなどと思っていたら、
意外に早く劇場公開が終了してしまった。
あまり出来が良くなかった?と思っていたが、
ネットレンタルしようとしたら結構人気のようだ。
結局、ネットでもまとめてのレンタルはできず、まずは前篇。

とにかく、神木君がはまってる。
映画の学生役というとおっさんばかりで違和感ありまくりなのでが、
それは全くなし!
複雑な環境下で育った天才高校生を見事に演じでいる。
舞台は将棋界だが、スポーツなどどの世界にも通じる話だ。
尤も、スポーツなどよりはるかに繊細で奥深い世界で、
彼の苦悩と時折見せる喜びが心に沁みる。

近所の家族やライバルなど、取り巻く人たちも見事だ。
特に、有村架純はいい意味で想定外だった。
こういう屈折した感じが彼女の本質なのかも。

前篇としては、これ以上なく満足。
後篇への期待は膨らむばかり。

みみず
みみずさん / 2017年12月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

期待してなかったが

原作は見ていないが、おもいのほか良かった。
安定の神木の演技にそれをとりまく合格共演陣。あまりとっつきにくい将棋の話のせいか興行的には失敗してしまったけど長い割には面白かった。しかし大友監督は作品ごとに違う題材を撮り続けているのですごい。
あと、有村架純のいつもとは真逆の演技良かったです

しゅんすけ13
しゅんすけ13さん / 2017年12月3日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

240件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi