ブラック・スキャンダル

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ブラック・スキャンダル
ブラック・スキャンダル
5%
41%
44%
8%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ジョニー・デップがFBI史上最高の懸賞金をかけられた実在の凶悪犯ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャーを演じたクライムドラマ。1970年代、サウス・ボストン。FBI捜査官コナリーはアイルランド系マフィアのボスであるホワイティに、共通の敵であるイタリア系マフィアを協力して排除しようと持ちかける。しかし歯止めのきかなくなったホワイティは法の網をかいくぐって絶大な権力を握るようになり、ボストンで最も危険なギャングへとのし上がっていく。これまでも作品ごとに全く異なる顔を見せてきたデップが、本作では薄毛オールバックに革ジャン姿で冷酷なギャングを怪演。共演にも「華麗なるギャツビー」のジョエル・エドガートン、「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のベネディクト・カンバーバッチら豪華キャストがそろう。監督は「クレイジー・ハート」「ファーナス 訣別の朝」のスコット・クーパー。

2015年製作/123分/R15+/アメリカ
原題:Black Mass
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 発狂する唇
  • 霊的ボリシェヴィキ
  • ジェーン・ドウの解剖
  • エンド・オブ・トンネル
  • ブリムストーン
  • アルカディア
  • トレジャーハンター・クミコ
  • ジュピターズ・ムーン
  • オッズ
  • ブルー・マインド
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., CCP BLACK MASS FILM HOLDINGS, LLC, RATPAC ENTERTAINMENT, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

映画レビュー

2.5こういうジョニー久しぶり

UNEmiさん
2020年11月22日
PCから投稿

目線ひとつでゾクッとさせられる、こういうジョニーやっぱり好き。

だけど……ちょっと眠い。

単調すぎたのかなぁ。
編集のせいかなぁ。
役者たちはそれぞれいいんだけど。

設定は面白いのに、ずっとトーンをおさえめにしてるせいか、いまいち入り込めず。
仕事終わりで夜中に見るならオデッセイにしておくべきだったかな。
それにしても、兄がギャングのボスなのわかってるのに弟が上院議員になれるってすごいな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
UNEmi

4.5実際に起きたFBI史上最大の汚職事件

ジミーさん
2020年10月13日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

を元に作られた映画。本作の内容ほぼ全てが実話だという事に衝撃を受けました。リアリティある部分が面白く観てられました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ジミー

3.0巾を広げた怪演

白波さん
2020年7月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

2016年2月鑑賞
実は監督としてのスコット・クーパーは初めてなんです。
ただ「クレイジーハート」が評判良かったような記憶があったので、そういった面でもちょっと楽しみでした。
まずその豪華なキャストもそうですが、何よりデップのビジュアルでしょう。
テリーギリアムの「ラスベガス」以来でしょうか?ハゲています。
今回も抜いたのかなぁ、怖いなぁ…とか余計な心配をしてしまいます。
本作はビン・ラディンに次ぐ重要指名手配犯とされた、実在のギャングの半生を描いたクライムムービー。
キービジュアルにあるように3人の思惑が絡み合って物語は進みます。
とにかくデップが凄い。冷徹なギャングを見事に演じ切っています。
今迄と明らかに空気の違うその様は怪演と言っていいでしょう。
作品はドキュメントを意識しているのか結構淡々とした作りなのですが、これが逆に良い緊張感が出ていました。デップの怖さが引き立つんですね。
ただ演出面、特に音楽の入れ方がベタすぎて、次の展開が見えてしまうのは残念でした。
またドキュメント寄りにした為か物語は平坦なんですね。
でもエンターテイメントに寄せないその作りは、とても丁寧で好感がもてます。
同じデップ主演のクライムムービー(こちらも実話ベース)、テッドデミの「ブロウ」とは逆ですね。
でもこれも良い作品ですので、その演技を比べながら観るのも面白いと思います。
そんな本作の魅力はなんといってもデップの密な演技でしょう。
後半は特にデップ中心に話が進むので、ファンには特に見所が多いと思います。
彼の役者の巾を広げた怪演だけでも、実に観る価値があると思いますよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
白波

3.0なんやかんやで見てしまう

marさん
2020年7月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

金銭欲とか出世欲とか、強欲さが身を滅ぼすって話かと思えばそうではなく。
固い絆と熱い裏切りを描くかと思えばそうでもなく。

エンタメ性の高い題材をクールにまとめようとしたら、素っ気なくなっちゃいました。みたいな。

生い立ちとか上院議員の絡みとか、もっと面白くもできたと思うけど、そこは「あえて」なんでしょうねえ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
mar
すべての映画レビューを見る(全161件)