インディーズ映画の若き女王・小川紗良が見据える“これから” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月4日 > インディーズ映画の若き女王・小川紗良が見据える“これから”
メニュー

インディーズ映画の若き女王・小川紗良が見据える“これから”

2018年10月4日 15:00

進境著しい小川紗良「愛と、酒場と、音楽と」

進境著しい小川紗良
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優で監督の小川紗良の躍進が止まらない。監督2作目となる「BEATOPIA」がコンピレーション映画「愛と、酒場と、音楽と」の1編として渋谷・ユーロスペースで公開中、さらに監督3作目となる短編「最期の星」は第40回ぴあフィルムフェスティバルのコンペティション「PFFアワード」に選出。また、女優としても日本テレビ系の深夜ドラマ「ブラックスキャンダル」に重要な役どころとしてレギュラー出演中だ。文筆業にも取り組み、水道橋博士からは「和製ジョディ・フォスター」と称された小川がいま何を思っているのか話を聞いた。

意志の強そうな黒目がちの瞳は一点を見据え、穏やかな口調で淀みなく話す小川は現役の早稲田大学生。「万引き家族」がカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した是枝裕和監督は同大の基幹理工学部表現工学科で教授を務めており、その元で学んでいる。

「是枝さんのゼミに入っているわけではないんです。1年生の頃に、大きな講堂で是枝さんが講演をされていて、その後に質問しに行ったんです。そうしたら、『映画を作るこういう授業もあるよ』と声をかけてくださいました。それからずっともぐり続け、3年生でやっと授業が取れました。もう4年間、お世話になっています」

是枝監督の薫陶を受けてきたのだから、多くの財産を得たことは想像に難くない。撮影現場を見学した際、是枝監督の姿が特に印象にあるといい「是枝さんって、撮影現場で起こることを一番大切にされるじゃないですか。そのあり方が凄く良いなと思いました。いつも現場の空気を大切にしているっておっしゃっています。そのことは、監督としても役者としても、大きく影響を受けています。立派な監督さんなのに、スタッフが全員横並びというか、みんなの力を吸い上げて作りたいって……、それって素敵ですし理想ですよね」と笑みを浮かべる。


画像2

[拡大画像]

演出する側とされる側、両方を知る小川だからこそ悩みは尽きない。どうやってバランスを取っているのか聞いてみると、「いまも模索中です。役者の視点と監督の視点って、同じ熱量であっても全然違うもの。私の場合、監督作を撮り終えた直後に役者のお仕事が入ったりすると、どうしても監督としての考えが強くなって、どうしても客観視してしまうことがありました。これからの私にとっての鍛錬ですね」と話す姿は、どこまでも瑞々しい。

また、ドラマ「ブラックスキャンダル」では、若手女優の小嶋夏恋に扮している。連ドラにレギュラー出演するのは、「地獄先生ぬ~べ~」以来4年ぶり2度目。それだけに現場で目の当たりにすることは貪欲に吸収しているようで、「映画とはスピードが思い切り違います。リハの回数も多いし、カット割も。ドラマにレギュラーで出るのは2度目なんですが、今回のようにしっかりとした役がいただけて、きちんと自分の立ち位置があって、セリフもある。それだけで嬉しい! 頑張ろう! という気持ちになれます」と強い意欲をうかがわせる。

そして、これからの1年間を更に実り多き日々にするために、見据える目標は大きい。

「女優として目指すのは、朝ドラです。一番やりたいことって、結局のところわたしは映画なんです。でも、私自身が朝ドラを見て育ってきましたし、田舎のおじいちゃんとおばあちゃんは毎日見ていますから。やっぱり特別なんですよね」

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi