METライブビューイング2014-15 ロッシーニ「湖上の美人」

劇場公開日

METライブビューイング2014-15 ロッシーニ「湖上の美人」
0%
100%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(MET)で上演されるオペラを映画館で堪能できる人気シリーズ「METライブビューイング」の2014~15シーズン第9作。MET初演となるロッシーニ円熟期の傑作オペラ「湖上の美人」(15年3月14日上演)をスクリーン上映する。16世紀スコットランド。狩人に変装してカトリン湖のほとりを訪れた国王ジャコモ5世は、反逆者ドゥグラスの娘エレナに心を奪われてしまう。しかし、彼女にはすでにマルコムという恋人がいた。その一方で、ドゥグラスは娘を反乱軍の首領ロドリーゴと結婚させようとしていた。エレナに愛を拒まれたジャコモは、心の証として指輪を贈る。やがてマルコムとドゥグラスが国王軍に捕われると、エレナは2人を救うべく国王のもとへ向かう。グラミー賞受賞歌手ジョイス・ディドナートや現代最高のテノールと称されるファン・ディエゴ・フローレスらが豪華共演。

2015年製作/201分/アメリカ
原題:The Metropolitan Opera HD Live Season 9, Episode 9: Rossini: La donna del lago
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)Sahta Fe Opera photo: Ken Howard

映画レビュー

4.019世紀初めのロッシーニのオペラはその後のヴェルディーに比べ秩序観が強くバランスの良い音楽と言って良い。

kthykさん
2015年9月14日
Androidアプリから投稿

19世紀初めのロッシーニのオペラはその後のヴェルディーに比べ秩序観が強くバランスの良い音楽と言って良い。

ベートーヴェン以降のロマン派音楽を聴き慣れている我々は音楽は感情表現、オペラは特にドラマティックな悲劇であることが多いが、それはヴェルディやプッチニーの世界だ。ロッシーニの「湖上の美人」は18世紀のモーツァルトに近いがブッハでもセリアでもなく、オペラ・セミリアと言われている。

ヨーロッパ社会がアンシャンレジームの持つ激情的・反動的な感情に満たされたとき、音楽は一気に古典派からロマン派への道を歩む。

しかし、19世紀のはじめナポレオンの登場に呼応して、イタリアのロッシーニはむしろ前代に近い安定した秩序観を持ったオペラを作っている。

モーツァルトに近いロッシーニのこの物語もまた王の許しで完結する愛がテーマ、後宮からの逃走によく似た構成でめでたしめでたしで幕を閉じる。

しかし、スコットランドの王とその王に反旗を翻す高地の人々、夜明けの湖上から始まる愛と革命はウイリアム・テルに似て叙事的でもあり情感も深い、豊かなベルカントのアリアが数多く響く。

オペラは二人のメゾソプラノと二人のテノールの競演。

今回のメト・ライビューイングではロッシーニ・オペラには欠かせないダニエラ・バルッチェローナが圧巻だ。

彼女の低音が効いたリズミカルなコロラットゥーラは主役のディドナートやハイCのフローレスを超え、終幕で愛を勝ち取るマルコムの歌声は気持ちよく、美しく、素晴らしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kthyk
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「METライブビューイング」シリーズ関連作品