METライブビューイング2019-20 ベルク「ヴォツェック」

劇場公開日

METライブビューイング2019-20 ベルク「ヴォツェック」
0%
50%
25%
0%
25%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(MET)で上演される最新オペラ公演を映画館で上映する「METライブビューイング」2019~20シーズンの第5作。精緻で透き通った音楽で社会の歪みをあぶり出したベルクの傑作を、ビジュアルアート界の巨匠ウィリアム・ケントリッジの演出で描く「ヴォツェック」(2020年1月11日上演)を収録。19世紀初頭のドイツ。貧困に喘ぐ兵士ヴォツェックは妻マリーと子どもを養うため、医師による人体実験のモルモットになっている。生活苦に疲れたマリーは鼓手長の誘いに乗り、夫を裏切ってしまう。妻の不倫に気づいたヴォツェックは、酒場で踊るマリーと鼓手長を目撃し、彼女に殺意を抱く。鼓手長はマリーとの関係を自慢し、ヴォツェックに暴力を振るう。不倫を後悔するマリーだったが、ヴォツェックは彼女を森へ連れ出し……。

2020年製作/114分/アメリカ
原題:The Metropolitan Opera HD Live Season 14, Episode 5: Berg: Wozzeck
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)Paola Kudacki/Metropolitan Opera

映画レビュー

4.0ケントリッジの演出

Momokoさん
2020年2月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

総合芸術としてのオペラを実感しました。
ベルクとケントリッジに惹かれて観に行きました。

悲しみ、怒り、傲慢さ、虚栄心、渦巻く感情に揺り動かされる素晴らしいオペラでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Momoko
すべての映画レビューを見る(全1件)

「METライブビューイング」シリーズ関連作品