ソロモンの偽証 前篇・事件

劇場公開日

ソロモンの偽証 前篇・事件
14%
55%
26%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

直木賞ほか多数の文学賞を受賞するベストセラー作家の宮部みゆきが、「小説新潮」で9年間にわたり連載したミステリー巨編「ソロモンの偽証」を、「八日目の蝉」の成島出監督が映画化した2部作の前編。バブル経済が終焉を迎えつつあった1990年12月25日のクリスマスの朝、城東第三中学校の校庭で2年A組の男子生徒・柏木卓也が屋上から転落死した遺体となって発見される。警察は自殺と断定するが、さまざまな疑惑や推測が飛び交い、やがて札付きの不良生徒として知られる大出俊次を名指しした殺人の告発状が届き、事態は混沌としていく。遺体の第一発見者で2年A組のクラス委員を務めていた藤野涼子は、柏木の小学校時代の友人という他校生・神原和彦らの協力を得て、自分たちの手で真実をつかもうと学校内裁判の開廷を決意する。物語の中心となる12人をはじめとした中学生キャストは、1万人の応募があったオーディションで選出。藤野涼子役の新人女優・藤野涼子は、本作での役名をそのまま芸名に女優デビューを飾った。

2015年製作/121分/G/日本
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
宮部みゆき
脚本
真辺克彦
製作総指揮
大角正
製作代表
武田功
木下直哉
岩田天植
宮田謙一
宮本直人
高橋誠
エグゼクティブプロデューサー
関根真吾
プロデューサー
矢島孝
秋田周平
アソシエイトプロデューサー
池田史嗣
撮影
藤澤順一
向後光徳
照明
金沢正夫
美術
西村貴志
録音
藤本賢一
編集
三條知生
音楽
安川午朗
装飾
湯澤幸夫
スクリプター
森直子
衣装
宮本茉莉
ヘアマイク
田中マリ子
VFXスーパーバイザー
浅野秀二
音楽プロデューサー
津島玄一
音響効果
岡瀬晶彦
助監督
谷口正行
猪腰弘之
俳優担当
奥田由美
製作担当
大熊敏之
ラインプロデューサー
小松次郎
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

特集

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2015「ソロモンの偽証」製作委員会

映画レビュー

3.5主要キャストを忖度なしのオーディションで選ぶ心意気が素晴らしい

2021年1月5日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

宮部みゆき氏の原作を忠実に描いている。
描いているからこそ、前篇でとんでもないところまでハードルを上げ、後篇で少し尻すぼみしてしまった印象は拭えない。ただ、忖度などするはずもない成島出監督は、生徒役のキャスティングを完全オーディションで選び、経験豊富とはいえない若手俳優陣はそれに必死に応えた。
主人公に選ばれた少女は、役名の藤野涼子をそのまま芸名にしてデビューを果たした。
疑うことを知らない真っすぐな瞳が印象的で、取材時も撮影を振り返って濁りのない涙をハタハタと流し、ハンカチで拭おうともしない潔さが忘れられない。
また、今作にあって清水尋也、望月歩の存在感は特筆すべきものがある。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
大塚史貴

3.5全員悪くて、誰も悪くない

2022年5月4日
PCから投稿

原作未読。
前後篇を一気見した。両方にレビュー書くが、
前後ごちゃごちゃになっていたらすいません。

2部作モノはどうしても好きになれない。
2部作にしなくてはならない理由が、ほとんどの場合
作り手側の理由だからだ。
いや、気持ちは分かる。
宮部みゆきの重厚な物語を、1本にまとめるなんて
至難の業だろう。
人気作家のベストセラーを映画化した時点で、
原作ファンは映画に小説を越えた評価をする人は
おそらく皆無だろう。
だからこそ、脚本や監督の腕の見せどころではないか?

映画が小説に秀でている点のひとつとして、
説明を映像で見せる。というのがある。
(説明をセリフで言わせるのは論外だ。)
とりあえず、その点においてはうまくいっている。
裁判なので、説明セリフを尋問という形にできるところも
利点だろう。

とか言いつつ、後編を見たい逸る気持ちを抑えられない
自分もたしかにいた。

後編につづく。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
にゃろめ

3.5まずWOWOWのドラマを先に視聴し、次に本作に入った。 主演の藤野...

省二さん
2022年2月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

まずWOWOWのドラマを先に視聴し、次に本作に入った。
主演の藤野涼子は本作がデビュー作らしいが、堂々たる演技だった。
また、唯一映画とドラマ両方に出演した富田望生だが、いずれも全く同じ役を演じていたのが興味深い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
省二

3.5異議あり!

さん
2021年10月15日
スマートフォンから投稿

小説ベースとあって話の筋がしっかりしていて面白かったし、生徒役の好演もあって、本来ならもっと高評価したかった。

異議があるのは大人の役者に対してだ。裁判が終わったあと、体育館からニコニコしながら出てきた大人たち。妙にテンション高い藤野さんの両親。芝居がかっていてすごい違和感を感じた。

あの裁判を傍聴した者なら、ましてそれが子を持つ親なら、胸に去来する様々な思いがあったはず。大きな宿題を背負わされた気持ちになるはず。それなのに、まるで映画館から出てきた人みたいな晴れやかな顔をしていて興ざめだった。

子供の疑問や問題意識を、大人の綺麗事で覆い隠して、丸め込んでしまう現実世界と重なって見えた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
雪
すべての映画レビューを見る(全202件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ソロモンの偽証」シリーズ関連作品

他のユーザーは「ソロモンの偽証 前篇・事件」以外にこんな作品をCheck-inしています。