ぶどうのなみだ

劇場公開日

ぶどうのなみだ
5%
19%
50%
17%
9%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「しあわせのパン」の三島有紀子監督と主演の大泉洋が再タッグを組み、再び北海道を舞台に描いたヒューマンドラマ。北海道・空知で暮らす男性アオと、ひとまわり年の離れた弟のロク。アオは父親が残したぶどうの木でワインをつくり、ロクは小麦を育てている。アオは「黒いダイヤ」と呼ばれるピノ・ノワールの醸造に挑んでいるが、なかなか上手くいかずにいた。そんなある日、アオとロクの前に、キャンピングカーに乗った旅人の女性エリカが現れ、彼女の持つ不思議な魅力が、兄弟の穏やかな日常に変化をもたらしていく。兄アオ役を大泉洋、弟ロク役を「WOOD JOB!」「ヒミズ」の染谷将太、エリカ役をシンガーソングライターの安藤裕子がそれぞれ演じる。

2014年製作/117分/G/日本
配給:アスミック・エース

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2014「ぶどうのなみだ」製作委員会

映画レビュー

2.5受け入れがたい過去を乗り越えて今を生きる

さん
2021年6月25日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

大泉洋扮するアオはぶどう作り、染谷将太扮する弟のロクは小麦作りをしていた。そこへ安藤裕子扮するエリカがやって来て土を掘り始めた。アオはかつてマエストロだったが、突発性難聴でぶどう作りを始めたのだった。しかし、ワイン作りも上手くいかない。皆、いろんな受け入れがたい過去を乗り越えて今を生きている。「しあわせのパン」同様ゆる~い展開で始まったが、意味深と言うか、意味不明なシーンもあって分かりにくかったね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
重

1.0中途半端

Y2K2558さん
2020年11月12日
iPhoneアプリから投稿

全部中途半端な映画。

ここ10年で一番の駄作。

予告はよく出来てます。
騙されました。

駄作として記憶には残ってるが、
また見ろと言われたら苦痛でしかない。

空から落ちてくる雨粒を涙に見立ててるのだろうが、
2回も落ちてくるし、
勝手に来て、勝手に穴掘って、穴を掘ったまま埋めない尻拭かずヒロインも
感情移入できない。

しかしこんな中途半端な出来なのに、
プロデューサーは何も言わなかったのかな?

全ては監督の人生経験の無さがあるような気がしてならない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Y2K2558

3.0妙に印象に残る映画

2020年5月16日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

見たときはなんじゃこりゃの映画でしたが、数年経つのにブドウ畑で踊る人々の姿がちらつきます。
そういう意味では妙に印象に残る謎の映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
すずらん

3.5もう少しストーリーに盛り上がりが欲しかったなぁ〜

うさぎさん
2020年4月26日
iPhoneアプリから投稿

単純

「しあわせのパン」が好きだったので、
少し期待しすぎてしまった…

亡くなった父の畑で
ワインを育てるアオと
小麦を育てるロク。
突然、二人の兄弟の前に
キャンピングカーに乗った女性が現れ、
彼らの生活に新しい風を吹き込んでいく。

ぶどう畑や小麦畑の美しさ、
赤ワインがグラスに注がれる美しさに、
心奪われます。

ストーリーとしては、
もう少し起承転結が欲しかったところ。
インパクトなく、淡々と過ぎてしまった。
少し残念です…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うさぎ
すべての映画レビューを見る(全60件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る