マキタスポーツの独壇場!トーク終了の合図にも「しゃべってる途中だぞ」

2019年3月10日 17:40

ファンを喜ばせたマキタスポーツら
ファンを喜ばせたマキタスポーツら

[映画.com ニュース] 大泉洋主演で食材がつなぐ人々のきずなを描いた北海道シリーズ第3弾「そらのレストラン」が3月10日、愛知・豊橋で開催中の「ええじゃないか とよはし映画祭2019」で上映され、メガホンをとった深川栄洋監督と出演のマキタスポーツが穂の国とよはし芸術劇場PLATでトークショーを行った。

大泉、マキタスポーツのほか本上まなみ岡田将生らが出演する今作は、北海道せたな町の海が見える牧場で、牛を飼いながらチーズ工房を営む亘理(大泉)が、仲間たちと1日限定の屋外レストランをオープンさせようと奮闘する姿を描いている。大泉は、三島有紀子監督が手がけた第1弾「しあわせのパン」、第2弾「ぶどうのなみだ」にも出演している。

マキタスポーツは、「映画 みんな!エスパーだよ!」を豊橋で撮影していたため、「久しぶりに第2の生まれ故郷・豊橋に帰ってきました!」と満面の笑み。そして、「町並みが全然変わっていないですねえ。駅前の焼き鳥屋はカレーが美味いんだよ。あと『赤のれん』ね。あそこは餃子しかねえんだよなあ」と地元グルメのネタを披露し、客席を喜ばせた。一方、豊橋は初めて訪れたという深川監督が「同じ愛知の常滑には行ったことがあるんですが……」とこぼすと、マキタスポーツはすかさず「常に滑ると書いて常滑ね。競艇を見に行ったら、本当に滑るんだなあ。全部滑った。二度と来るか! と思った」と割り込み、舞台挨拶はマキタスポーツの独壇場の様相を呈した。

映画では長回しのシーンがあったが、深川監督は「シナリオではないようなシナリオだった。芝居じゃない芝居が撮れたら……と思い、盗み見ているような、のぞき見感を大事にしたかった」と意図を説明。これにも、マキタスポーツは「僕も好き。盗み見ているような感じね」と不適な笑み。終盤には、映画祭スタッフがトーク終了の合図を出したが「締めないよ! そんなのないよ! まだしゃべってる途中だぞ!」と抵抗し、ファンは大喜びだった。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース