ダイ・ハード ラスト・デイ

劇場公開日:

ダイ・ハード ラスト・デイ

解説

ブルース・ウィリス主演の人気アクションシリーズ第5作。ニューヨーク市警の刑事ジョン・マクレーンは、遠くロシアの地で警察沙汰のトラブルを起こした息子ジャックの身柄を引き取りにモスクワへ降り立つ。しかし、到着早々にテロ事件に巻き込まれたことをきっかけに、大物政治家や大富豪、軍人らが暗躍する巨大な陰謀を壊滅させるためジャックとともに奮闘するはめになる。息子ジャック役はTVシリーズ「スパルカタス」や「アウトロー」に出演するジェイ・コートニー。「エネミー・ライン」「オーメン」のジョン・ムーア監督がメガホンをとった。

2013年製作/98分/PG12/アメリカ
原題:A Good Day to Die Hard
配給:20世紀フォックス映画
劇場公開日:2013年2月14日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2013 Twentieth Century Fox

映画レビュー

3.0お疲れ様でした。

2024年2月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

やっと5作目観て、シリーズ全作制覇できました。
ブルース・ウィリス、お疲れ様でした。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
光陽

2.5老いをも楽しめるか

2024年2月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ジョンマクレーンも歳をとりました。
元気なおじいちゃんと言う感じで、
ダイハードシリーズのファンは、
ジョンも年取ったなぁとしみじみ楽しめるだろうけど、
新規ファンにはつまらないだろうなとは思いました。

かく言う私も1.2.3が好きなだけに前作と今回は
別になくても良かったなと思いました。

過去作へのオマージュとか、
まだまだ頑張ってるジョンマクレーンとか
おっと思う所はあったけど、
歳をとったなりの映画でもよかったのではなかろうか?
頑張って若い時のアクションをやらずに、
襲った相手がジョンマクレーンでした。くらいの規模でもよかったのかなぁと思いました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
奥嶋ひろまさ

4.0雑だがスピーディで短く楽しい

2024年1月1日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
プライア

3.0ダイ・ハードなシニアとジュニアの物語

2023年2月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

映画「ダイ・ハード」シリーズ第5作にして最終作。
長年にわたり、「ダイ・ハードなジョン・マクレーン刑事」を演じて、先日 引退したブルース・ウィリスに拍手を送りたい。

ただ、この最終作、確かにアクション・シーンはド派手でワクワク感あるが、物語がアッサリし過ぎで、物足りない感があったのは惜しい。

ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)の息子ジャックが「ロシアで逮捕された」とのことでロシアへ行くジョン。
彼が乗る飛行機はアエロフロート。(自分も学生時代の卒業旅行でヨーロッパ行った時、費用を抑えるために乗ったことがあるロシア(当時ソ連)の飛行機だが、実際に乗ったのはかなり小さめで延々とソ連を空中から見下ろしながら乗った。)

ジョン・マクレーンがロシアに到着すると息子ジャックは裁判所に入るところ。裁判にはコマロフという政治犯もいたが、裁判所付近での爆破からジャックと政治犯の逃走劇……となるところへ親父ジョンが現れる。
そして、高速道路での(車を何台壊したか分からない)追走劇・閉鎖ホテルでの銃撃戦などのアクション・シーンとなる。そこで、ジョン・マクレーンが「ロシアでも、これか…」には笑える。

そして、舞台をチェルノブイリに移して、アクションが続く娯楽作となっていく。

政治犯コマロフの持っているというファイルは、ロシア権力者チャガーソンという男には致命的らしい…ということだが、これが命を狙い合うほど致命的なのかが良く分からない(^^;

本作では、ダイ・ハードなシニアとジュニアの物語であり、チョコチョコと(前作に続いて)娘ルーシー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)も登場。

それなりに楽しめる娯楽作ではあった。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
たいちぃ
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ダイ・ハード」シリーズ関連作品