セバスチャン・コッホ

セバスチャン・コッホ
英語表記
Sebastian Koch
誕生日
1962年5月31日
出身
ドイツ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

ドイツ出身。1985年、ミュンヘンの名門オットー・ファルケンベルグ演劇学校を卒業。舞台やTVドラマで活躍し、97年のTVドラマ「Todesspiel(原題)」で、ドイツ国内で人気を博す。映画「暗い日曜日」(99)、「トンネル」(01)、「飛ぶ教室」(03)などを経て国外でもドイツを代表する俳優として知られるようになり、06年にはアカデミー外国語映画賞を受賞した「善き人のためのソナタ」にも出演した。ポール・バーホーベン監督作「ブラックブック」(06)のナチス将校役、「ダイ・ハード ラスト・デイ」(12)のブルース・ウィリスの敵役など幅広い役柄を演じ、近年はスティーブン・スピルバーグ監督作「ブリッジ・オブ・スパイ」やトム・フーパー監督作「リリーのすべて」(ともに15)、ポール・ワイツ監督作「ベル・カント とらわれのアリア」(18)などで存在感を示している。ベルリン在住。

関連作品(映画)

セバスチャン・コッホの関連作品(映画)をもっと見る

関連作品(海外ドラマ)

セバスチャン・コッホの関連作品(海外ドラマ)をもっと見る

写真・画像

セバスチャン・コッホの写真・画像をもっと見る

関連動画・予告編

セバスチャン・コッホの関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

セバスチャン・コッホの関連記事をもっと見る