ダイ・ハード4.0

劇場公開日

14%
53%
29%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

95年以来、12年ぶりとなるブルース・ウィリス主演の大ヒットシリーズ第4弾。7月4日のアメリカ合衆国独立記念日にサイバーテロが発生。アメリカ東海岸の交通、通信、金融の各システムが麻痺する中、ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)はたまたま護衛をしたハッカーのマット(ジャスティン・ロング)とともにテロリストたちに立ち向かってゆく。監督は「アンダーワールド」シリーズのレン・ワイズマン。

2007年製作/132分/アメリカ
原題:Live Free or Die Hard
配給:20世紀フォックス映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)2007 TWENTIETH CENTURY FOX

映画レビュー

3.0部分部分アクションはよいが・・・

tabletapさん
2022年4月23日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

北米公開時のタイトルは『Live Free or Die Hard』、その他地域では『Die Hard 4.0』とのこと

-「Live Free or Die」(自由に生きるか、さもなくば死を)に由来する。(wikipedia)
コンピュータ技術が大きく関わるのでわかりやすさは邦題のほうがいいと思う、
原題はアメリカ全土を巻き込んだ展開なので、アメリカ的思想を示した標語の捩りでスケール感を出したかったのだろうか

つるっパゲになったマクレーンが娘との言い合いから始まり、オタク青年宅への訪問という展開
冒頭10分程度で見るモチベーションがかなり下がるが
すぐさまアクションシーンに移行するので我慢

部分部分のアクションシーンはいい
・パトカーの走行シーン、カメラワークがすごくいい
・トンネル内大事故
・エレベータシャフト内のアクション、本作の一番の見所
・おなじみグロテスクな倒し方
・曲芸じみたアクション
・F35のシーンはかなりバカバカしさがあるが面白い

ただし総合的には映画として微妙な出来

※ 以下批判的内容

ストーリー上通信機器を多用する都合とは言え
場面転換をするカットの切り替わりがやたら多いのがあまり良くないと感じた
テロリスト、手元、パソコン画面、操作結果、マクレーン、状況説明、次への伏線
本当に切り替えが激しく、しかも各カットが1秒に満たない極短
ほんの数秒でいったい何度場面転換するのか・・・
せめて場面転換したときには全体が見渡せるカットを適度に挟むべきだったと思う
アップからアップの切り替わりは緊張感を感じるのではなく、ストレスを覚える。

構図もアクション映画にしてはあまり良くないシーンがほとんどと感じる
顔のドアップばっかりだ、俳優は喜ぶかもしれないが・・・

致命的なのが、これまでのシリーズと違い、ジョン・マクレーンのキャラクター性、魅力が薄い
また、ハッキングがテーマなのはいいが、演出がいまいち
コンピュータいじる、襲撃受ける、撃退するの繰り返しは展開として辛い
敵のボスも凄腕のハッカーという設定だが凄さが伝わらない

なんだかよくわからない状況で命がけで敵と戦うという展開もパッとしない
娘を出すならもっとストーリーに関わらせるべきだった

吹替版、字幕版どっちも微妙な翻訳であまり良くないと感じた
普段アクション映画は吹き替えで見るが、本作は英語字幕も見るというあまりしない見方をした
「ここ多分違うよなぁ・・・」と思って英語字幕見ると微妙に違う
セリフがすっと入ってこないので、アクションに集中できない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tabletap

5.0ダイ・ハードと言えばブルース・ウィリスのアメリカン・ジョークを言い...

HILOさん
2022年2月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ダイ・ハードと言えばブルース・ウィリスのアメリカン・ジョークを言いながら自動拳銃/Automatic pistolを両手打ちで連射するイメージ。冴羽遼や次元大介のリボルバーの一撃必殺と違い連射ならではのド迫力。ちなみにリボルバーの美しさは実写ではなくアニメーションじゃないと美しくないと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
HILO

3.5クセになるシリーズの映画

光陽さん
2021年12月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

興奮

無茶なデカ。
なりゆきの異色バディ。
家族が人質。
身内に裏切り者。
ありえないハードなアクション。
もう水戸黄門ばりのワンパターンですがそこがクセになります!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
光陽

4.0Always in the wrong place at the wrong time. この「ありえねぇー!」が面白い✨

アキ爺さん
2021年1月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
アキ爺
すべての映画レビューを見る(全69件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ダイ・ハード」シリーズ関連作品