おとうと

劇場公開日:

おとうと

解説

「十五才・学校IV」以来10年ぶりとなる山田洋次監督の現代劇で、吉永小百合と笑福亭鶴瓶が姉弟を演じる家族ドラマ。共演に蒼井優、加瀬亮。東京郊外のとある商店街で薬局を営む吟子は、夫を早くに亡くし、女手ひとつで娘の小春を育てていた。ある日、エリート医師との結婚が決まった小春の結婚式に吟子の弟・鉄郎が突然現れ、泥酔して披露宴を台無しにしてしまう。親族に責められる鉄郎をかばう吟子だったが、鉄郎の恋人だと名乗る女が借金返済を求めて吟子の薬局に現れ……。

2010年製作/126分/日本
配給:松竹
劇場公開日:2010年1月30日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第34回 日本アカデミー賞(2011年)

ノミネート

作品賞  
監督賞 山田洋次
脚本賞 山田洋次 平松恵美子
主演男優賞 笑福亭鶴瓶
主演女優賞 吉永小百合
助演女優賞 蒼井優
音楽賞 冨田勲
詳細情報を表示

インタビュー

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2010「おとうと」製作委員会

映画レビュー

3.5家族って厄介なもの… 笑福亭鶴瓶が見事に体現

2021年9月20日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

山田洋次監督にとって、2010年当時、久しぶりに製作する現代劇となった。
吉永小百合と笑福亭鶴瓶が姉弟を演じるというのも、大きな話題になったことを記憶している。
公開前に鶴瓶、加瀬亮をインタビューしたが、当然ながら「家族」の話題について話すことが多かった。山田監督も口にしていたが、「家族って本当に厄介なもの。それも含めて家族だから」と。
そしてそれをそのまま体現してみせたのが鶴瓶だった。
一家にひとりは…とまでは言わないが、筆者の祖父はだいぶ暴れん坊だった。
観ると、親族の誰かを思い出さずにはいられなくなる作品である。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
大塚史貴

3.0どうにもならん弟

2023年12月31日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
プライア

4.0【粗にして野だが卑ではない弟と清廉な姉との繋がりを、二人を取り巻く人たちの関係性を絡めて描いた人間性肯定映画。山田洋次監督はケン・ローチ監督に影響を与えているのではないかと思った作品でもある。】

2023年9月2日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

知的

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする 1件)
共感した! 3件)
NOBU

3.5悪い人間ではないが、酒とカネにだらしなく、周囲に迷惑ばかりかけてい...

2022年8月27日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悪い人間ではないが、酒とカネにだらしなく、周囲に迷惑ばかりかけている弟。
実際、家族にこんな奴がいたら関わりたくないところ。
姉の吉永小百合のやさしさには涙が出る。
それにしても娘の結婚相手は披露宴の時点で嫌な男の臭いがぷんぷんしていた。
何であんな相手を選んだのか。
医者という肩書に釣られただけとしか思えない。
再婚相手は良さそうで何より。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
省二
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る