おとうと

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
おとうと
14%
45%
33%
6%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「十五才・学校IV」以来10年ぶりとなる山田洋次監督の現代劇で、吉永小百合と笑福亭鶴瓶が姉弟を演じる家族ドラマ。共演に蒼井優、加瀬亮。東京郊外のとある商店街で薬局を営む吟子は、夫を早くに亡くし、女手ひとつで娘の小春を育てていた。ある日、エリート医師との結婚が決まった小春の結婚式に吟子の弟・鉄郎が突然現れ、泥酔して披露宴を台無しにしてしまう。親族に責められる鉄郎をかばう吟子だったが、鉄郎の恋人だと名乗る女が借金返済を求めて吟子の薬局に現れ……。

2010年製作/126分/日本
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第34回 日本アカデミー賞(2011年)

ノミネート

作品賞  
監督賞 山田洋次
脚本賞 山田洋次 平松恵美子
主演男優賞 笑福亭鶴瓶
主演女優賞 吉永小百合
助演女優賞 蒼井優
音楽賞 冨田勲
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2010「おとうと」製作委員会

映画レビュー

3.0山田洋次監督の現代劇で、吉永小百合と笑福亭鶴瓶が姉弟を演じる家族ドラマ。

2019年9月15日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

山田洋次監督の現代劇で、吉永小百合と笑福亭鶴瓶が姉弟を演じる家族ドラマ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

3.5ホスピスで死ぬということ

kossyさん
2019年8月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、映画館

 ピンクのリボンがやっぱり印象に残るけど、この民間経営のホスピス「みどりのいえ」がとてもいい。生活保護などの支給金額内で面倒みるといっても、医者も雇ってるんだし、ボランティア精神がなければやっていけない。石田ゆり子がそのままそこの従業員に同化している感じだったし、笑顔で送ることができる精神も素敵だった。

 夫を早くに亡くし、昔ながらの薬局を経営する高野吟子。一人娘の小春の結婚式から始まる物語。冒頭に寅さんの映像もあるし、佐藤蛾次郎も出演していることから、市川崑監督『おとうと』と山田監督自身の『男はつらいよ』を足したような雰囲気。これで笹野高史が運転手として出てきたら『釣りバカ日誌』まで足したような映画になったに違いない。

 ダメな弟、いつまでたっても迷惑をかける鶴瓶。兄の小林稔侍からは縁を切るとまで言われたけど、鶴瓶の作った130万円の借金をなけなしの貯金を叩いて返す健気な姉の吉永小百合。さらには捜索願まで出すという姉弟愛に涙してしまう。

 ストーリー的には蒼井優の結婚、離婚といった筋が中心となり、近所のアイドル的存在だったことや、大工の加瀬亮と仲良くなっていく。“大工の嘘”という言葉も新鮮だったし、「離婚してヤッターって思った」なんてのも印象的。仮定の話、山ちゃんと離婚したらヤッターと思うファンもいるのかもしれませんね・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy

3.5市井の人々

ミカさん
2019年5月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

幸せ

吟子が鉄朗の事を小春に語る時に「私の兄と私が弟を踏みつけにした」みたいな事を言ってましたが、これはそのまんま運やチャンスに恵まれず貧困に陥ってしまった市井の人々の事を言ってるのではないでしょうか。そしてみどりの家の人々が語る鉄朗は、周りの皆を楽しませて元気づける人だった。皆が鉄朗の話を楽しみにしていた。鉄朗は迷惑ばかりかけている人ではなかったのです。

強者の語る自己責任論とは何なのか?底辺にいる人間は本当に努力が足りないだけなのか?と作品から投げかけられた様に感じました。だからなのか山田洋次の眼差しとケン・ローチの眼差しが同じだという事に、やっと気がつく事ができました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ミカ

3.5さらにしつこく山田洋次監督作品で。 すぐ前に書いたレビュー、蒼井優...

2019年1月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

さらにしつこく山田洋次監督作品で。

すぐ前に書いたレビュー、蒼井優のチャリから始まりびっくり(笑)
小百合様の美しさは神がかり。年齢的にはややきつい役のはずだが違和感を感じさせない。
鶴瓶もはまり役ですね。だけど、こんな差のある姉弟はありえない(笑)
もちろん蒼井優もいい感じ。だが私には若き石田ゆり子が魅力的。つぎの神がかりは彼女ですね。

この映画、テーマが悲しすぎた。正月に見る作品ではなかった。最後の加藤治子まで悲しすぎる。

こんな費用のかからぬホスピスってどのくらいあるんだろう。父親をかなり強引に入院させられたので、私的にはホスピスにはいいイメージがない。さて私はどこで終末を迎えようか。
やっぱり正月に見る作品ではない(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
はむひろみ
すべての映画レビューを見る(全43件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「おとうと」以外にこんな作品をCheck-inしています。