容疑者Xの献身
ホーム > 作品情報 > 映画「容疑者Xの献身」
メニュー

容疑者Xの献身

劇場公開日

解説

05年に直木賞を受賞した東野圭吾の人気ミステリー「探偵ガリレオ」シリーズ第3作「容疑者Xの献身」をTVドラマ「ガリレオ」のスタッフ・キャストで映画化。顔を潰され指を焼かれるという残忍な殺人事件が発生。内海刑事(柴咲)はいつものように天才物理学者で通称“ガリレオ”の湯川(福山)に助けを求めるが、被害者の元妻の隣人として捜査線上に浮かんだのは、湯川の大学時代の友人で天才数学者の石神(堤)だった……。監督は「県庁の星」の西谷弘。

スタッフ

監督
製作
亀山千広
エグゼクティブプロデューサー
清水賢治
畠中達郎
細野義朗
プロデュース
鈴木吉弘
臼井裕詞
プロデューサー
牧野正
和田倉和利
企画
大多亮
原作
東野圭吾
脚本
福田靖
撮影
山本英夫
照明
小野晃
美術
部谷京子
整音
瀬川徹夫
録音
藤丸和徳
編集
山本正明
音楽
福山雅治
菅野祐悟

キャスト

作品データ

製作年 2008年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 128分

受賞歴

第32回 日本アカデミー賞(2009年)

ノミネート
作品賞  
助演男優賞 堤真一
助演女優賞 松雪泰子
話題賞 作品部門/俳優部門  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

人間ドラマにこそ比重を置いた、ささやかな良心作
容疑者Xの献身の映画評論・批評

「西遊記」「HERO」に次ぐフジテレビ月9ドラマの映画化と聞けば、映画を愛する者なら嫌悪する。しかし「ガリレオ」劇場版は、意外にも「映画」であることを志向したささやかな良心作である。TVシリーズで確立した戯画的で軽妙なノリを最小限に抑...容疑者Xの献身の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全90件)
  • 動機は共感できませんでしたが、謎解きは見応えあり。 容疑者Xの犯行動機や心情にはまるで共感できませんでしたが、さすが東野圭吾さんの原作謎解きは見応えがあり面白かったです。 人気テレビの連ドラの映画版ですが、天才物理学者VS天才数学者の対決のミステ... ...続きを読む

    光陽 光陽さん  2019年1月3日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 人は人を、これほどまでに愛せるのか… 「ガリレオ」劇場版シリーズ第1作。 ポップな演出が光っていた連ドラ版とは打って変わり、エモーショナルで静かな雰囲気の重厚なミステリーとなっております。 天才物理学者・湯川学と、彼が唯一“本物の天... ...続きを読む

    syu-32 syu-32さん  2018年11月12日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 共感する奴は人間のクズだ! 純愛を貫いて、好きな人を助けるために関係のないホームレスを殺すなんてことをみんな気にせず、ばれてしまうのが切ないなんて、どんな神経だ。 ホームレスには人権なんてないと思う人がいかに多いかというこ... ...続きを読む

    アサシン アサシンさん  2018年10月6日  評価:2.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

未来のミライ 三度目の殺人 SCOOP! そして父になる
未来のミライ 三度目の殺人 SCOOP! そして父になる
  • Powered by Amazon

「ガリレオ」シリーズ関連作品

他のユーザーは「容疑者Xの献身」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報