容疑者Xの献身
ホーム > 作品情報 > 映画「容疑者Xの献身」
メニュー

容疑者Xの献身

劇場公開日

解説

05年に直木賞を受賞した東野圭吾の人気ミステリー「探偵ガリレオ」シリーズ第3作「容疑者Xの献身」をTVドラマ「ガリレオ」のスタッフ・キャストで映画化。顔を潰され指を焼かれるという残忍な殺人事件が発生。内海刑事(柴咲)はいつものように天才物理学者で通称“ガリレオ”の湯川(福山)に助けを求めるが、被害者の元妻の隣人として捜査線上に浮かんだのは、湯川の大学時代の友人で天才数学者の石神(堤)だった……。監督は「県庁の星」の西谷弘。

スタッフ

監督
製作
亀山千広
エグゼクティブプロデューサー
清水賢治
畠中達郎
細野義朗
プロデュース
鈴木吉弘
臼井裕詞
プロデューサー
牧野正
和田倉和利
企画
大多亮
原作
東野圭吾
脚本
福田靖
撮影
山本英夫
照明
小野晃
美術
部谷京子
整音
瀬川徹夫
録音
藤丸和徳
編集
山本正明
音楽
福山雅治
菅野祐悟

キャスト

作品データ

製作年 2008年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 128分

受賞歴

第32回 日本アカデミー賞(2009年)

ノミネート
作品賞  
助演男優賞 堤真一
助演女優賞 松雪泰子
話題賞 作品部門/俳優部門  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

人間ドラマにこそ比重を置いた、ささやかな良心作
容疑者Xの献身の映画評論・批評

「西遊記」「HERO」に次ぐフジテレビ月9ドラマの映画化と聞けば、映画を愛する者なら嫌悪する。しかし「ガリレオ」劇場版は、意外にも「映画」であることを志向したささやかな良心作である。TVシリーズで確立した戯画的で軽妙なノリを最小限に抑...容疑者Xの献身の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全80件)
  • 全てのファクターが合致し相乗効果を生み出している。 ネタバレ! 隣人への想いのメタファーとして、数学者らしく四色問題を取り上げたことや言い回しが秀逸であった。 花岡の存在によって生かされていたから他人を殺めてまで庇った。言い換えるとそれ程花岡のことを愛してい... ...続きを読む

    モテラド モテラドさん  2018年1月15日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 愛する人を助けること 自分が石神の立場であった時同じことができるかと考えたが無理だと思った。身代わりになることも警察の捜査をかいくぐることも。 日付をずらすトリックには驚かされたし、面白くもあった。 湯川と石神の会話... ...続きを読む

    ハチ ハチさん  2017年11月30日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 原作未読、ドラマシリーズも一切見たことない状態で鑑賞しました。 す... 原作未読、ドラマシリーズも一切見たことない状態で鑑賞しました。 すごく良かった。 堤真一の演技力がとにかくすごかった。夜に天井で四色問題をイメージして「隣同士が同じ色になってはいけない」とかよか... ...続きを読む

    yonda? yonda?さん  2017年11月15日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

「ガリレオ」シリーズ関連作品

他のユーザーは「容疑者Xの献身」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi