スター・トレック3 ミスター・スポックを探せ!

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
6%
39%
40%
9%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

恐るべき破壊兵器となるジェネシス計画をめぐるクリンゴンとエンタープライズ・クルーの戦いを描くSF映画。「スター・トレック」(79)「スタートレック2/カーンの逆襲」(82)につづくシリーズ第3弾。製作・脚本はハーヴ・ベネット、エグゼクティヴ・プロデューサーはゲイリー・ナーディノ。監督はスポック役を演じているレナード・ニモイで、TVや舞台の演出は数多く手がけているが、劇場映画はこれがデビュー作に当る。撮影はチャールズ・コレル、音楽は前作に引き続いてジェームズ・ホーナーが担当。特殊効果監修はボブ・ドーソン。特殊ヴィジュアル効果はILMで製作された。シリーズの創造者ジーン・ロッデンベリーは総顧問とクレジットされている。出演は二ーモイの他に、ウィリアム・シャトナー、デフォレスト・ケリー、ジョージ・タケイ、ジェームズ・ドゥーアン、クリストファー・ロイドなど。

1984年製作/105分/アメリカ
原題:Star Trek III: The Search for Spock
配給:パラマウント映画=CIC

ストーリー

23世紀。惑星ジェネシスでの戦闘を終えて、エンタープライズは地球に帰還する。親友スポック(レナード・ニモイ)を失ったカーク提督(ウィリアム・シャトナー)の心は重い。ドクター・マッコイ(デフォレスト・ケリー)の様子もおかしい。カーク提督らクルーは、モロー提督からエンタープライズは船齢20年、がたがきているので廃艦になることを知らされる。機関士のスコッティ(ジェームズ・ドゥーアン)は新型艦エクセルシオ号に移されることに。その頃、クリンゴン軍のクルーグ司令官(クリストファー・ロイド)が、ジェネシス・テープを入手し、計画の秘密を得るため惑星ジェネシスに向かう。すでに惑星には地球の調査艦グリッソムが接近し、地上の生物反応を感知し、サーヴィク大尉と計画の推進者のデイヴィッドが惑星に降りて調査を始めていた。カークはスポックの父サレックの訪問を受ける。ヴァルカン人は死ぬ時に、精神を他の人と一緒にする。精神が残っていれば、ヴァルカン星のサレヤ山でスポックを甦えらせることも可能だというのだ。カークはマッコイに精神移乗がなされたことに気付く。彼は他のクルー、スコッティ、チェコフ、スールー(ジョージ・タケイ)、ウフーラの協力を得て、精神病院に入れられたマッコイを救出。ウフーラを除くクルーはエンタープライズに乗り込んでジェネシスヘ急ぐ。エクセルシオが後を追うが、スコッティの細工で途中でストップしてしまう。デイヴィッドらは8歳程のヴァルカン人少年を発見。スポックの甦りだ。惑星は異常進化し、猛スピードで破壊へつき進んでいた。デイヴィッドが計画促進のために不安定な物質を使ったためだ。見つかった少年はどんどん成長していく。クルーグは部下とともに惑星に降り、3人を発見して人質にする。そこヘエンタープライズが到着。クリンゴン艦のためにエンタープライズは操縦不能となり、クルーグは降伏を要求し、見せしめに人質を殺すと通告する。デイヴィッドはサーヴィクを救おうとして殺された。息子デイヴィッドを殺されて怒ったカークは一計を案じ、クリンゴン軍兵士をエンタープライズを自爆させることで抹殺する。そして、惑星に降りて、サーヴィクとスポックそっくりに成長したヴァルカン人に会い、クルーグと対決の末に倒す。クリンゴン艦を乗っ取って一行はヴァルカン星へ。女祭司が甦りの儀式を司どり、マッコイからスポックに精神がもどされる。かくして、再びスポックは昔同様にクルーにかこまれることになった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0一人の幸せが・・・。

2018年4月2日
PCから投稿

内容・ストーリーはかなりのご都合主義、でも面白かったです。
ラストにはなかなか感動してしまった・・・。
「一人の幸せが、多数の幸せより重要だった。」この一言はなかなかの名言だと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ハワイアン映画道の弟子

2.0当たり障りのない

2016年11月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
スタンのゲロ

3.5分かってたけど

TPOさん
2016年10月9日
スマートフォンから投稿

もう、タイトルで若干のネタバレってどうなのよw

それはおいておいて、話的にはご都合主義ですねぇ。
前作でああいう終わり方だったのに。
まぁ人気キャラだししょうがないのかな。

カーク達には胸が熱くなるのは変わらず良いですけどw

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
TPO

5.0Mr.スポックを復活させるべく、カーク船長たちが禁断の惑星に向かう。

aotokageさん
2010年4月30日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

幸せ

往年のテレビシリーズが映画化されて三作目。
カーク船長はじめ、Dr.マッコイ、スールー操舵長などおなじみの役者が勢揃い。
この映画では、前作で乗組員を救うために犠牲になったMr.スポックを復活させるべく、カーク船長たちがエンタープライズ号を強奪!?し、禁断の惑星ジェネシスに向かう。このあたりは、さらばヤマトと似ている。
宿敵クリンゴンとの戦闘で絶体絶命の窮地に立ったカーク船長は、エンタープライズ号を犠牲にして、一発逆転を計る。ヤマトの神風特攻とは違い、戦略を巡らせた見事な展開でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
aotokage
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「スター・トレック」シリーズ関連作品