故郷への長い道 スター・トレック4

劇場公開日

17%
53%
20%
3%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

地球の危機を救うカーク船長以下エンタープライズ号のクルーの活躍を描くシリーズ第4弾。エグゼクティブ・プロデューサーはラルフ・ウィンター、製作はハーヴ・ベネット、監督はシリーズ第3作「スター・トレック3 ミスター・スポックを探せ!」のレナード・ニモイ。ニモイとベネットのストーリーをベネット、スティーヴ・メアソン、ピーター・クリークス、ニコラス・メイヤーの4人が脚本化、撮影はドン・ピーターマン、音楽はレナード・ローゼンマンがそれぞれ担当。出演はウィリアム・シャトナー、レナード・ニモイ、キャサリン・ヒックスほか。

1986年製作/アメリカ
原題:Star Trek 4: The Voyage Home
配給:パラマウント=UIP

ストーリー

前作でスポックを救って、エンタープライズ号を自爆させてしまったカーク提督(ウィリアム・シャトナー)は責圧を問われて裁かれるため、クリンゴン軍の船を入手し、クルー共々地球へ向かった。一方、地球は、近づいた謎の探査宇宙船が放つ強烈なエネルギーのため、電波は荒れ、災害が続発し、暴風雨に襲われている。カークは探査船が発する音波をキャッチし、分析の結果、ザトウクジラの声と判明。23世紀には死滅したクジラを過去より連れて来、地球上にクジラが生存することを知らせないと、探査船は去らない。カークらは、クリンゴン船で20世紀にタイムスリップした。スポック(レナード・ニモイ)、マッコイ(デフォレスト・ケリー)、スールー(ジョージ・タケイ)、ウフーラ(ニシェル・ニコルズ)、チェコフ(ウォルター・ケーニッグ)、スコティ(ジェームズ・ドゥーアン)らは、20世紀のサンフランシスコに着き、カルチャーショックを味わいつつも、クジラ捕獲作戦を開始。クジラを乗せるための大水槽を作り、未来に帰るエネルギーを原子力空母より盗む。肝心のクジラは、水族館より、カークらが親しくなった海洋生物学者テイラー博士(キャサリン・ヒックス)の手助けで入手。カークらの行動に疑心暗鬼だったテイラーも、クジラのためには捕鯨される20世紀よりも23世紀の方が安全と判断しての協力だった。かくて、23世紀の嵐の海にクジラは放たれ、探査船は去り、地球に再び平和が戻る。そしてカークの裁判も単なる格下げに終わり、人々は地球を救ったヒーロー、カークをたたえた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第59回 アカデミー賞(1987年)

ノミネート

撮影賞 ドン・ピーターマン
作曲賞 レナード・ローゼンマン
音響賞  
音響効果編集賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0コメディ色強め!

2018年4月12日
PCから投稿

コメディ色強めでこれはこれで面白い!カーク船長がみんなにお小遣い配ってるシーンとか特に。
他にも、シリーズ的に異色作でラストも感動。
なかなかいい映画でした!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ハワイアン映画道の弟子

3.5これいいね!

2016年11月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

笑える

いつもよりキャラクター1人1人に見せ場があって魅力的に見えた。ストーリーは1作目に近く物理的に戦うのではなく知恵を絞って問題を解決するカークらを描いている。

今作は23世紀の世界から20世紀にタイムスリップする場面があり、300年のギャップがとても面白い。

公開された当時は動物保護に関する規則が緩く、それを問題提起する場面もありメッセージ性のある作品になっている。

ドラマのスタートレックをほぼ見たことないので間違っているかもしれないが、今回の作品こそスタートレックらしさが出ている気がする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
スタンのゲロ

4.0ハチャメチャ

TPOさん
2016年10月9日
スマートフォンから投稿

割と上位に入る位好きw

中身的には、今までとはちょっと毛色が違う、バラエティ、コメディよりな内容に。

水槽のスポックが素敵ですw

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
TPO

4.0旧シリーズ最高作だが、日本人には痛烈メッセージ

近大さん
2015年11月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

幸せ

人気SFシリーズ4作目。
全6作あるカークらが登場する“旧シリーズ”の中でも異色作。
強敵と戦う訳でもない、派手なアクションがある訳でもない、未知の宇宙へ冒険する訳でもない…のに、旧シリーズの中では一番面白い。
趣向を変えたテーマとストーリーがユニーク。

謎の飛行物体の影響で地球壊滅の危機。解決の鍵は、絶滅したザトウクジラのみ。クジラを求め、カークらは20世紀にタイムトラベルする…!

カークらが現代へ。
未来人によるピンとハズレたカルチャー・ギャップ。
現代語を使いこなす(?)カークとスポック。「原子力艦は何処ですか?」と警官に聞くチェコフ、オイオイ…(笑)
現代が舞台だからか、これまでの作品より見易く、すんなり話に入っていけるのも有り難い。

絶滅動物を救う。
明確なテーマである“命の尊さ”が心温まり、ラストはファンタスティックで神秘的。
敵が居ない訳ではない。
己の利益や傲慢の為に他の種族の命を奪う者。
自分も同種族だからこれ以上は言えない。

日本人にとっては複雑な作品かもしれない。
日本も捕鯨国。
痛烈なメッセージ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「スター・トレック」シリーズ関連作品