スザンヌ

スザンヌ
20%
20%
40%
0%
20%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「フランス映画祭2014」(2014年6月27~30日/有楽町朝日ホール・TOHOシネマズ日劇)上映作品。

2013年製作/94分/フランス
原題:Suzanne

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

1.0車以外には感情移入できない。

2015年6月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

難しい

父親の分からない高校生の妊娠。新しい男に走り育児放棄。その男はうそ臭い笑顔をふりまく薬物の運び屋。
まったく感情移入したくない女性の行動を淡々と追い、それでもそんな彼女を家族として思いやる父親と妹の姿が痛々しく映る。
胡散臭い男との間にできた二人目の子供を刑務所の中で育てている彼女への共感を求めているのであろうか。いや、それは無理なことであろう。そもそも育児施設のある女子刑務所の存在に感動などするわけもなく、むしろそこで育てられることになった子供への同情しか沸いてこない。
この作品で唯一スクリーンの中の人々と感情が一致したのは、黄色いプジョー306カブリオでドライブをするところ。あの車のフォルムの美しさと解放感に身を任せる最高のドライブだ。
一体この作家は、この作品を観た者にどんな思いを抱かせたかったのだろうか。救いようのないほどの子供への過ぎたる愛着と、親としての責任に背を向けることこそが解放であるかのような異性交遊とが氾濫する我が国の親事情からすれば、このようなケーススタディを見せて何を考えさせたかったのかと思ってしまう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よしただ
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る