硫黄島からの手紙

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

クリント・イーストウッド監督が、太平洋戦争最大の激戦だったといわれる硫黄島の戦いを日米双方の視点から描く映画史上初の2部作。アメリカ側から硫黄島を描いた「父親たちの星条旗」と対をなす本作は、硫黄島の戦いに参加した一人の若き日本軍兵士の目を通して、約2万2千人の日本軍を率いたアメリカ帰りの名将・栗林忠道中将らの戦いを描く。主演の栗林中将に渡辺謙、その他二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童がそれぞれ日本軍兵士として出演。

2006年製作/141分/G/アメリカ
原題:Letters from Iwo Jima
配給:ワーナー・ブラザース映画
劇場公開日:2006年12月9日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第79回 アカデミー賞(2007年)

受賞

音響編集賞  

ノミネート

作品賞  
監督賞 クリント・イーストウッド
脚本賞 アイリス・ヤマシタ ポール・ハギス
音響録音賞  

第64回 ゴールデングローブ賞(2007年)

受賞

最優秀外国語映画賞  

ノミネート

最優秀監督賞 クリント・イーストウッド
詳細情報を表示

特集

インタビュー

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

映画レビュー

5.0 太平洋戦争の激戦地の一つである硫黄島の戦いを日米双方の視点から描...

2024年1月25日
PCから投稿
鑑賞方法:その他

 太平洋戦争の激戦地の一つである硫黄島の戦いを日米双方の視点から描いた2部作(米兵視点:父親たちの星条旗)の戦争映画の一つ。こちらは日本兵目線で描かれている。史実を基に作成されているが、齟齬が生じない範囲で上手にフィクション部分が加えられている。

 硫黄島の戦いとは第二次世界大戦末期に東京都に属する小笠原諸島の硫黄島で1945年2月19日から3月26日まで行われた戦闘でアメリカ軍側の作戦名は『operation Detachment』。日本軍20,933人(うち戦死17,845-19,900)とアメリカ軍250,000人(うち上陸部隊111308人、戦死6821人、戦傷19217人)が激突した。日本軍は栗林忠道(陸軍中尉・戦死後大尉)が率いた。

 ハリウッド映画なのに全編日本語・日本人という稀有な映画であり、この映画をこの形で製作してくれたイーストウッド監督・ワーナーブラザースに深謝する。『変な日本人感』は一切感じない。悲劇を扱っているため娯楽性は一切なく、合わない人もいるだろう。ただ、『日本人』と名乗るのであれば、先人達の歴史を知っておく必要があり、視聴すべき映画の一つだろう。

 天皇のために戦ったのでない。家族を守るために戦争に駆り出され死なざるを得なかった先人達の苦痛が映像から伝わってくる。栗林中尉の『家族のために死ぬと決めたのに、家族のために死ぬのをためらう』というセリフが心に突き刺さった。

 なお米兵目線の『父親たちの星条旗』では、『戦友の為に戦い、死ぬ。死んだ者がヒーローだ』とのメッセージが込められている。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
疲れたおじさん

4.0大掛かりな大量殺人事件。被害者にも共犯者にもなってはいけない。

2024年1月15日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、VOD

映画はエンターテインメント。
視聴者が楽しめる脚本で、映像と音声で雰囲気を出せれば良い。
硫黄島を守る日本兵視点の戦争をクリント・イーストウッドが、どのように描くのかが見どころ。
ノンフィクションをうたっているが、ほとんど想像で補ったようなことを監督クリント・イーストウッドが円盤の特典映像で語っていた。

コメントする (0件)
共感した! 7件)
Don-chan

3.0硫黄島からの手紙

2023年12月31日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
プライア

3.5人間性の強烈な抑圧と無視

2023年12月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
shunsuke h.
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「硫黄島」シリーズ関連作品

他のユーザーは「硫黄島からの手紙」以外にこんな作品をCheck-inしています。