硫黄島からの手紙 インタビュー: アダム・ビーチ インタビュー

ホーム > 作品情報 > 映画「硫黄島からの手紙」 > インタビュー > アダム・ビーチ インタビュー
メニュー

硫黄島からの手紙

劇場公開日 2006年12月9日
2006年12月15日更新

「父親たちの星条旗」で偶像の英雄として祭り上げられる3人の若きアメリカ兵士の中でも、ひときわ哀切を漂わせる末路をたどることになるネイティブ・アメリカンのアイラ・ヘイズ。演じるアダム・ビーチにインタビューした。(聞き手:佐藤睦雄

米軍にとって硫黄島攻略は絶対必須だった 米軍にとって硫黄島攻略は絶対必須だった

「父親たちの星条旗」アイラ・ヘイズ役
アダム・ビーチ インタビュー
「大好きな祖母が亡くなって大泣きして、アイラと少しつながった気がした」

「父親たちの星条旗」は、「星条旗を掲げた者たちが書いた」物語 「父親たちの星条旗」は、
「星条旗を掲げた者たちが書いた」物語

──最初にささやくように歌っているのは、クリント・イーストウッド監督本人ですよね?

「そうだね。思うに、嘆きをうながすような歌詞だったね。イーストウッド監督じゃないので、うまく歌えないけど(笑)。その中味は監督本人に訊かないと!」

──ほとんどのシーンはワンテイクだったのですか?

「ホテルで泣いているシーンは3テイク撮らせてもらいました。星条旗を掲揚するシーンは4回、5回やったかな、憶えていないよ。でも、ほとんどはワンテイクだった!

──あれだけの演技をワンテークで発現してしまうのは神業に近いのですが、ライアン・フィリップ(ジョー・ブラッドリー役)やジェシー・ブラッドフォード(レイニー・ギャグノン役)とリハーサルは一切しなかったのですか?

「いや、個々に演技に集中するだけで、リハーサルは一切やらなかった。やっぱり1回目は純粋に、最高のものが出るんだろうね。
ともかくクリントは、僕らを信頼し切ってくれた。

──その撮影シーンですが、「Let's start now?」(そろそろ始めようか)みたいにイーストウッド監督が“ささやいて”始まるのですか?

画像3

「ああ、けっして「Action!」(アクション)とは言わないね。「Ready are newer」(新しいの準備はいいか)とか、「Go ahead」(いくぞ)とか、「Let's start now」とか。終わりも「O-Kay」(よし)「All right」(いいぞ)とか、いろいろ言うパターンがあるね」

──イーストウッド監督のひとことで、アダム・ビーチさんの心はどんなふうに準備されたのですか?

「その言葉自体にインティマシー(親密さ)を感じたんだ。それに、映画の中から出てきたような、あの声で話してくれる! 思わずベストを尽くしてしまうし、僕の力以上のものが引き出された気がする。(我ながら)これほどうまくいくとは思わなかった(爆笑)」

──戦闘シーンがまた素晴らしいわけなんですが、“見えない敵”である日本兵と戦う恐怖心を、どのように表したんですか?

画像4

「彼らはぜんぜん見えなくて、まるでゴーストだった。まさか地下に潜って、こっちを襲ってくるなんて思わないものだ。彼らは誰も見えない。ぼくらは穴蔵にいる見えない敵に向かってライフルを向けて撃つ。当たっているか当たってないか、わからない。そんな潜って戦うことってそれまで(の戦争の歴史に)なかったことだからね。イギー(ジェイミー・ベル扮演)がいた穴蔵に入って真実を知るわけだ。2部の『硫黄島からの手紙』では、顔が見えなかった日本兵たちの個性や感情が強調されるのだろう。僕たちアメリカ兵は同じように顔が見えなくなるかもしれない。戦争ってそんなものだ。自分は戦争に行かなくて、本当に良かった」

──だから、硫黄島は遺骨が回収できませんでした。

「あそこは島全体が墓場みたいなものだからね」

──特に後半で、万感の想いを込めて演技できたシーンはありますか?

「もっとも感動したのはヒッチハイクのシーン。そのシーンの直前、大好きだった祖母が亡くなったという報せを受けて、もうこれ以上泣けないぐらい大泣きした。トレイラーにイーストウッド監督がやってきて『大丈夫か?』と声をかけてくれましたので、撮影を続けます、と返事をした。その後撮影を続けながら、つらい悲しみがこみ上げてきた。友人たちを失って、のたれ死にしていくアイラ・ヘイズの感情を思うに、彼と少しつながった気がした」

インタビュー

関連コンテンツ

特集

硫黄島についての素朴な疑問と答え(1)
特集

太平洋戦争の数ある戦いの中でも、最激戦のひとつとして知られる硫黄島の戦いを、クリント・イーストウッド監督が日米双方の視点から描く意欲的連作「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」。硫黄島は歴とした日本の領土でありながら、私たちはこの島...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

イーストウッドの透徹した眼差しによる“日本映画”の傑作
映画評論

これは司令官ケン・ワタナベではなく、一兵卒・二宮和也が地獄を目の当たりにする“日本映画”の傑作である。硫黄島で米軍を翻弄した栗林中将の人となりを中心に据えながらも、無意味な精神主義を嫌い、全ての兵士の命を尊重し、現実的な作戦を展開した...映画評論

DVD・ブルーレイ

硫黄島からの手紙[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回限定生産】硫黄島からの手紙[Blu-ray/ブルーレイ] 硫黄島からの手紙[HD DVD] 硫黄島からの手紙[DVD]
硫黄島からの手紙[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回限定生産】硫黄島からの手紙[Blu-ray/ブルーレイ] 硫黄島からの手紙[HD DVD] 硫黄島からの手紙[DVD]
発売日:2010年4月21日 最安価格: ¥952 発売日:2015年12月16日 最安価格: ¥2,571 発売日:2007年8月10日 最安価格: ¥4,093 発売日:2010年4月21日 最安価格: ¥839
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全44件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 半世界 稲垣吾郎、初の単独主演映画で感じたこと、これからのキャリア
  • インタビュー ファースト・マン デイミアン・チャゼル&ライアン・ゴズリング 歴史的偉業よりも描きたかった「家族の姿」とは
  • インタビュー BACK STREET GIRLS ゴクドルズ 見た目はアイドル、心は極道という難役に挑んだ岡本夏美、松田るか、坂ノ上茜が激白!
インタビューの一覧を見る
Jobnavi
採用情報