硫黄島からの手紙のレビュー・感想・評価

硫黄島からの手紙

劇場公開日 2006年12月9日
44件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

最後に出てくる負傷した米兵はライアン・フィリップではありません。

 『父親たちの星条旗』を復習せず、『硫黄島の砂』(1949)やTVドラマ『硫黄島~戦場の郵便配達』によって理解力を高めました。どれもこれも秀作ばかりなので、このクリント・イーストウッド作品をどう表現していいものかわからなくなるほどなのですが、アメリカ人が硫黄島での戦闘を日本人の視点で描いたこと以外に、現代的な視点を取り入れた人間本来の姿をリアルに表現していたことに驚かされました。

 まずは圧倒的な兵力で攻めてきたアメリカ軍の軍勢に驚いた日本兵西郷(二宮和也)と同じく、戦艦が押し寄せてくるシーンに腰を抜かしてしまいそうになりました。自分だったら糞と一緒に山をころげ落ちるかもしれないな~と思いつつ、その後の艦砲射撃の迫力に体が硬直し、浮遊感さえ味わってしまいました。そして、擂鉢山の頂に星条旗を掲げられた裏の場面で、日本軍が体の一部を蝕まれたかのような感覚に包まれたのです。戦争に負けたことのないアメリカが描く敗戦国日本であるはずなのに、全く違った印象を持ってしまう。これも「勝ち負けを描いたものではない」という境地に達した監督だからこそ為しえたことなのでしょう。

 戦争の醜さ、不条理といったことも日米双方の視点で平等に描かれていることにも気づきます。日本側に「衛生兵を狙え」とか「死んだフリ」とかの卑怯な手口の描写もあれば、投降した兵士を撃ち殺す米兵も描いている。また、軍法会議にもかけないで部下を殺そうとする上官もいれば、玉砕が美徳とされていた当時の精神論に対抗するかのように「命を大切にせよ」と嗜める司令官もいる。そして、「天皇陛下万歳」と士気をあげる一方で、玉砕よりも命が大切、愛国心などよりも家族が大切なのだと栗林や西郷を通して訴えてくるのです。玉砕が美徳じゃないといったことも、手榴弾による自決の映像がグロかったことでわかります。

 戦争の英雄なんていないんだという前作と同様に、栗林中将(渡辺謙)も英雄のようには描かれてなかったし、バロン西(伊原剛)にしても「アメリカ人だって家族を愛する普通の人間なんだ」と訴えているようで、英雄ではありませんでした。また、元憲兵だった清水(加瀬亮)の存在も日本の戦争映画では異色かもしれません。まるで今の北朝鮮のように自由のなかった当時の日本の風潮が一人の新米憲兵の目を通して描かれているのです。

 どちらかというと、人の死によって号泣させる映画ではないのかもしれません。日本軍がとった作戦や戦闘の経過、日本兵たちの様々な思い、手紙を通じて知りえた事実を冷静に受け止め、追悼の念を込めた映画なのです。ずっと流れていた音楽がレクイエムのように聞えてきました・・・

kossykossy
kossykossyさん / 2019年1月16日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ベクトルだけでも価値がある

アメリカがこの作品を作るだけでも意味がある。自らの罪を認め、それを世に出すことができる。アメリカは、ナチスよりも酷いのはことをしている。日本は原爆、東京大空襲などで日本人を理由なく虐殺している。インデアン関係などを含める数千万人を殺しており、その罪を問われていない。淡々と進み、おかしな描写もあるが、これだけ、偏見のないものを作れるイーストウッドは名監督だろう。

アサシン
アサシンさん / 2018年9月21日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

うーん、画面が見にくいし、声が聞き取れない… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

戦争美化的な要素があるのでは、と警戒しながら見たが、杞憂だった。
ただ、映像がセピア色に加工されていて、白黒映画の「第三の男」のように、何が映っているのかよくわからないところが多々あった。
音声も聞き取りづらく、英語の箇所の日本語字幕が一番わかりやすかったので、日本語にも日本語字幕を付けてもらいたいレベル。
題名からイメージしていた家族との兵士の繋がりはほとんど明らかにされず、西郷の妻子のことしかよくわからない。
渡辺謙は主役だったのだろうか?彼の家族への手紙の一部は紹介されているが、家族自体は明らかにならず、彼の立ち位置もよくわからないまま。
印象的なのは、戦闘中に投降しても米兵に撃ち殺されたということ。生き残って帰ってきた人というのは、本当に戦闘終了まで生き残って捕虜になった人しかいないのだろうか?
西郷が大宮でパン屋をやっていたというが、戦時中にパン屋って洒落てるな、と思ってなかなか感情移入できず、惜しいことをした。

a0064
a0064さん / 2018年6月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

Amazonでみる。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

Amazonで見ることができた。時間が取れなくて途切れ途切れに、丸一日かかった。iPhoneの小さい画面。劇場でみるのとはわけが違うとは思うが、自分用に記録する。

硫黄島の戦争のことは、ほとんど知らなかった。
なぜこれがクリントイーストウッドによって映画化されたかもわからない。アメリカ側の「父親たちの星条旗」とと対になる作品らしい。ということは、二本まとめて見なくてはならないことになる。

本作の主人公、二宮和也がいい。元パン屋で、顔を見ぬ我が子が一人。戦争とは無縁のような男だ。「ブラックペアン」とはちょっと違うが、すこしニヒルなところはあるような気もする。

あとは、ほぼ軍人がでてくる。中村獅童、井原剛志、加瀬亮。このような男たちが、遠い島まで戦争にきて、よく知りもしないアメリカ軍と戦っていたのだということが、いまさらだが、認識させられるのだ。軍人と言っても、職業軍人は一握り。あとはパン屋であったり、農家であったり、特高警察くずれであったりの寄せ集めなのだ。そして職業軍人であっても、水や食糧や武器もなく、風呂に何日も入らなければおかしくなってくる。

画面はモノクロームで、当時に思いをはせるために適した映像効果になっている。

akkie246
akkie246さん / 2018年6月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

可もあり不可もあり ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

皆さん仰るようにアメリカ製の映画で描かれる日本人像としては異例とも言えるほどナチュラルに感じた。

あまり演技がうまいとは思わないが、嵐の二宮が演じるキャラクターは飾らず、偏りのない等身大の青年であったのが良かった。

戦闘シーンをはじめ細かな演出に違和感を感じる事が多く、あまり劇中世界に没入できなかったのが低評価の主要因。

あとラストシーンで二宮がシャベル振り回していたのは
何だか物を盗られて子供みたいに怒って足掻く非力な日本人と、質・量ともに勝る武器を持って多勢でいなすアメリカとの太平洋戦争そのものの風刺みたいに思えた。
制作者はそんなこと意図してないにせよ、そんな風に見えたという個人的な解釈のひとつなのであしからず。

余談だけど、映画を観て戦争について考えるというのは不十分だと考えていて
映画は少なからず制作者やスポンサー等の意図やバイアスが反映されるので
それを観てそのまま戦争とは、、、と考え出すのは早計かと。
あくまで動機付けと位置付けて、映画をトリガーにして色々調べるってのが必要なのかなと。

nkr
nkrさん / 2018年4月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

答えがない

日本軍が後退を余儀なくされる経過などはあまり描写されていないものの、空襲や上陸作戦、夜戦など、ハリウッド映画ならではの迫力シーンとともに、主に日本軍の戦闘員目線でのリアルな葛藤、狂気、絶望がとても丁寧に描かれている。
バンザイ突撃や集団自決なども、アメリカ人からみた正気を失った異国の野蛮人による理解不能な行動としてではなく、あくまで、追い詰められた日本人の視点を保っており、アメリカの価値観や正義を押し付けるような描写でないのは好感がもてた。
いっぽうで馬や犬を通して、往時の戦争や軍人の無差別な容赦の無さをさりげなく浮かび上がらせるなどの小技も冴えている。
それにしても、戦争してはいけないとは言うは易しで、戦争がなかった時代はほとんどなかったことを考えると、よほど知恵を絞らないと戦争を防ぐことはできないのだろう、人類は...
中東や半島情勢をみれば過去のものでもなければ他人事でもない。

肉ネ~ム
肉ネ~ムさん / 2018年3月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

期待どうりよかった!

渡辺謙さんの部下を思う気持ちが素晴らしい指揮官ですね!

atti1970
atti1970さん / 2017年9月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

反戦映画とは何か。

みんな虫けらのように死んでいった。手榴弾を抱えて、虫けらのように死んでいった。

決して、戦争賛美の映画ではない。
手榴弾で集団自決するシーンは、鳥肌が立った。
実際の戦争では、もっと惨たらしい死が大量に生み出されていたのだろう。「ヒト」から一瞬で「モノ」に変わる惨たらしい死。

「戦争はしてはいけない」ということを、改めて実感させてくれる映画であると思う。
戦争で死んでいった大多数の人は、虫けらのように死んでいった。
その死には何の意味もなかった。

戦争での「意味なき死」を描く映画は、強力な反戦映画になりうる。

グダール
グダールさん / 2016年8月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 5 件)
  • 共感した! (共感した人 5 件)

重く、深く、刻みこむ。

洋画として見たはずが、蓋を開ければ完全に邦画じゃないか!と感じられた。
それほどにクリント・イーストウッド監督の戦争への偏った意見や思想が反映されず、徹底的に日本側から見た戦争を描いている。
だからこそ日本人の私の心へ深く沁み入る作品となった。

派手さやヒーロー性などエンターテイメントを完全に排除しており、そのリアリティさが逆に理不尽で壮絶な戦争の現実を一層色濃く映し出していた。

是非二部作である「父親たちの星条旗」も見なければならない。

悲痛な感情がこみ上げる事もあれば、ただただ思考を停止させて苦しみをシャットアウトしたくなるような場面もある。
しかし、たった70年前に実際の島で行われていた戦である。
今目の前にある日常が如何にアンバランスな奇跡の上に成り立っているのか思い知らされる。

折角の情報社会。

「知る」「調べる」「考える」

始まる前から負け戦だったこの戦い。
それでも戦争をせざるを得なかった時代背景や政治的な問題。
そのスタートを知り、調べ、考え続ける事こそ当時のような物理的な殺し合いのない「平和」を維持するという事だと思います。

どうか1分1秒でも、アンテナを張り巡らせて。
この時期に鑑賞して良かったです。

nano-hana
nano-hanaさん / 2016年8月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

硫黄島2部大作・・

クリント・イーストウッド監督による硫黄島2部大作。日米双方からの視点で描いている。アメリカ側の視点から「父親たちの星条旗」日本側の立場から本作品である。硫黄島の過酷な戦い・・太平洋戦争末期に米軍の総攻撃に洞穴を掘って地中から応戦した。日本軍の一兵に嵐の二宮和也。人情味のある栗林中将に渡辺謙。果して硫黄島はどうなるのか!?これ以上はネタバレになるので・・歴史的には硫黄島はアメリカの基地となり日本本土を空襲した。2006年のアメリカ映画。

亮一君
亮一君さん / 2016年7月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

日本人描写が良い

外国人監督が撮った映画とは思えない。日米双方の視点から硫黄島の戦い描くという企画であったとしても、ここまで日本人を表現できるのってすごい。間とか空気とか暗黙の了解のような感じは、まったく日本映画のようだった。
二宮君の演技がとてもいい。生き残るためには手段を選ばないというタイプでもないし、どのような状況に陥っても自分の意志を貫くという訳でもない。弱音も吐くし長いものにもまかれる。普通の青年を背伸びせずナチュラルに演じており、時代を超えた物語である事を感じさせないほどの共感を持てた。

トタ助
トタ助さん / 2016年5月12日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イーストウッド大好きなのでだいたい必ず映画館に見に行きます 映像は...

イーストウッド大好きなのでだいたい必ず映画館に見に行きます 映像は辛かったけど見に行って良かったと思います

ふうさん
ふうさんさん / 2016年4月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

戦争は肯定できない

太平洋戦争の時に硫黄島で激戦が繰り広げられたことは知っていた。
この映画はただ硫黄島での戦いで起きたことをそのまま描いているだけであるが私の胸に深く刻まれた。
他のレビューを見てみると「何を伝えたいのかがわからない」「もっと兵士たちの家族の様子を描いて欲しかった」などと書いてある。
このように思ってしまう人たちはこの映画、戦争を理解していない。
戦争を経験していない私たちは戦争で何が起こったのかを知り、次の世代へと伝え、人類が戦争を忘れないように努めるべきなのである。個人個人がどう思うかという点はさほど重要ではなく、重要なのは戦争について考えるときに戦争で何があったのかを知っている上で考えることである。

私はこの映画を観て、戦争はいかなる理由があっても支持できなくなった。戦争は経済、政治にとって大きなメリットをもたらす。日本もかつて朝鮮戦争の恩恵を受けて戦後復興した。しかし戦争がもたらす不幸に対しては多くの人が軽く見ているという現実がある。
去年の夏に安保関連法案が可決された時、私はそこまで法案に対して反対の姿勢は持っていなかった。法案を可決することで高い技術力を持つ日本の軍事産業が少しでもより活性化し日本の機械工業がまた世界で力を持つようになれば日本経済全体が潤い、豊かになるのではないかと考えていたからである。しかしその考え方は戦争がいかなるものなのか知らない人間の野蛮な意見だったのだろう。戦争というのは権力を持つ人間の身勝手な理由で始まる。決して自分が戦場で危ない目にあわないとわかっている人間が戦争を始めるのである。彼らは顔も名前も知らず会ったことさえない兵士を駒としてしか考えず彼ら一人一人の死に対して何か思うこともない。太平洋戦争では国民全体を洗脳し、死ぬことを尊いものに仕立て上げ、その結果として硫黄島の戦いでもあったように手榴弾で無意味に自決するということを正当化するという非人道的なことまでした。人の命は尊いものであるのにこの映画の中ではゲームのように人がパタパタ死んでいく。これが現実に起こったことなのかと思うと震えた。
アメリカはこの硫黄島の戦いのあと、原子爆弾を広島と長崎に「戦争を早く終わらせるため」として投下する。この映画を見る限り原爆を投下しないでも戦争は終わっていたのではないかと思う。戦争を繰り返し続けるアメリカでこの映画が作られ高い評価を受け、たくさんの人がこの映画を観てアメリカ人含め世界中の人の戦争に対する考え方が変わるといい。
日本兵の悪い部分、良い部分。アメリカ兵の残虐さと優しさ。両方の局面を描いたのが非常に良かった。

K
Kさん / 2016年3月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

「硫黄島からの手紙」を観て・・

クリント・イーストウッドの戦争映画の監督作品。アメリカ側からの視点で硫黄島の戦いを描いた「父親たちの星条旗」に対して、日本側からの視点での作品。嵐の二宮和也が日本軍兵士のいい演技をしている。栗林中将に渡辺謙。硫黄島はアメリカに攻められ占領されたが、日本軍は縦横に洞穴を掘ってそこから応戦して最後まで戦った。硫黄島はその後、アメリカ軍の基地となり日本本土の空襲の拠点となった。
2006年の戦争映画の名作といえる。

Ryoichi
Ryoichiさん / 2015年11月22日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

そりゃ楽しい映画じゃないよね。 これR15とかじゃないかと思うくら...

そりゃ楽しい映画じゃないよね。
これR15とかじゃないかと思うくらい、かなり恐かったし(汗)
でも硫黄島のこととか知らなかったから勉強になった。
二宮くんの演技がやっぱり良かった!大奥といい日本男子が似合うね。
それにしても、アメリカ視点の映画もあったのは知らなかった。面白い取り組みだと思った。

李
さん / 2015年8月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

僕は戦争について詳しく知りません。 この映画はいかに戦争というもの...

僕は戦争について詳しく知りません。
この映画はいかに戦争というものが恐ろしく悲しいものかを教えてくれます…
負けることが最初からわかっていたにも関わらず家族のためにも国民のためにも戦う日本軍カッコ良かったです。
まだまだ戦争について知らない人は是非ご覧ください

鷲尾
鷲尾さん / 2015年5月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よくわからない

前作とのつながりがほとんど無く、戦場のシーンでもちょっと視点が変わっただけで、せっかくの2部構成なのにもったいなく感じた。
戦闘シーンにも重きを置かず、日本に残る家族とのやりとりも無く、渡辺謙はずっとエリートだし、なにを描いてるのかよくわからなかった。

チヌテ
チヌテさん / 2015年3月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ハリウッド調の戦争記録映画

巨額予算といいスタッフがあって日本の視点からの戦争映画が欲しい。

硫黄島の激戦し関し、アメリカの高倉健的なクリントイーストウッドが作成してくれたことには感謝。

一方的なアメリカユダヤ人視点の戦争映画が多い中で貴重な作品ですね。

歌舞伎の人、渡辺謙、ニノが良い感じ。

44mm
44mmさん / 2015年3月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

このテーマをあえて扱ったことに、敬意を称したい。

このテーマをあえて扱ったことに、敬意を称したい。

ことうら まこ
ことうら まこさん / 2015年3月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

『硫黄島からの手紙』

良かった。お国の為一辺倒だけじゃない悲壮感と映像が良かった。

好きじゃなかった加瀬亮が良かったビックリした。NAEも良かったよ。

リッキー Rickie
リッキー Rickieさん / 2015年1月1日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

44件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報