劇場公開日 2006年12月9日

硫黄島からの手紙のレビュー・感想・評価

3.559
16%
51%
30%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全59件中、1~20件目を表示

3.5戦争の真実に誠実なイーストウッド監督

2020年5月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

日本の敗戦が濃厚だった頃の、南洋の最前線で最後まで諦めず敵と戦う日本兵の姿を、クリント・イーストウッド監督が紳士的に描く。本来、この脚本ならば日本人監督が撮るべきものを、全編日本語の台詞にも関わらず遣り遂げたことが意味することは、イーストウッド監督の懐の深さであり、戦争に対する見識の高さであろう。モノトーンに近いカラーの色彩が代表するように、内容も演出も編集も冷静な視点が行き届いた生真面目さが特長になっている。戦後も60年以上経つと、これまでの一方的な反戦思想だけでは全てを語ることが出来ない。戦死していったひとりひとりの事情に配慮した客観的な再考が必要とされる。日本映画の欠陥を指摘されたようで、映画を離れて考えなくてはいけない作品だ。
俳優では、唯一加瀬亮の演技に感銘を受ける。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav (グスタフ)

4.0アメリカ人が描いたものだとは思えないほどきちんと日本の戦時中の模様...

2020年5月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

アメリカ人が描いたものだとは思えないほどきちんと日本の戦時中の模様を表現していたと思う。さすがイーストウッド!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あかねちん

4.0映画として

WALLEさん
2020年4月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

見事に仕上がっているし、その中身も日本人として感じるものがあった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
WALLE

4.0圧倒的リアリティ。

2020年4月16日
iPhoneアプリから投稿

イーストウッド監督は実話に基づいた作品の評価が高いですが本作もそのひとつで、痩せた日本兵や薄暗い塹壕、前線の凄まじさを忠実に再現していました。ただ丁寧に描いたというのではなく、日本兵の考え方やひとりひとりの背景を織り交ぜており、戦死した者に対しての敬意を感じました。
また、二宮さんをはじめとした俳優さん達の気迫の演技も見どころのひとつです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆーすけ

4.0観なくてはいけない映画

光陽さん
2020年3月31日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

とてもリアルな描写の映画でした。
観ていてこんなに苦しい気持ちになった映画ははじめてです。
けして面白い映画ではありませんでしたが、でもこの映画は観なくてはいけない映画だと思いました。
二度と日本が同じ戦争という過ちと悲劇を繰り返さないように、そして世界に平和が訪れますように願ってやみません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
光陽

5.0アメリカ人とこの映画について語り合いたい

2020年2月27日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

知的

ドキュメンタリー風。目の前で爆破して血や肉片がこっちまで飛び散ってくるような臨場感がある。
 『父親達の~』を観ていると「あ、この場面」と二重の楽しみも。

日本制作にありがちの「それ泣け〜!!」とか教訓的な盛り上がりには欠ける。
 ただ淡々と綴られる。
 役者の熱演で感情移入して盛り上がれるけれど、演出として、音楽とか総動員して盛り上がらせようとはしていない。
 それだけに、考えさせられる。この戦争ってなんだったのだろうと。特に二部作両方見て、両方の事情知ってしまうと、なんだったのだろうと。

あの時代の人々が何故あのように、一つの価値観に追い込まれていってしまったのか、よくわからない。教育制度や、非国民にされないためという人もいる。
 でも、それよりも何よりも、あの極限状況に置かれて、自分がやっていることの意義を妄信しないと心が折れちゃうと、この映画を観ていて思った。自決も視野狭窄。

しかも考えてしまったのが「家族を守るために自分の命を投げ出す」「困難なミッションと知りつつも、あえて挑戦する」姿に憧れを感じるのは、あの時代特有なものではない。『宇宙戦艦ヤマト』『ガッチャマン』その他たくさんの映画にも流れている主題。
 あの時代特有の狂気としてしまうだけでいいのだろうか?

 とてもたくさんのことを考え、感じさせられた。泣いて、感動して、なんていう言葉が薄っぺらに思えるほど。

 観て、そして多くの人と語り合いたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
とみいじょん

4.0戦争の恐ろしさ

rrr.さん
2020年1月26日
iPhoneアプリから投稿

この映画は数ある戦争映画の中でも有名な作品であり、人生で1度は見ておきたい作品である。

今の私たちにとって戦争というものがどれほど恐ろしく、残酷で悲しいものであることは想像でしか感じることが出来ない。目の前で味方がやられていく辛さ、勝ち目がないとわかっていても自分の命をかけてまで国を守ること、戦争というものは決してあってはならないものだと思う。

私も学校で硫黄島の戦いを勉強する機会があったが栗林閣下は兵士のことを考え、しっかり向き合うかなりいい方だと学んだ。そのこともこの作品では描かれていた。

西郷役の二宮の演技もかなりすばらしかった。

今の世界でも戦争している国はある。私たちは戦争についてもっと深く考えていくべきではないだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
rrr.

5.0数奇な運命

odeonzaさん
2020年1月17日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
odeonza

5.0葛藤抱える兵士の信念、胸締め付けられる

2019年11月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館

戦況分析続け斬新な戦略練る上官の、部下を見守る優しい眼差しや相手の立場に立って敵味方関係なく状況判断下す姿に胸打たれる

戦地へ配属された兵士の過去が描かれ、大切な人への切ない思いが綴られた手紙や、難航極めながらも攻め続け、信念持った兵士の無念にじませる心情が胸に突き刺さる

アカデミー賞サウンド編集賞・ゴールデングローブ賞外国語映画賞受賞作
日本軍側に焦点当て戦時下の緊迫した情勢や人間関係を考えさせられる、クリント・イーストウッド渾身の一作

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
Noriko

4.0今平和に生きれていることに感謝

つばめさん
2019年10月31日
iPhoneアプリから投稿

初めて日本人の地上戦を描いた映画を見ました。
今まで空爆のイメージが強かったのですが、戦争(地上戦)とはこんな生々しく恐ろしいものだったと戦争へのイメージが変わりました。

他、沖縄や樺太などでも地上戦があったと認識しています。訪れる際はその地での歴史もしっかり学びたいと思います。

他国の戦争への価値観も他の映画などを通じて学びたいと思いました。

今、平和な環境に生きていられることに感謝
やりたいことに挑戦できることに感謝
好きな人のそばにいられることに感謝

戦争の歴史を忘れず、
変なプライドは持たず、精一杯生きたいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
つばめ

0.5話題性だけの作品

2019年10月18日
PCから投稿

監督は日本語を理解してないので演技にはタッチしてないのでしょうね。
みんな自由に演じてるので、役というより俳優そのものという感じです。
それで、映画というより学芸会みたいだ、ということです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

4.0涙は流しても、笑顔は作らない。戦争がどれだけ愚かで卑劣な行為かが分かる。

YuuuuuTAさん
2019年8月15日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
YuuuuuTA

2.5作品としての素晴らしさは色々あると思う。 これが戦争というもので、...

さなさん
2019年8月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

怖い

知的

作品としての素晴らしさは色々あると思う。

これが戦争というもので、きちんと観なければいけないとは思うのだけど、とにかくむごい。むごすぎる。
他の方のレビューに「人が虫けらのように死ぬ」とあったが、ほんとその通り。様々な死に方で、バタバタ死んでゆく。
2時間半つらかったーーーー
呼吸が浅くなる映画。精神的にとか表現上とかじゃなく、本当に息が苦しくなった作品。

基本的に、何言ってるか聞こえないシーンが多い。それがまたストレスとなるので、ただただ辛い。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
さな

4.0こういう映画は日本人にこそ作って欲しかった。

2019年6月1日
Androidアプリから投稿

こういう映画は日本人にこそ作って欲しかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

5.0日本映画がこれを作れないのが残念

Tさん
2019年3月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

知的

硫黄島で戦う日本軍の兵士達の心情を深く描いている。
日本映画だとこういう描き方ができないのはなぜか。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
T

5.0最後に出てくる負傷した米兵はライアン・フィリップではありません。

kossyさん
2019年1月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 『父親たちの星条旗』を復習せず、『硫黄島の砂』(1949)やTVドラマ『硫黄島~戦場の郵便配達』によって理解力を高めました。どれもこれも秀作ばかりなので、このクリント・イーストウッド作品をどう表現していいものかわからなくなるほどなのですが、アメリカ人が硫黄島での戦闘を日本人の視点で描いたこと以外に、現代的な視点を取り入れた人間本来の姿をリアルに表現していたことに驚かされました。

 まずは圧倒的な兵力で攻めてきたアメリカ軍の軍勢に驚いた日本兵西郷(二宮和也)と同じく、戦艦が押し寄せてくるシーンに腰を抜かしてしまいそうになりました。自分だったら糞と一緒に山をころげ落ちるかもしれないな~と思いつつ、その後の艦砲射撃の迫力に体が硬直し、浮遊感さえ味わってしまいました。そして、擂鉢山の頂に星条旗を掲げられた裏の場面で、日本軍が体の一部を蝕まれたかのような感覚に包まれたのです。戦争に負けたことのないアメリカが描く敗戦国日本であるはずなのに、全く違った印象を持ってしまう。これも「勝ち負けを描いたものではない」という境地に達した監督だからこそ為しえたことなのでしょう。

 戦争の醜さ、不条理といったことも日米双方の視点で平等に描かれていることにも気づきます。日本側に「衛生兵を狙え」とか「死んだフリ」とかの卑怯な手口の描写もあれば、投降した兵士を撃ち殺す米兵も描いている。また、軍法会議にもかけないで部下を殺そうとする上官もいれば、玉砕が美徳とされていた当時の精神論に対抗するかのように「命を大切にせよ」と嗜める司令官もいる。そして、「天皇陛下万歳」と士気をあげる一方で、玉砕よりも命が大切、愛国心などよりも家族が大切なのだと栗林や西郷を通して訴えてくるのです。玉砕が美徳じゃないといったことも、手榴弾による自決の映像がグロかったことでわかります。

 戦争の英雄なんていないんだという前作と同様に、栗林中将(渡辺謙)も英雄のようには描かれてなかったし、バロン西(伊原剛)にしても「アメリカ人だって家族を愛する普通の人間なんだ」と訴えているようで、英雄ではありませんでした。また、元憲兵だった清水(加瀬亮)の存在も日本の戦争映画では異色かもしれません。まるで今の北朝鮮のように自由のなかった当時の日本の風潮が一人の新米憲兵の目を通して描かれているのです。

 どちらかというと、人の死によって号泣させる映画ではないのかもしれません。日本軍がとった作戦や戦闘の経過、日本兵たちの様々な思い、手紙を通じて知りえた事実を冷静に受け止め、追悼の念を込めた映画なのです。ずっと流れていた音楽がレクイエムのように聞えてきました・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
kossy

3.0ベクトルだけでも価値がある

2018年9月21日
PCから投稿

アメリカがこの作品を作るだけでも意味がある。自らの罪を認め、それを世に出すことができる。アメリカは、ナチスよりも酷いのはことをしている。日本は原爆、東京大空襲などで日本人を理由なく虐殺している。インデアン関係などを含める数千万人を殺しており、その罪を問われていない。淡々と進み、おかしな描写もあるが、これだけ、偏見のないものを作れるイーストウッドは名監督だろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
アサシン

2.0うーん、画面が見にくいし、声が聞き取れない…

a0064さん
2018年6月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
a0064

4.0Amazonでみる。

akkie246さん
2018年6月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
akkie246

2.0可もあり不可もあり

nkrさん
2018年4月16日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
nkr
「硫黄島からの手紙」の作品トップへ