父親たちの星条旗

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
父親たちの星条旗
父親たちの星条旗
6%
50%
39%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

 「許されざる者」「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督が、太平洋戦争最大の激戦だったといわれる硫黄島の戦いを日米双方の視点から描く映画史上初の2部作。本作はその第1弾で、アメリカ側の視点による作品。硫黄島の擂鉢山に星条旗を打ち立てた6人の兵士の写真の真実と、戦場から生き残り米本土に帰還した3人のその後の人生を描く。

2006年製作/132分/アメリカ
原題:Flags of Our Fathers
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第79回 アカデミー賞(2007年)

ノミネート

音響編集賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Splash/AFLO

映画レビュー

2.5硫黄島の激闘(アメリカ目線)

n.yamadaさん
2020年8月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

難しい

寝られる

イーストウッド監督×スピルバーグプロデュースによる硫黄島2部作のアメリカ目線編。
戦地の英雄に祭り上げられた青年たちの苦悩を描く。

戦争の悲惨さを思い知らせてくれる作品のひとつ。ストーリーは、回想形式になってるので、時間が行ったり来たりで、若干解りづらい…
それにしても、アメリカも結構ギリギリだったのね…

ポール・ウォーカーも出演してるけど、全然目立ってなかったなぁ~

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
n.yamada

3.5羨ましいアメリカ

2020年7月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

「過ち」を振り返って、
冷静に是非を問える民度、
我が国には無い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
クリストフ

4.0戦勝国の虚しさを描くイーストウッド監督

2020年5月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

「硫黄島からの手紙」と同時に制作されたイーストウッド監督の渾身の力作。激戦となった戦場を舞台に、日米両国の視点で描き二部作にしたイーストウッド監督の創作エネルギーに感服する。山頂に星条旗を掲げた兵士たちに、本土に戻って国債発行のPRの為にツアーがあったことを知る面白さと、そこに戦争の虚しさを同時に感じて複雑な心境になる。
残念なことは現在と過去のカットバックが説明不足な点で、容姿が似ていない配役の問題もある。特筆は、球場に作られた山頂のモニュメントで星条旗を掲げる再現イベントシーンの演出。戦闘場面は臨場感溢れ、迫真の壮絶感に包まれ圧倒された。この上で兵士一人ひとりの個性が映像上に焼き付けてあったならば、恐ろしいまでの傑作になったと思う。役者が弱い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav (グスタフ)

3.0何かが

WALLEさん
2020年4月24日
Androidアプリから投稿

イーストウッドで、ストーリーの筋書きも着眼点も良いはずなのに、何かが欠けているのか、精彩にかいた印象。セットものとしては良い作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
WALLE
すべての映画レビューを見る(全32件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「硫黄島」シリーズ関連作品