「午前十時の映画祭7」上映作品29本発表 ヘプバーンのあの名作が4Kで初ラインナップ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月19日 > 「午前十時の映画祭7」上映作品29本発表 ヘプバーンのあの名作が4Kで初ラインナップ
メニュー

「午前十時の映画祭7」上映作品29本発表 ヘプバーンのあの名作が4Kで初ラインナップ

2016年2月19日 10:00

高画質な4K映像で上映される「マイ・フェア・レディ」

高画質な4K映像で上映される「マイ・フェア・レディ」
My Fair Lady Original Motion Picture
(C)1964 Warner Bros. Pictures Inc.,renewed
(C)1992 CBS. My Fair Lady is a trademark
of CBS. All RightsReserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 古今東西の名作映画を上映する「午前十時の映画祭」の7回目の開催となる「午前十時の映画祭7」のラインナップが決定。「七人の侍」高画質4K版ほか上映作品29本が発表された。

2010年の初開催から7回目となる来期は、4月2日から開幕。上映作品は全29本がラインナップされ、その内訳は、新規セレクトの外国映画19本、新規セレクトの日本映画4本、再上映作品6本となっている。

また、高画質4Kでの上映作品も多数そろい、外国映画ではオードリー・ヘプバーンの「マイ・フェア・レディ」「ティファニーで朝食を」が初ラインナップされた。その他、外国映画では、ジェラール・フィリップカトリーヌ・ドヌーブスティーブ・マックィーンロバート・レッドフォードクリント・イーストウッドら人気スターの主演作はもちろん、アルフレッド・ヒッチコックロマン・ポランスキーチャン・イーモウら世界の名匠の傑作も多数ラインナップ。日本映画では、世界中の映画人や映画ファンから今も敬愛される黒澤明成瀬巳喜男による傑作の4Kリマスター初上映に加え、「第二回 新・午前十時の映画祭」の映画祭で記録的な動員となった「砂の器」の再上映も決定した。

さらに、新たな試みとして、人気作「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ3本を夏休み期間に一挙上映することも決まった。

上映に際しては、全国55の上映劇場をAグループ、Bグループの2系統に分け、全29作品をグループ交互に51週にわたって上映する。開催期間は4月2日から17年3月24日まで。毎朝10時開映(劇場によっては複数回上映もあり)。入場料金は一般1100円、学生500円。 上映スケジュールや上映作品の詳細などは、映画祭公式サイト(http://asa10.eiga.com/)で。

全29作品は以下の通り。

▽新規セレクト外国映画
めまい」(1958)4K
モンパルナスの灯」(1958)
ティファニーで朝食を」(1961)4K
アラバマ物語」(1962)
奇跡の人」(1962)
マイ・フェア・レディ」(1964)4K
続・夕陽のガンマン 地獄の決斗」(1966)
ロシュフォールの恋人たち」(1967)
ゲッタウェイ」(1972)
ポセイドン・アドベンチャー」(1972)
ハリーとトント」(1974)4K
恋におちて」(1984)
愛と哀しみの果て」(1985)
いまを生きる」(1989)
初恋のきた道」(1999)
山の郵便配達」(1999)
戦場のピアニスト」(2002)

▽新規セレクト日本映画
「生きる」(1952)4K
七人の侍」(1954)4K
浮雲」(1955)4K
午後の遺言状」(1995)

▽人気再上映作
旅情」(1955)
ドクトル・ジバゴ」(1965)4K
「追憶」(1973)
砂の器」(1974)
アマデウス ディレクターズ・カット版」(1984)

▽シリーズ3部作一挙上映
バック・トゥ・ザ・フューチャー」(1985)
バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」(1989)
バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3」(1990)

(映画.com速報)
七人の侍[Blu-ray/ブルーレイ] 七人の侍[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,918 野武士の無法ぶりに悩む百姓たちに雇われた7人の侍たちの勇姿を描いた、巨匠黒澤明監督が贈る壮大なアクション・ドラマ。
バック・トゥ・ザ・フューチャー 25thアニバーサリー Blu-...[Blu-ray/ブルーレイ] バック・トゥ・ザ・フューチャー 25thアニバーサリー Blu-...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥6,557 親友の科学者ドクの発明したタイムマシンでタイムスリップする主人公・マーティの物語を描いた、マイケル・J・フォックス主演のSFアドベンチゃー『バック・トゥ・ザ・フューチャー』がBlu-ray Discで登場!!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 淵に立つの評論 淵に立つ 家族神話の幻想を通して浮かび上がる人間の闇
  • SCOOP!の評論 SCOOP! 大根仁が引き出す、新しい福山雅治のカッコ良さ
  • お父さんと伊藤さんの評論 お父さんと伊藤さん 必ずしも分かり合えない家族や恋人、それでも向き合い一歩を踏み出す瞬間
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

(自ら買い付けた映画の)上映映画館が決まったときは喜びもひとしお!映画に対...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...

映画会社ムヴィオラ

映画宣伝は大変な仕事ですが、素晴らしい映画を届ける仕事はとても楽しいです。

職種宣伝スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi