戦場のピアニスト
ホーム > 作品情報 > 映画「戦場のピアニスト」
メニュー

戦場のピアニスト

劇場公開日

解説

第55回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールの栄冠に輝いた戦争ドラマ。第75回アカデミー賞でも作品賞ほか7部門にノミネートされ、ロマン・ポランスキーの監督賞、エイドリアン・ブロディの主演男優賞など計3部門で受賞を果たした。ナチスドイツ侵攻下のポーランドで生きた実在のユダヤ人ピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの自伝の映画化で、監督のポランスキー自身も、パリでポーランド人の両親のもとに生まれ、収容所で母親を亡くし、各地を放浪して生き延びたという体験を持つ。1939年、ナチスドイツがポーランドに侵攻。ワルシャワの放送局で演奏していたピアニストのシュピルマンは、ユダヤ人としてゲットーに移住させられられる。やがて何十万ものユダヤ人が強制収容所送りとなる中、奇跡的に難を逃れたシュピルマンは、必死に身を隠して生き延びることだけを考えていた。しかしある夜、ついにひとりのドイツ人将校に見つかってしまう。日本では2003年に劇場公開され、第2次世界大戦終結から70年目の15年に、デジタルリマスター版でリバイバル公開。

作品データ

原題 The Pianist
製作年 2002年
製作国 フランス・ドイツ・ポーランド・イギリス合作
配給 ブロードメディア・スタジオ
日本初公開 2003年2月15日
上映時間 148分

受賞歴

第27回 日本アカデミー賞(2004年)

受賞
外国作品賞  

第75回 アカデミー賞(2003年)

ノミネート
作品賞  
撮影賞 パベル・エデルマン
編集賞 ハーブ・デ・ルーズ
衣装デザイン賞 アンナ・シェパード

第60回 ゴールデングローブ賞(2003年)

ノミネート
最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) エイドリアン・ブロディ

第55回 カンヌ国際映画祭(2002年)

受賞
コンペティション部門
パルムドール ロマン・ポランスキー アキ・カウリスマキ
出品
コンペティション部門
出品作品 ロマン・ポランスキー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

怖いほどの美しさとは、このような動きのことを言うのだろう
戦場のピアニストの映画評論・批評

ナチス政権による虐待の嵐の中を奇跡的に生き延びた、ユダヤ系ポーランド人ピアニスト。彼は実在の人物で、ポーランドを代表するピアニストであり作曲家でもあるのだが、彼のサバイバル物語となるはずのこの映画の中で、彼はほとんど何もしない。周囲の...戦場のピアニストの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全35件)
  • 運命とは気まぐれで無慈悲 午前十時の映画祭で鑑賞。この映画が、当時のポーランドのユダヤ人に対するナチスの行為の真実を伝えているのだとしたら、人の残虐性は際限がなく、本当に身震いする思いがする。戦争が無ければ、シュピルマン... ...続きを読む

    つなやん つなやんさん  2016年11月27日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 地味やけど良 天職、この腐った世界で美しさを遺せるならそれは運命。戦争と平和、分かり易さが違うだけで地獄である事に変わりなし。 ドイツ人将校とピアニスト、美しい人間関係ってなぜ一瞬しかないの。永遠が時の狭間に... ...続きを読む

    めたる めたるさん  2016年11月23日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • やっと観られた 見逃していた映画で、映画館で観られて良かった。 ポーランドの事はあまり詳しくありませんが、多くのユダヤ人が、普通に市民として生活していた街が、ナチスに占領されゲットーに閉じ込められる。 家族の生... ...続きを読む

    Momoko Momokoさん  2016年11月17日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

戦場のピアニスト
戦場のピアニスト
2016年8月29日
¥1,990
U-NEXT
※31日間無料

他のユーザーは「戦場のピアニスト」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi