新作映画評論・批評

ホーム > 作品情報 > 新作映画評論
メニュー

新作映画評論・批評

映画.com 新作映画評論

人気映画評論家による最新作批評のコーナー。
近日公開または上映中の最新作の中から編集部が選りすぐった作品を、毎週3作品ご紹介。

2017年6月20日更新
これはもう楽しんだ者勝ち!ノンストップの全部盛り大サービス

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊の評論パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊の評論

ああ、やっと、また会えた。このシリーズのファンならば、ジョニー・デップ扮するキャプテン・ジャック・スパロウと再会できた喜びを素直に享受できるだろう。前4作を見ていない観客にもさほどストレスを感じ... 「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」評論の続きを読む

「余命もの」のお約束を全て裏切る、二人の中年男が過ごす切ない最後の四日間

しあわせな人生の選択の評論しあわせな人生の選択

しあわせな人生の選択の評論

大切な人が余命わずかだと知ったら、あなたはどうしますか? この一文で「またお涙頂戴のアレか」と思わないで欲しい。スペインのゴア賞を独占した「しあわせな人生の選択」は、「余命もの」のお約束であるあ... 「しあわせな人生の選択」評論の続きを読む

レジェンズの面目躍如!絶妙なバランス感覚で魅せる痛快コメディ&ドラマ

ジーサンズ はじめての強盗の評論ジーサンズ はじめての強盗

ジーサンズ はじめての強盗の評論

40年以上働いた会社から年金の支払いを停止された友人トリオが一念発起して銀行強盗を企てる。彼らの奮闘&友情を描く、痛快コメディにしてヒューマンドラマ。なにはさておき、主人公を演じる80歳のモーガ... 「ジーサンズ はじめての強盗」評論の続きを読む

2017年6月13日更新
信仰とは、信念とは。そしてそれを描くべき舞台が、日本だったということの意味

ハクソー・リッジの評論ハクソー・リッジ

ハクソー・リッジの評論

ヴァージニアでの少年時代、誤って兄を煉瓦で殴打してしまった少年は、その時、自宅の壁に貼られた“汝、殺すなかれ”という神の教えを幼心に刻みつける。後に第2次世界大戦の沖縄戦線に衛生兵として従軍し、... 「ハクソー・リッジ」評論の続きを読む

破天荒なパパと、がんじがらめの娘。奇想天外に見せかけてリアルに人間を描く

ありがとう、トニ・エルドマンの評論ありがとう、トニ・エルドマン

ありがとう、トニ・エルドマンの評論

世界各地で絶賛を浴びたドイツ生まれのヒューマンコメディだ。主人公は、ルーマニアでバリバリのキャリアウーマンとして働く娘と、そんな娘を案じる父親。サプライズで突然娘を訪問した父親は、娘がちっとも幸... 「ありがとう、トニ・エルドマン」評論の続きを読む

スピーディーで小気味良い語り口が、英雄伝説に新たな息吹を与える

キング・アーサーの評論キング・アーサー

キング・アーサーの評論

アーサー王といえば、ローマ軍が撤退し混乱期(6世紀の中頃)にあったブリテン島に彗星の如く現れて平安をもたらした伝説の英雄。実在したのかどうかは未だ不明だが、そこには語り次いだ人の数だけ創意工夫が... 「キング・アーサー」評論の続きを読む

2017年6月6日更新
母に迫る死の影に葛藤する少年の心と、物語の力を描く叙情のダークファンタジー

怪物はささやくの評論怪物はささやく

怪物はささやくの評論

大人と子供の狭間にいる13歳の少年コナーは、悪夢を見ている。目覚めても悪夢は終わらない。八方ふさがりの窮地にいるからだ。最愛のママはガンに冒され、日に日に弱っている。パパは外国で新しい家庭を築い... 「怪物はささやく」評論の続きを読む

“正しさ”にまつわるいくつもの問へと観客を巻き込んでいく

セールスマンの評論セールスマン

セールスマンの評論

トランプ政権による母国イランを含む特定7カ国からの入国制限令に抗議して、本年度米アカデミー賞授賞式をボイコットしたアスガー・ファルハディ監督。だが、その新たな快作「セールスマン」は「別離」に続き... 「セールスマン」評論の続きを読む

「祖国への報われぬ愛」に殉じた不屈の精神そのものを見事に謳い上げた巨匠の遺作

残像の評論残像

残像の評論

ポーランド映画を代表する巨匠アンジェイ・ワイダは生涯を賭して、ただひとつの歌を歌い続けた。それはレジスタンスという神話にほかならない。初期の〈抵抗三部作〉、わけても「灰とダイヤモンド」(58)は... 「残像」評論の続きを読む

2334件中、1~9件目を表示

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi