新作映画評論・批評

ホーム > 作品情報 > 新作映画評論
メニュー

新作映画評論・批評

映画.com 新作映画評論

人気映画評論家による最新作批評のコーナー。
近日公開または上映中の最新作の中から編集部が選りすぐった作品を、毎週3作品ご紹介。

2017年5月30日更新
実録映画をアップデートする試み。テロとの戦いの難しさも伝える

パトリオット・デイの評論パトリオット・デイ

パトリオット・デイの評論

マサチューセッツ州の4月の祝日「愛国者の日(Patriots Day)」に毎年開催されるボストンマラソン。2013年の大会で起きた爆弾テロ事件を題材に、捜査当局者、実行犯の兄弟、被害者など事件に... 「パトリオット・デイ」評論の続きを読む

正常と狂気の境目、その危うい心の揺らぎを視覚化した思春期スリラー

アイム・ノット・シリアルキラーの評論アイム・ノット・シリアルキラー

アイム・ノット・シリアルキラーの評論

いつもはのどかな地元の町で猟奇的な連続殺人事件が発生したなどというニュースを聞いて、それを歓迎する住民などいるわけがない。ところが16歳の高校生ジョンは大喜びだ。なぜならカウンセラーにソシオパス... 「アイム・ノット・シリアルキラー」評論の続きを読む

フレッシュな才能によるダイナミックな魅力に満ちた、スタイリッシュなダンス映画

ザ・ダンサーの評論ザ・ダンサー

ザ・ダンサーの評論

ダイナミックな魅力に満ちた作品だ。ダンスをテーマにしたフランス映画と聞くと、クラシックな重厚さを想像するかもしれないが、本作のヒロインはモダン・ダンスの祖。描かれるのは、羽のようなボリュームのあ... 「ザ・ダンサー」評論の続きを読む

2017年5月23日更新
ヒュー・ジャックマンが17年間追い求めてきた魂の最終形がここにある

LOGAN ローガンの評論LOGAN ローガン

LOGAN ローガンの評論

もう胸が張り裂けそうな気持ちでいっぱいだ。我々は「X-MEN」(00)以来、17年間にわたってヒュー・ジャックマン演じる”ローガン“と並走してきたが、その長い旅路がこれほど壮絶かつ妥協のない形で... 「LOGAN ローガン」評論の続きを読む

世代の違う三人の個人史として描かれる女性史。演じる女優が素晴らしい!

20センチュリー・ウーマンの評論20センチュリー・ウーマン

20センチュリー・ウーマンの評論

長編映画監督としてはデビュー作に当たる「サムサッカー」から、家族はマイク・ミルズにとって大きなテーマだった。面白いのは、彼が自分の父との関係を描いた「人生はビギナーズ」、そして母と自分の周辺の物... 「20センチュリー・ウーマン」評論の続きを読む

原作に真っ向から対峙しつつ巧みに脚色。吉田大八の永年の夢は見事に成就した

美しい星の評論美しい星

美しい星の評論

三島由紀夫のSF小説「美しい星」は、ある種の映画人、クリエイターにとっては永年の夢の企画であった。たとえば大島渚が撮れば、〈政治の季節〉にふさわしく、クライマックスでは、主人公大杉重一郎と宇宙人... 「美しい星」評論の続きを読む

2017年5月16日更新
SF映画の概念を覆し深遠な問いかけをもたらす、鬼才監督の仕掛ける映画的体験

メッセージの評論メッセージ

メッセージの評論

鑑賞中、何度も新鮮な驚きを与えてくれるこの映画は、観る側がいかにSFというものに対して、いつの間にかありきたりのイメージを寄せていたかということを認識させる。たとえば宇宙人の造形。頭部が大きく痩... 「メッセージ」評論の続きを読む

おかずは詰め込みすぎだが背景描写に捨てがたい味が

夜に生きるの評論夜に生きる

夜に生きるの評論

ベン・アフレックの監督第1作は、デニス・ルヘイン原作の「ゴーン・ベイビー・ゴーン」(07)だった。ふたりはボストンでつながり、犯罪を扱ったフィクションでつながる。「夜に生きる」は、両者が10年ぶ... 「夜に生きる」評論の続きを読む

日本アニメ屈指の異才の、驚きに満ちた王道青春ファンタジー

夜明け告げるルーのうたの評論夜明け告げるルーのうた

夜明け告げるルーのうたの評論

「マインドゲーム」や先月公開された「夜は短し歩けよ乙女」など、独特の映像センスで知られる湯浅政明監督。その異能ぶりは国内外で高い評価を受け、コアなアニメーションファンから支持されているが、いよい... 「夜明け告げるルーのうた」評論の続きを読む

2361件中、37~45件目を表示

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi