「七人の侍」「生きる」が4Kデジタルリマスターで復活、午前十時の映画祭7で上映 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月19日 > 「七人の侍」「生きる」が4Kデジタルリマスターで復活、午前十時の映画祭7で上映
メニュー

「七人の侍」「生きる」が4Kデジタルリマスターで復活、午前十時の映画祭7で上映

2016年2月19日 10:00

野上照代さんも「ただただ感動」「七人の侍」

野上照代さんも「ただただ感動」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 黒澤明監督の代表作「七人の侍」と「生きる」が、4月2日に開幕する「午前十時の映画祭7」にラインナップされることが決まり、4Kデジタルリマスターの修復作業が行われた。

両作品のオリジナルネガは可燃性の高いナイトレートフィルムのため処分された可能性もあり、「七人の侍」は東宝の保管庫に残されていたマスターポジ、デュープネガなど4本のプリントを使用。4人の技術者が視認できる傷や汚れなどをチェックし、よりオリジナルに近い状態のものを探す。

その後、日本に初めて導入された音声を画像に変換する光学サウンドトラック・デジタル再生装置「ソンダーレゾナンス」にかけ、映像は6Kまで対応できるスキャナーでデジタルスキャン。コンピューターに取り込まれた映像は、技術者が7人態勢で1コマずつ処理していく。傷や劣化が見つかった個所は、その前後のカットから“コピー&ペースト”するような修正が施される。

七人の侍」は上映時間3時間27分でフィルムは20巻、実に29万7406コマと膨大。「生きる」も2時間23分で15巻、20万5405コマに上るだけに、精細で根気と集中力が求められる作業だ。そして、ソンダーによって可視化された音声からノイズなどを除去する整音を経て完成した素材となる。整音の担当者は、「これまではテレシネ(信号による変換)主体で、音の解像度が低く再現性が悪かった。これからは原音に忠実な再現が目標になります」とソンダーの効果を明かす。

4Kデジタルリマスターの映像は、濃淡はもちろん背景の細部までクリアになり、まさに“新作”として復活。スクリプターとして黒澤組を支えた野上照代さんも、「ただただ感動。黒澤さんに見せたい。きっと喜ぶだろうに。『七人の侍』はセリフが聞き取りづらくて、日本語字幕を付けようかっていう話もあったくらい。生き残りとしてお礼を言います」と、その最新技術に感嘆の声を上げていた。

「午前十時の映画祭7」は、4月2日~2017年3月24日の開催。

七人の侍[Blu-ray/ブルーレイ] 七人の侍[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,071 野武士の無法ぶりに悩む百姓たちに雇われた7人の侍たちの勇姿を描いた、巨匠黒澤明監督が贈る壮大なアクション・ドラマ。
生きる[Blu-ray/ブルーレイ] 生きる[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,061 ガンに冒され自分の死期を知った男が、僅かに残された人生をどう生きたか。勇気と無残さの入り混じるその残照を重厚に描いた故黒澤明監督の代表作のひとつ。第4回ベルリン国際映画祭にてドイツ上院陪審賞を受賞。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi