ゲッタウェイ(1972)
ホーム > 作品情報 > 映画「ゲッタウェイ(1972)」
メニュー

ゲッタウェイ(1972)

劇場公開日

解説

「ワイルドバンチ」「わらの犬」などの作品でバイオレンスの真髄を鮮明に捕らえたサム・ペキンパーが、「ジュニア・ボナー 華麗なる挑戦」に続いて再びスティーヴ・マックィーンとコンビを組み、組織に追われる男と女が必死で逃亡する姿を描く。製作はデビッド、フォスター、ミッチェル・プロウアー、脚色は「生き残るヤツ」のウォルター・ヒル、原作はジム・トンプソンの同名小説。撮影はルシエン・バラード、音楽はクインシー・ジョーンズ、編集はロバート・L・ウォルフが各々担当。出演はスティーヴ・マックィーン、アリ・マックグロー、ベン・ジョンソン、サリー・ストラザーズ、アル・レッティエリ、ボー・ホプキンス、ジョン・ブライソンなど。

ストーリー

テキサスのサンダースン刑務所からドク・マッコイ(スティーヴ・マックィーン)が出所した。銀行強盗の罪で10年の刑に服していたのだが、4年間服役したところで突然釈放になったのだ。この釈放はドクにとって1つの取引でもあった。彼は、地方政界の実力者ベニヨン(ベン・ジョンソン)を相手取り、出所と引き換えに町銀行を襲い、奪った金を山分けして保釈金代わりに払おうというのだ。ドクを、愛する妻キャロル(アリ・マックグロー)が待っていた。4年ぶりに味わう自由のうまさ!やがて銀行襲撃の綿密な計画が立てられ、用心深いベニヨンは2人の殺し屋、ルディ(アル・レッティエリ)とジャクソン(ボー・ホプキンズ)を送り込んできた。決行の朝、ドクはキャロルの運転する小型トラックに乗り込み、銀行前のマンホールの真上に停めると、地下にもぐり銀行に通じる電力源を切断した。ルディとジャクソンが拳銃を携えドクが金庫から札束をバッグにつめ込んでいく。襲撃計画は成功したかのように思えたとき、ジャクソンが守衛の1人を射殺してしまった。タイミングよく、ドクの仕掛けた時限爆弾が爆発し、混乱に乗じてドクとキャロル、ルディとジャクソンは別々に逃走した。その途中、ルディは足手まといのジャクソンを射殺し、車から放り出すと、落ち合いの場所に急行した。ドクは、ルディが金を1人じめしようとしていることを知り、一瞬早く彼の胸板をぶち抜いた。ドクはルディが動かなくなったのを見届けると、ベニヨンが待つ農場に向かった。その場でベニヨンは、自分のような政界のボスがたかだか一介の囚人の出所にわざわざ手を貸したのは、魅力的なキャロルがいたればこそ、といい、暗に彼女との情事をほのめかした。その時、車で待っていたはずのキャロルがいつの間にか近づき、やにわにベニヨンを射殺した。ダガ、ベニヨンの言葉がドクに与えたショックは大きかった。怒りと屈辱--しかしいまのドクにはここを立ち去るしかなかった。車から列車に乗りついだ2人は駅のロッカーに金の入ったバッグを預けたが、鍵をすりかえられ、盗まれるというよきせぬアクシデントが起き、ドクの必死の探索で取り戻したものの、この1件でドクは指名手配の身となってしまう。一方、ドクに撃たれたルディは防弾チョッキのおかげで1命を取りとめ付近の獣医クリトンを脅迫して彼を追うためエル・パソに向かった。その頃“経理士”とあだ名されるベニヨンの弟(ジョン・ブライソン)もドクの行方を追っていた。指名手配になっていることを知ったドクはショットガンを買い求め、パトカーの追撃をかわしながらエル・パソのホテルに到着した。しかしホテルには一足先に着いたルディが見張っており、さらに“経理士”にも連絡がいき渡っていた。そんなことは知らないドクとキャロルは高飛びの用意もすませ、しばしの安らぎをみいだしていた。だがいつもと違うホテルの雰囲気に敏感に反応したドクは廊下にひそんでいたルディを殴り倒した。折しも“経理士”らがホテルに到着し、ドクのショットガンが火を吹くのを皮切りに、凄まじい銃撃戦が始まった。1人、1人、ベニヨンの一味が倒れていく。エレベーターからドクを狙った“経理士”も、逆にケーブルを切断され、床に叩きつけられた。窓伝いに逃げるドクとキャロルを、意識の回復したルディが狙った。だがドクは今度こそ止めの1発をルディに見舞った。無事落ちのびた2人は通りがかりの老人から小型トラックを3万ドルで買い取ると、国境を超えて南へ向かった。...

作品データ

原題 The Getaway
製作年 1972年
製作国 アメリカ
配給 東和
上映時間 122分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全9件)
  • 強盗夫婦の愛の逃避行 嵌められた強盗夫婦の逃亡劇と併せて、夫婦の愛が蘇り、信頼が崩れ、再び絆を取り戻していく過程もよく描かれていました。 先の読める所もありますが、展開が速くて飽きません。音楽も個性的でした。 主人公... ...続きを読む

    everglaze everglazeさん  2016年10月17日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • スティーブ・マックィーンがどんどんかっこ良く見えてきます。 逃亡劇... スティーブ・マックィーンがどんどんかっこ良く見えてきます。 逃亡劇も面白く、夫婦愛もきっちり描けていました。 獣医さんは可哀想ですね〜。 ...続きを読む

    やまぼうし やまぼうしさん  2016年9月6日  評価:3.5
    このレビューに共感した/1
  • 回文 「素で痛快なゲッタウェイ?いえ、歌継げないか鬱です。」 ハラハラする緊迫感はあまり…安心してアクションを楽しむ感じでした。 ...続きを読む

    回文探偵 恬淡ブイカ 回文探偵 恬淡ブイカさん  2016年9月4日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

荒野の七人[Blu-ray/ブルーレイ] 大脱走〔期間限定出荷〕[DVD] 砲艦サンパブロ[Blu-ray/ブルーレイ] 砲艦サンパブロ[Blu-ray/ブルーレイ]
荒野の七人[Blu-ray/ブルーレイ] 大脱走〔期間限定出荷〕[DVD] 砲艦サンパブロ[Blu-ray/ブルーレイ] 砲艦サンパブロ[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2016年12月2日 最安価格: ¥540 発売日:2015年7月17日 最安価格: ¥1,029 発売日:2008年8月29日 最安価格: ¥3,959 発売日:2010年7月23日 最安価格: ¥2,063
Powered by 価格.com

他のユーザーは「ゲッタウェイ(1972)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi