菅田将暉&有村架純「花束みたいな恋をした」を観たら気になる、麦と絹の本棚

2021年1月30日 10:00

リストにないタイトルを確認することができる
リストにないタイトルを確認することができる

名脚本家・坂元裕二が書き下ろし、菅田将暉有村架純が共演したラブストーリー「花束みたいな恋をした」(土井裕泰監督)が、1月29日から全国350館で公開中だ。今作は2015~20年、山根麦と八谷絹という、どこにでもいる大学生の21歳から26歳までを描いている。劇中、主人公ふたりが距離を縮める瞬間が幾つか描かれるが、その中のひとつとして本棚を挙げることができる。

東京・井の頭線の明大前駅で終電を逃して偶然出会った麦と絹が意気投合し、“ある映像”を見るために麦の家を訪れたところで本棚が登場する。それまでの描写から、ふたりが映画や音楽といったカルチャーシーンに大きな関心を寄せていることがうかがえるが、麦の本棚を見た絹が「ほぼ、うちの本棚じゃん」と驚くほど趣味が酷似していることが明らかになる。

坂元作品の特徴ともいえる固有名詞の数々はこれまでの作品以上に登場するが、それにも増して、今作ではお気に入りの漫画の巻数までセリフに盛り込まれるほど、こだわり抜かれている。今作のパンフレットでも麦と絹が偏愛する作品と作家を特集しているが、映画.comでも一覧にして紹介する。

画像2

ふたりの会話のなかで、とりわけ強い意味合いを持つのが今村夏子の「ピクニック」、野田サトルの「ゴールデンカムイ」、市川春子の「宝石の国」、滝口悠生の「茄子の輝き」の4作品。どういったシチュエーションで登場するかは伏せるが、交際期間が長くなるにつれ、ふたりの趣向にも変化の兆しが見えてくる点も見逃すことができない。

【麦と絹の好きな作家】

穂村弘
長嶋有
いしいしんじ
堀江敏幸
柴崎友香
小山田浩子
今村夏子
小川洋子
多和田葉子
舞城王太郎
佐藤亜紀
野田サトル
ほしよりこ
市川春子
滝口悠生
小川哲
近藤聡乃
西村ツチカ

【ふたりの蔵書(ごく一部)】

朝井リョウ何者
阿佐田哲也麻雀放浪記
荒木飛呂彦「ジョジョの奇妙な冒険」
梅佳代「じいちゃんさま」(写真集)
奥田英朗イン・ザ・プール
カート・ヴォネガット・ジュニア「タイタンの妖女」
角田光代空中庭園
川島小鳥「未来ちゃん」(写真集)
ジョージ朝倉溺れるナイフ
杉浦日向子「東のエデン」
手塚治虫「アドルフに告ぐ」
中野正貴「TOKYO NOBODY」(写真集)
花沢健吾アイアムアヒーロー
フィリップ・K・ディック「アンドロイドは電気羊の夢を見るか ?」
藤子・F・不二雄「異色短編集 ミノタウロスの皿」
松本大洋青い春
三浦しをんまほろ駅前多田便利軒
宮沢賢治「童話集 銀河鉄道の夜 他十四篇」
村上春樹「海辺のカフカ」
旅行ガイドブック「地球の歩き方」

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
花束みたいな恋をした
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン