溺れるナイフ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
溺れるナイフ
溺れるナイフ
15%
32%
34%
12%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

映画化された「ピース オブ ケイク」でも知られる漫画家・ジョージ朝倉の同名少女コミックを実写映画化した青春ラブストーリー。東京で雑誌モデルをしていた少女・夏芽は、父親の故郷である田舎町・浮雲町に引っ越すことに。自分が求めていたものと大きくかけ離れた田舎での生活にがっかりする夏芽だったが、地元一帯を取り仕切る神主一族の跡取り息子コウと出会い、彼の持つ不思議な魅力に心を奪われる。そしてコウもまた、この町では異質な夏芽の美しさに次第に惹かれていく。「あの娘が海辺で踊ってる」「5つ数えれば君の夢」など少女の過剰な自意識を描いた作品で注目を集めてきた新鋭女性監督・山戸結希がメガホンをとり、「MOON CHILD」の井土紀州が共同脚本。キャストには夏芽役に小松菜奈、コウ役に菅田将暉と旬の若手俳優が揃った。

2016年製作/111分/G/日本
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)ジョージ朝倉/講談社 (C)2016「溺れるナイフ」製作委員会

映画レビュー

3.0出演陣は悪くないのだが……

2016年11月7日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

単純

小松菜奈、菅田将暉はどちらも好きな俳優。重岡大毅の演技は今回初めて見たが、良い意味でジャニーズらしくないルックや佇まいが好ましいと思った。

でも、これはこの作品に限った問題ではないけど、もう二十代半ばにもなろうかという菅田君が冒頭で中三を演じる時点で、「ああ……(嘆息)」となってしまった。せめてハイティーンの俳優を使うとか、十代の頃と大人になってからを別の俳優にするとか、ほかに選択肢はなかったのか。

映像的にも、いくつか印象的なショットもあるのに、編集のリズムが良くない。音楽も、統一感のない選曲で、四六時中鳴っている感じがしたし、PVみたいな演出のシークエンスも個人的には響かなかった。

全体的に、個々の豊かな資質や価値のあるリソースがうまく連動せず、ちぐはぐなままで、もったいない。山戸結希監督のオリジナル脚本で次回作を観たい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 12 件)
高森 郁哉

4.0俺ら東京さ行ぐだ

唐揚げさん
2020年9月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

難しい

幸せ

ずっと気になっていた作品。
原作は17巻にも及ぶ名作漫画らしい。
予告やポスターからはキラキラ青春系の量産型に見えますが、リアルカップルの菅田×小松コンビならきっとなんかあるだろうと思いながら…
前半は映像が美しいけれど、展開が早くいまいちついていけない。
山戸結希監督だからというのも、期待していた理由なんだけれど、なんか…
しかし、やはり後半で展開がガラッと変わりましたね。
レイプという青春には似つかわないような重く深刻な話。
でも、女性監督だからか女性からの叫び、苦しみがとてもリアルに表現されていたと思います。
後半になってからも、最後まで想像のつかないラスト。
最後の最後でタイトルの意味を理解しました。
コウちゃんが振り回す松明、そしてコウちゃんの表情。
可愛く振る舞っていたカナも恐ろしいほどの睨みを利かせ、夏芽も女優魂を魅せる。
結論から言うと、やはり正直分かりませんでした。
だけれど、ハッピーエンドであり、バッドエンドな物凄い勢いは伝わってきます。
何気ない会話から、それぞれの気持ちの繋がりが見えてくるのもエモくて素敵でした。
とにかく映像美と俳優陣の演技力は間違いなし。
コウちゃんのふさふさとした金髪、愛を象徴するかのような椿の赤、青春の透き通るような純粋な水。
近年の作品でここまで田舎の自然の美しさを表せている映画はない気がします。
急にアップになったりする撮り方はあまり好きではありませんが、とても工夫して撮っているんだろうなと感じることができました。
菅田将暉、小松菜奈、上白石萌音の演技力は勿論良かったんですが、MVPは重岡大毅。
ジャニーズだから舐めていました、ごめんなさい。
志磨遼平さんのクネクネヘニョヘニョとした演技、毎度トラウマだけど今回は大丈夫だった市川美和子さん、ミッキー・カーチスさんも流石の存在感。
レイプ犯役の方も迫真の演技で、どの人も役柄に似合っていました。
金髪菅田将暉は最強で最狂。
こういう菅田将暉が見たかったというビジョンそのまんまでした。
原作等でストーリーをもう一度脳内に取り込んで、また観たいなと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
唐揚げ

4.5うまくまとめた

みみみさん
2020年9月25日
スマートフォンから投稿

原作ファンですが、満足です。
映画化決まる前から、実写化するなら菅田将暉と小松菜奈と思っていたので、この2人で大満足!重岡くんはイメージと違ったけど…。内容は限られた時間なのでトントン進んで残念ですが、割とまとまってたと思います。

原作読んだことない人はぜひ読んで欲しい!
映画とは勿論エンドは違うし、小学生編から始まるので濃い内容のコミックです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みみみ

2.0ポイ捨て禁止

Kjさん
2020年9月20日
iPhoneアプリから投稿

原作未読。最後まできて菅田将暉演じる役の位置づけに理解が及ぶが、冒頭よりそういった神秘性は感じられず、ただ粗野で不躾な高慢な若者にしか見えず、他方、小松菜奈も外見的な美しさを除けば、何の魅力も感じさせることがなく、唐突な流れで、菅田将暉に引き寄せられ狂い始めるため、単にマゾ気質の持ち主にしか見えなかった。そういった序盤の掛け違いからか、終始、疑問の連続で、観た感想は、もっとまともな映画になりえたのでは?という疑問。
音楽の使い方が酷くて、演技の真っ最中にもかかわらず旋律が割り込んでくる。どっちかの音を切ってくれと思った回数多数。レイプシーンで助けが来る来ないの所で、シンバルばんばん鳴らすのは悪趣味である。
台詞回しは心情を明らかにしすぎるきらいがある。上白石萌音の陰のある表現がよく、大友役が役どころにはまっているのに好感。他方、かかってくる電話や授賞式の司会など、演出したのか疑問が残る表現が気になった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kj
すべての映画レビューを見る(全259件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「溺れるナイフ」以外にこんな作品をCheck-inしています。