青い春

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
青い春
36%
39%
19%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

阪本順治監督の「ビリケン」で脚本を担当、「ポルノスター」(98)で監督デビューした豊田利晃の新作は、漫画家、松本大洋の短編集「青い春」からの4編をもとに、漫画誌編集者時代から原作者と交流のあった監督が脚本も執筆、男子高校の2年生4人のタイトル通りの日々を描く。故・松田優作を父に持つ松田龍平、「バトル・ロワイアル」の高岡蒼佑、人気モデル、大柴裕介ら新鋭俳優が集合。挿入歌はミッシェル・ガン・エレファント。

2001年製作/83分/日本
配給:ゼアリズエンタープライズ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

2.0暴力シーンに疲れる

2021年5月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

松田龍平が好きで見ましたが、これは新井浩文の映画ですね。まだ無名に近い彼が圧倒的な存在感と豹変ぶりを演じています。
屋上に佇み一晩過ぎるシーンはどうやって撮影したのかなとビックリしました。
男子高校の重苦しくむさ苦しい感じと、暴力的シーンに疲れますが、これが10代の危うさや行き場のない混沌とした感情を表現しているのかなとも思います。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
wataridori76

5.0青春の亡霊

2021年5月3日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

もう何度も見ている。見過ぎてセリフを先回りして言えるほど。
この映画と初めて出会ったのは二十歳の時。それからもうまた20年ほど経とうとしている。
改めて見ると、本当に役者陣皆若く、まだ道行の決まっていない顔をしている。

青木の事をどう思うか。それが私にとって、年を重ねる度に踏み絵のようになっていく。
最初に観た時には、正直言うと友人を殺してしまった雪男、ヤクザになる木村、受験勉強を始め出す九條。それぞれが一応進路を決めていくことが私には緩やかな自殺に見えた。
その中で「今」の為だけに死んだ青木こそが一番生きていたのではないか、そう思った。
しかし、年を重ねると自分の将来に見切りをつけ、絶対に忘れられない形で九條の中で生き続けようとした青木はずるくも感じる。
青木は青春の亡霊になったのだ。青木の手によって屋上にまるで焼き付けるかのように書かれた影。九條に永遠につきまとう影。

…ずるくも感じる?本当にそうだろうか?
夕方から夜になりそして朝が来る。あの屋上にいた長い時間、そしてフェンスを握りしめた青木の手。
開き行くチューリップ。揺れる桜。群れる蛇口。かつてサッカーをした校庭。
自分の黒い手形をつけた顔を決意で引き締め行う独りぼっちの手叩きゲーム。
ああとしか生きられなかったし、ああとしか死ねなかった。彼はやっぱり、生きるために死んだのだ。

青木は囁く。今もなお。私は九條じゃないから、その声に耳を傾ける必要なんて無いことは分かってる。でも、囁きは続く。
「俺も連れて行ってくれよ、な」
私は青木を連れて行かなければならない。青木の落下を忘れられないなら、私は青木の落下に恥じないように生きなければならない。

ミッシェルガンエレファントの曲がたまらなく恰好いい。とりあえず、私に一番響いた青春映画である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
桜場七生

0.5なんで評価が高いのだろう

2020年10月27日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

寝られる

THE MICHELLE GUN ELEPHANTが好き。楽曲が使われているぞ、とのことで視聴したが、全くと言っていいほど、面白くなかった。評価が高いようだけど、どこが面白いのだろう。自分の感性には合わない映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
movie freaks

5.0初めて嗚咽して泣いた映画です

2020年9月13日
iPhoneアプリから投稿

男でも学生でもないわたしが、感情移入しすぎて、声が枯れるほどに泣きました。
なんでかは、分かりません。視覚的にこの映画を中にいる人物として体験してしまったかなと思います。新井浩文さん、松田龍平さん、全員、芸術です。
論理として全く理解できないのに、感覚としてわかりました。

この作品以降、豊田さんを追いかけていますが、芸術の世界に居ないと社会人としては無理な人なんだろうから、どうにかしてこの才能を持って日本の芸術界にいて欲しいです。今どこで何してるのか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Shihommatsu
すべての映画レビューを見る(全37件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「青い春」以外にこんな作品をCheck-inしています。