アイアムアヒーロー

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
アイアムアヒーロー
アイアムアヒーロー
17%
49%
25%
6%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

花沢健吾のベストセラーコミックを、大泉洋主演で実写映画化したパニックホラー。冴えない漫画家アシスタントの主人公・鈴木英雄が、謎のウィルスによって「ZQN(ゾキュン)」と呼ばれるゾンビと化した人々に襲われ、逃亡の道中で出会った女子高生の比呂美と、元看護師の藪とともに不器用に戦いながらも、必死でサバイバルしていく姿を描く。主人公・英雄を演じる大泉と、歯のない赤ん坊ZQNにかまれ、人間に危害を加えない半ZQN状態になるヒロイン・比呂美役の有村架純、大胆な行動力でZQNに立ち向かう藪役の長澤まさみが共演。「GANTZ」「図書館戦争」シリーズを手がける佐藤信介監督がメガホンをとった。

2016年製作/127分/R15+/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
花沢健吾
脚本
野木亜紀子
製作
市川南
共同製作
寺島ヨシキ
久保雅一
中村理一郎
田中晃
岩田天植
弓矢政法
高橋誠
千代勝美
吉川英作
都築伸一郎
板東浩二
宮本直人
エグゼクティブプロデューサー
山内章弘
プロデューサー
山崎倫明
城戸史朗
共同プロデューサー
岡本順哉
プロダクション統括
佐藤毅
ラインプロデューサー
竹山昌利
桜井勉
韓国ユニットラインプロデューサー
鈴木勇
撮影監督
河津太郎
録音
横野一氏工
美術
斎藤岩男
装飾
大坂和美
篠田公史
特撮
神谷誠
特殊メイク
藤原カクセイ
特殊造形統括
藤原カクセイ
衣装デザイン
宮本まさ江
編集
今井剛
音楽プロデューサー
志田博英
音楽
Nima Fakhrara
音楽コーディネーター
杉田寿宏
助監督
藤江儀全
キャメラオペレーター
田中悟
ガファー
中野創平
CGディレクター
土井淳
アクションコーディネーター
下村勇二
スクリプター
田口良子
製作担当
大谷直哉
全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • WILD CARD/ワイルドカード
  • PARKER/パーカー
  • ザ・スクワッド
  • タイム・トゥ・ラン
  • エヴァリー
  • ドッグ・イート・ドッグ
  • ザ・ドア 交差する世界
  • 隻眼の虎
  • マリオネット 私が殺された日
  • 死体が消えた夜
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)映画「アイアムアヒーロー」製作委員会 (C)花沢健吾/小学館

映画レビュー

4.5ゾンビ映画の中でもトップクラス

といぼさん
2020年11月21日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

「漫画原作の成功例」としてもよく名前が挙げられる今作。ちなみに原作は未読です。
ジャンルとしては所謂「ゾンビもの」です。歴史に残る名作から吐き気を催すほどの駄作まで、幅広い映画が作られるジャンルですね。前評判がめちゃくちゃ良かったので、かなり期待しての鑑賞になりました。

結論から言えば、「ゾンビ映画に求めるものが詰まった映画」でした。前評判の通り、最高です。
これまでの個人的ベストゾンビ映画「新感染」と肩を並べるくらいの良作です。ゾンビ映画として押さえるべきセオリーはキッチリ押さえつつ、オリジナリティのあるゾンビの造形や、「日本が舞台」という設定を最大限活用したストーリー展開が実に見事でした。原作を読んだことのある人曰く、「原作から多少の改変は見られた」らしいですけど、多分その改変が映画化にあたって良い方向に作用していると思います。

・・・・・・・・・・・
冴えない漫画家アシスタントである鈴木英雄(大泉洋)は、漫画家としても大成できず、何のとりえも無く、付き合っている彼女の徹子(片瀬那奈)とも冷え切った関係になっていた。ある日、原因不明のウィルスにより人間が「ZQN(ゾキュン)」と呼ばれるゾンビとなって復活するという事件が日本中で発生。「ウィルスは高い場所だと死滅する」というネット掲示板の書き込みを信じ、ゾンビから逃げる最中に偶然知り合った女子高生・早狩比呂美(有村架純)と共に富士山へ向かうのであった。
・・・・・・・・・・・

日本映画でここまでのゾンビ映画が作れるとは。本当に素晴らしい作品でした。

昨今のゾンビ映画は「低予算映画」の代名詞みたいになってしまってて、安っぽい作品が多いような印象です。私が過去に見た作品で言えば「がっこうぐらし!」がそれに当たると思います。こちらも漫画原作のゾンビ映画でしたね。ゾンビ役のメイクや登場する小道具がチープで、役者もアイドルを起用していたりして、かなり「安っぽい」印象を受けました。(あまり評価が高くない映画ですが、決して悪くないゾンビ映画ですので一見の価値はあります。)

しかし今作では、生理的拒絶感を抱くレベルのクオリティの高いゾンビメイクや迫力のカースタント、大型ショッピングモールを貸し切っての韓国ロケなど、かなり贅沢に資金を使って作られたゾンビ映画であることが見ていて分かります。

役者陣の演技も素晴らしかった。大泉洋の「冴えない男」っぽさ、マキタスポーツの「いけ好かないオッサン」っぽさ、片桐仁の「何だか天才」っぽさ、吉沢悠の「外面は真っ白・中身は真っ黒」っぽさ。キャスティングがまず素晴らしいし、各役者陣が「自分に求められる演技」をキッチリこなしているのが本当に素晴らしかったです。

脚本に関してのレビューは賛否分かれているみたいですが、私はかなり肯定的に見ています。
「映画後半で比呂美の活躍が全く無く、空気キャラになっている」とか「何故比呂美だけ他のZQNと違うのかの説明が無い」という批判もありますが、それは「原作では後に活躍するから」「原作では後に説明されるから」ということであって、原作を改変して強引に活躍の機会を設けたり、強引に説明をねじ込んだりするよりもよっぽど良かったんじゃないかと個人的には思います。比呂美が本気出しちゃったら「比呂美を守るために英雄が勇気を振り絞る」という展開の説得力が欠いてしまうので。

上記のような「漫画原作の弊害が出ているなぁ」と思う部分が多少はありましたが、「冴えない男」だったはずの英雄が崩壊した世界の中で勇気を振り絞り、真のヒーロー(英雄)になっていくストーリーは映画的なカタルシスをビンビンに感じる素晴らしいものでした。私も「冴えない男」の一人として感動しましたし、勇気を貰えました。ライムスターの宇多丸さんの言葉を借りれば「こういうの観たくて俺は映画観てるんだよ」という気持ちです。最高でした。

R15+指定の映画ということで、グロ描写ゴア描写は容赦なく出てきます。
そういう描写が苦手な人には流石にオススメはできませんが、ある程度グロ描写に耐性がある人であれば、是非ご覧になっていただきたいです。オススメです!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
といぼ

3.5アイアムアヒーロー

2020年11月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

戦闘能力高い系ゾンビ。ゾンビオリジナル要素強くて良かった。
アウトレットという舞台が良い。
緊迫した場面でのユーモア。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ABCD

2.0タイトルなし

globeさん
2020年10月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
globe

4.0誰だってヒーローになれる

2020年9月25日
iPhoneアプリから投稿

グロい映像が得意ではなく途中で観るのをやめそうになりましたが、最後まで観て良かったです。
ラストの方に主人公が勇気を振り絞ってゾキュンに立ち向かっていく姿には感動しました。
大泉洋の演技が素晴らしかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
なまさしみ
すべての映画レビューを見る(全499件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「アイアムアヒーロー」以外にこんな作品をCheck-inしています。