何者

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
何者

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「桐島、部活やめるってよ」の原作者として知られる朝井リョウが、平成生まれの作家として初めて直木賞を受賞した「何者」を映画化。就職活動を通して自分が「何者」であるかを模索する若者たちの姿を、佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之という豪華キャストの共演で描いた。監督・脚本は、「ボーイズ・オン・ザ・ラン」「愛の渦」といった映画でも高い評価を得ている演劇界の鬼才・三浦大輔。演劇サークルで脚本を書き、人を分析するのが得意な拓人。何も考えていないように見えて、着実に内定に近づいていく光太郎。光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せる実直な瑞月。「意識高い系」だが、なかなか結果が出ない理香。就活は決められたルールに乗るだけだと言いながら、焦りを隠せない隆良。22歳・大学生の5人は、それぞれの思いや悩みをSNSに吐き出しながら就職活動に励むが、人間関係は徐々に変化していく。

2016年製作/97分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
朝井リョウ
脚本
三浦大輔
企画
川村元気
製作
市川南
共同製作
畠中達郎
中村理一郎
弓矢政法
市村友一
高橋誠
吉川英作
坂本健
荒波修
エグゼクティブプロデューサー
山内章弘
プロデュース
川村元気
プロデューサー
石黒裕亮
ラインプロデューサー
田口生己
プロダクション統括
佐藤毅
撮影
相馬大輔
照明
佐藤浩太
録音
加藤大和
美術
小島伸介
スタイリスト
伊賀大介
ヘアメイク
梅原さとこ
装飾
石上淳一
スクリプター
田口良子
編集
穗垣順之助
音楽
中田ヤスタカ
主題歌
中田ヤスタカ
VFXスーパーバイザー
小坂一順
音響効果
小島彩
キャスティング
おおずさわこ
助監督
茂木克仁
製作担当
萩原満
全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22

(C)2016 映画「何者」製作委員会

映画レビュー

4.5"新旧"若手実力派俳優たちが類型を凌駕!

MPさん
2016年10月8日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

楽しい

興奮

生活のために就活せざるを得ない就活生、人生の理想を実現したい就活生、自分のスキルをどう活用すべきかが実は分かってない就活生、就活になど意味はないと言いつつ説明会会場へと急ぐ就活生、そして、そんな彼らを冷徹な目で分析しているだけの就活生である主人公、拓人も含めて、自分が"何者"かを探しあぐねている若者たちを通して、改めて、我が道を往くことの過酷さが浮かび上がる。各キャラクターを演じる"新旧"若手実力派俳優たちから、類型を凌駕する力演を引き出せたのは、監督の三浦大輔自身が劇作家として険しい道を歩んできた人であり、没個性へとひた走る日本社会に強い危惧感と怒りを感じているからではないだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
MP

4.0人の持つ二面性

yukaさん
2019年10月3日
iPhoneアプリから投稿

どんなに平凡に見える人でも、ブラックな部分があったり、見せたくない部分がある。
私には見抜けなかったので、
それを改めて思い出させられた。

そういうことを理解した上で上手く行きている人間だけが、やっぱり就活とかもうまく行くのかなあ。

来年の就活のことや、今就活をしている先輩、就活を終えて企業に誇りを持っている先輩、とか色々重ねながら観た。

人をどこかで嘲笑って、自分が1番可愛い主人公。すごくみじめだと思ったけれど、
最後の自分を1分間で表現するシーンの彼のやりきれない様子が、
なぜか共感できる部分があって、
誰にでも、悪いと自覚をしていてもどうしようもない部分ってあるのかもしれない、と思わされた。

こんなのが就活ならやりたくない!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yuka

3.5痛いとこを突いてくる

marさん
2019年10月3日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

もうね、「お前は何者だ」と。
アラフォーのおっさんだけど作品のメッセージ性に心を抉られてしまった。
観る人すべてが主要な登場人物の誰かに感情移入ってか自分を投影できるようになってて
誰もが持ってるような自意識とか承認欲求とか、そういう心の弱い部分を遠慮なく、
もうこれでもかってくらい赤裸々に晒される。
特に拓人がリカに罵られる場面なんか、もうこの人俺に向かって言ってんじゃないの?って。

でもね、でもですよ。
ほんとしょうもない拓人だって救われるんだから誰もが救われる権利があるっていうか、
どんなにダメな自分でも身近で支えてくれる人がいるってだけでOKでしょというか。
まぁともかく「救い」みたいなものも最後に提示することで、
ただ強烈なインパクトのある作品ってだけじゃない魅力が生まれたのかなと思う。

就活生をテーマにしてるけど、いい年した大人にこそ、
もっと違う未来もあったんじゃないの?なんて考えちゃう大人こそ観るべきかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mar

3.5刺さる〜〜

keita Nさん
2019年10月2日
iPhoneアプリから投稿

刺さる〜〜

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
keita N
すべての映画レビューを見る(全390件)