小栗旬×星野源「罪の声」主題歌は、Uru「振り子」に決定 予告完成&10月30日公開

2020年8月19日 12:00

小栗旬と星野源の熱演が光る予告編&ポスタービジュアル披露
小栗旬と星野源の熱演が光る予告編&ポスタービジュアル披露

[映画.com ニュース] 小栗旬星野源の初共演映画「罪の声」の主題歌が、シンガーソングライター・Uruが書き下ろした「振り子」に決定した。公開日は、10月30日。あわせて、「振り子」が彩る予告編(https://youtu.be/LtgddsC92LM)とポスタービジュアルもお披露目された。

2016年の「週刊文春」ミステリーベスト10で国内部門の第1位を獲得し、第7回山田風太郎賞を受賞した塩田武士氏の同名小説が原作。フィクションでありながら、昭和最大の未解決事件をモチーフにしている。塩田氏の綿密な取材と着想が織り混ぜられ、真相と犯人像に迫るリアリティ溢れたストーリーが話題を呼び、累計発行部数は62万部を突破した。映画版は、土井裕泰監督がメガホンをとり、ドラマ「MIU404」が放送中の野木亜紀子が脚本を執筆している。

新聞記者の阿久津英士(小栗)は、既に時効となっている未解決事件を扱う特別企画班に選ばれた。阿久津が追うのは、30年以上前に食品会社を標的とした一連の企業脅迫事件。誘拐や身代金要求、毒物混入など数々の犯罪を繰り返し、警察やマスコミを挑発して世間の注目を引き続けた挙句、犯人グループがこつ然と姿を消し時効を迎えていた。一方、京都でテーラーを営む曽根俊也(星野)はある日、父の遺品の中から古いカセットテープを見つける。再生すると、聞こえてきたのは幼少期の自分の声。それは、犯人グループが身代金の受け渡しに使用したテープと全く同じ声だった。

主題歌「振り子」を手掛けたUru
主題歌「振り子」を手掛けたUru

予告編は、日本中を震撼させた劇場型犯罪に使用された子どもの声でスタート。やがて、自分の声が脅迫テープに使われていたと気付き戸惑う曽根と、事件を調べる阿久津が、運命に導かれるように出会う。「真実を明らかにすることに意義があります」と語りかける阿久津に、「どんな意義ですか? 面白おかしく記事にして、子どもの未来はどうなるんです!」と思いを爆発させる曽根。「罪の意識を抱くべきはあなたじゃない。本当の罪人を引きずり出します」という阿久津の言葉通り、事件の深淵に潜む真実に迫ろうとするふたりの決意が映し出され、小栗と星野の熱演が光る映像となった。

本作を何度も鑑賞し、主題歌「振り子」を創出したのは、ドラマ「中学聖日記」の「プロローグ」や、「テセウスの船」の「あなたがいることで」を手掛けたUru。「生きていると本当に様々な事がありますが、もし今、悲しみや苦しみの中にいて希望を見出せずにいたり、素直に涙を流す事が出来ずにいる方がいるのならば、この曲が『今悪い方へ振っているその振り子は、次は必ず光の方角へ振る』という希望になってくれることを願います」と胸中を吐露した。

罪の声」には、ほか市川実日子梶芽衣子阿部純子宇崎竜童松重豊古舘寛治篠原ゆき子原菜乃華火野正平正司照枝らも出演。10月30日から全国で公開される。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • クリーピー 偽りの隣人
  • 招かれざる隣人
  • ロスト・フロア
  • ライアー・ハウス
  • アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち
  • 恐怖ノ白魔人
  • 恐怖ノ黒鉄扉
  • ABC・オブ・デス
  • ABC・オブ・デス2
  • メキシコ・オブ・デス
OSOREZONE

Powered by 映画.com