「GTO」原点描く「湘南純愛組!」に柳ゆり菜、吉田志織、森田望智ら参戦&予告完成

2020年2月12日 14:00

「POISON 言いたい事も言えないこんな世の中は」が流れる予告編
「POISON 言いたい事も言えないこんな世の中は」が流れる予告編

[映画.com ニュース] 「GTO」の主人公・鬼塚英吉の原点をめぐる物語を、寛一郎金子大地の共演でドラマ化する「湘南純愛組!」に、柳ゆり菜吉田志織山谷花純森田望智、ゆうたろう、吉村界人ら若手俳優陣が参戦していることがわかった。南野陽子、「新日本プロレス」の真壁刀義井田國彦山崎裕太大東駿介岡田義徳吉田栄作がゲストキャストとして出演。あわせて、予告編(https://www.youtube.com/watch?v=zi-AIE8uwVA&feature=youtu.be)もお披露目された。

鬼塚英吉と相棒・弾間龍二の湘南最強コンビの高校時代を描いた、藤沢とおる氏による同名青春ヤンキー漫画が原作。不良の巣窟・極東高校で暴れていた“鬼爆コンビ”は、学校から退学通告を受ける。しかし、退学の実態は、ふたりがヤンキー生活から足を洗い“パンピー”(一般人)になるために偽装工作した自主退学だった。童貞を捨てることを目標に、「辻堂高校」に転入するが、普通の学生のふりも長くは続かず、全国のヤンキーたちが押し寄せてきてしまう。

Netflixドラマ「全裸監督」や「獣道」を手掛けた内田英治監督が総監督を務め、1990年代当時のバイクや衣装などを完全再現した本作。寛一郎が鬼塚、金子が弾間を演じるほか、「ここは退屈迎えに来て」の柳、「チワワちゃん」の吉田、「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」の山谷、「全裸監督」の森田、「殺さない彼と死なない彼女」のゆうたろう、「わたしは光をにぎっている」の吉村が共演。そのほか奥野瑛太伊島空高木勝也三村和敬前原瑞樹小野花梨、高尾悠希、水石亜飛夢東啓介らフレッシュなキャスト陣が顔をそろえた。

全編を彩るのは、90年代にカリスマ的な人気を誇ったロックバンド「T-BOLAN」の楽曲。名曲「離したくはない」が使用されているほか、オープニング曲「俺たちのストーリー」を書き下ろしている。さらに「GTO」で鬼塚を演じた反町隆史が歌う、同作のオープニング曲「POISON 言いたい事も言えないこんな世の中は」も挿入歌に決定した。

予告編の冒頭では、海辺のビキニ姿の女の子たちを眺めながら「世の中は無常だよなあ」(鬼塚)、「お前、よくそんな言葉知ってるな」(弾間)と呟くふたりの背後で、ケンカが繰り広げられているコミカルな場面でスタート。鬼爆コンビの恋と友情が、迫力たっぷりの乱闘シーンとともに描き出される。そして、鬼塚が「俺、本気で先公になろうと思っててよ……」と呟く、「GTO」につながっていくようなひと幕もあり、終盤で流れる「POISON」が胸を熱くさせる仕上がりとなっている。

「湘南純愛組!」は2月28日から、Amazon Prime Videoで全8話が一挙に世界同時配信される。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース